のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春の恵み

d0036951_22251555.jpg

今年もまた朝掘り筍をいただきました。
例年より遅く不作らしいけど、小ぶりながらこんなにあると、いい香り。
顔がゆるむ…嬉しい!
春の恵みをいただきます。
さてまずは、下茹でしないとな。
[PR]
# by imusam928 | 2011-04-27 22:25

なまでこども店長!

d0036951_2094983.jpg

ヤバイ、弱ってるときにこれは。
これからこども店長に泣かされてしまいそう…!

追記:
見終わって、この演出のバージョンは今回が最後。と、聞いたらもう何度か見ておきたくなってしまった。
数年ぶりで、一応ストーリー展開はわかっているけれど、あらためてこんなやり取りだったのかとか、このシーンは絵画のようだわとか、この曲いい!とか、この人は歌うまい!とか、新たな発見感動があるわけで。
何より生演奏+生の歌声というチカラが、このところの蓄積してる疲労感とか虚無感でいっぱいの自分に直撃してしまって、ものすごい集中して観ていました。激しい迫力のあるシーンや誰かが歌い上げるソロシーンでは鳥肌がたち、刺激を受けて涙がでて、そのギャップで静かな優しいシーンや歌声にいちいち琴線が反応しては涙、の夜だった私(笑)
こども店長は登場したらなんとなく会場がワッと動いたというか、私でも「あれ?」とわかる存在感。
歌いだすまでこっちが緊張したけれど、さすが店長、そつなくこなしますネ。いえ、初舞台とは思えない堂々たるもんです。ガブローシュとテレビでみる彼のキャラクターはかぶっているというか違和感は無くて、ラストはちょっと大河ドラマを髣髴とさせるお涙シーンです。10歳だし、このキャラで動くのも今だけだなあと思うと、この日のサプライズ?ラッキーキャストでした。
※チケットに同封されていたチラシにはなかったのに、劇場に置かれていたチラシにはちゃんとガブローシュのキャスト欄が追加されていたのは、店長の力?!

初めての配役も多かったのだけれど、全体的には好きなタイプのキャストでよかった。この日はジャベールとエポニーヌがとくによかった。エポニーヌの平田愛咲は初役らしいけれど、お芝居もいいし歌がいい。もう一度見ておきたいと思った。石川ジャベールはこの日の流れの軸として見てしまっていて、橋から投身するシーンで初めて涙がでた・・・いいシーンだった・・・。
山口バルジャンは、1幕の最初の頃は元気がなかったのでちょっと心配でしたが、年老いていくほどに良くなって、弱っていくほどに涙をもっていかれた。知念ファンティーヌとエポニーヌとのラストが良かった。そういえば知念ちゃんもエポニーヌだったのがファンティーヌか~と、しみじみしました。”チャン”ではもう失礼だね、そういえば最初はコゼットだったか!?そうです、時は流れてます。

帰り道はキャスト表を凝視して組み合わせをチェック。別所バルジャンと誰ジャベにしよう、新妻ファン&笹本エポも見てみたいなあ。もうこの演出は見納めと思うと、ついこの人もと欲が出ます。そしてこのお芝居の光と影というのか赤と黒というのか、色々なものが詰まった物語に現在の多くのことを重ねてしまうかもしれないけど、最後には立ち上がって進む力をもらえる気がするから、今みたくなったのかもしれない。
[PR]
# by imusam928 | 2011-04-19 20:09 | 観劇

満開ですが。

d0036951_821695.jpg

今年はちゃんと咲いたけど、高低差が大きくてアンバランス…なぜ?
[PR]
# by imusam928 | 2011-04-18 08:02

急に育ってきた!

d0036951_8354655.jpg

d0036951_8354683.jpg

スナップエンドウ♪
[PR]
# by imusam928 | 2011-04-06 08:35

わたしたちにできること

d0036951_23352919.gif今回の東北関東大地震は被災地域が広すぎて、10日たった現在も行方不明者の数だけでも1万人を超える。ニュースで阪神のときは10日後は10人程度だったと比較していてその規模を実感した。地図で見ても本当に東日本とくくる一言が重たすぎる。

そうはいっても、自分でも何かできることをやろう。
節電に関しては、先週の計画停電の大混乱から、冷静に自分でもやれることを小さくてもやる。
コンセントは使わないときは抜くとかいうのも節電につながる。部屋中みてまわり2箇所オフ。
このイラストは節電ポスターとしてJ-WAVEが無料配布しているもののひとつ。かわいいので、職場にも勝手に貼りたいけど・・・。http://www.j-wave.co.jp/saigai/poster.html

そして、救援物資も何か送ろうと考えた。
各自治体やラジオやネットで民間の救援物資受付の内容を確認しつつ、自分のまわりにあるもので少しでも役に立てるなら、と思って休み中に家の中であるものを用意した。しかし、先週のうちに見ていた必要な物資が、1週間を過ぎて徐々に変化してきていることが昨日再チェックしたところでわかった。
状況は日々変化しており、要求と供給の対応が難しいので、救援物資を送る側も要注意しなくてはと思った。
たとえば当初は毛布や防寒着などだったのが、今は受け付けが停止になったり、分類が追いつかずに受付をいったん止めていますというところもある。
その代わりに現地の声をきいて物資内容も更新される。生活衛生用品が急募とのことで、さらにうちにもあるもの!と、物色する。いくつかのサイトを見て、私が送れそうな物を準備した。
・新品の下着、靴下
・新品のタオル
・歯ブラシ、歯磨き粉
18日から東京都がようやく個人の受付を始めたけれど、今現在は私が提供できるものは少ない。食品は例の買占めもしなかった我が家は、今もうちにあるものを食べるようにしています。
なのでこの休み中に用意した上記のものは、民間団体へ送る予定。

各被災地へ救援物資をとどけたくても、交通網が閉ざされるなど届けられない地域も多いという。避難場所によって”格差”もでてしまっている状況に、不足が続く地域は不安と苛立ちが積もるだろうけれど、待っていてほしい。そして配送に関わる人達はガソリン不足やさらには車両不足も出始めているときくけれど、深夜の運転には気をつけて、無事に届けてほしい。
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-21 22:49

タイムリーな安全点検

d0036951_1053981.jpg

4年に一度の電気設備安全点検の日だった。
漏電防止や安全装置の稼働確認してもらうだけだけど、このタイミングでOKをもらうと安心!
冊子に記載された節電ポイントもまさにタイムリーなのでしっかりチェックします。
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-19 10:05

帰宅令がでましたが…

月明かりを感じながら遅い時間に帰るのも久しぶり。カレンダーみたら明日は満月だった。
遅いといっても12時にはまだ一時間以上ある。以前なら、まだまだ帰路に着かなくてもなんとも思わなかった。金曜日の夜だけど駅から家まで歩いていても街の灯りが少ない。そういえば、学生の頃までは夜10時過ぎに帰宅すると、父に怒られる~と小走りな家の周りはこんな感じだったよなぁ。
夜は暗い危ない、という認識が無くなるのは危険だよ。今もコンビニとファミレスとレンタルビデオ店は明かりを減らして営業中で、ものすごい違和感だった。24時間営業できると言う法律が、無駄なエネルギー消費を増やし、人間の生活を狂わせている気がしてならない。天の声なんてことは言わないけれど、今回のことをきっかけに各企業も見直してほしいものだ。

今週は停電騒ぎで会社のなかでも色々情報に振り回された。ニュースを逐一確認していられないから、総務やあちこちの意見が交錯してとんでくる。○○線が何時からとまるとか、中央区は対象外だけど停電するとか、「~らしいよ」ということが。社内でこうなんだから、今の日本は何を信じるかは自分次第!?というのもうなずけてしまう。
そのうち館内放送が計画停電がどうのこうので、帰ったほうがいいだか帰りなさいなのか曖昧な表現で通達される。
今日も16時にはその帰宅令が出た。途中の仕事も投げ出して帰る人がほとんど。昨日はそれで30分の通勤時間が2時間だった人の話をきいて、残業した私はラッシュだったけど遅れも無く帰れたので驚いたものだ。
本日も暗いオフィスでちょっと残業して、久々に仲間とゴハンで街へ向かった。
余震もあったが電車も動いていたし、車内も街も店も空いていたけど、予想よりは人がいると感じた。

迷って集合できずに歩いていたときも、飲食店は開店してるけど開店休業または数名が貸しきり状態。
会社員も大変だけど、停電は飲食店にも大変な打撃だね。送別会シーズンなんだけどね・・・。

災害対応で殺伐としたやり取りに奔走した1週間だったナ。
でも、久しぶりに会う仲間は元気で、私よりもずっとたくさんの情報をかき集め、良識のあるまっすぐな意見を各自が持って、そして自分がやれることやることをしっかり実施できている。正しい人たちと話すと歪んで折れかかった自分を正してくれる。テレビやネットの情報に振り回されて騒ぐ人も多い中、冷静になることは本当に大事だと思った。

そして、不安や心配も、怒りや憤りも、集まって話すと、そうそうそうなんだよね、とそう感じているのは自分だけじゃないと思ううことで、ココロの暗い影が消えていく気がする。もちろん、普段の愉快なおしゃべりは尽きないから、笑いあうってことが大きなパワーを作ってる。
そして「コレ美味しい!」といいあってご飯を食べることは、身体とココロに栄養を満たすんだよね。食べて身体を動かしてエネルギー燃焼をして人は生きているのだ。今日は自家製のお米もいただいたので、ありがたくちゃんと自炊します、エネルギーにします。
早く避難生活をしている人たちが、そういう当たり前のことができるように、早くなりますように。

d0036951_0464017.jpg
パクチー山盛にしてもらった。
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-18 23:23

でも春はやってくる

d0036951_8423358.jpg

d0036951_8423385.jpg

ベランダでムスカリが咲き始めた。小さくても春を感じる大好きな花。
部屋のなかではヒヤシンスは満開でいい匂い。何故か黄色いハイビスカスまでつぼみが!?夏先取り!
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-18 08:42

地震から1週間。

もう1週間も過ぎてしまうので、思ったことを忘れないように書き出しておく。

当日は地震のことでいっぱいで、津波のニュースも知らないで徒歩で帰宅。夜中にテレビ見て愕然とした。
翌朝目覚めて新たな事実が信じられないことばかりだった。
土日はとりあえず自分の部屋は大丈夫だったので、断水してひとりでいた実家の母のところへ行ったが、次々と流される映像に驚き嘆きながら、昼夜関係ない余震のたびに震え上がっていた。母の心配ででかけたつもりが、自分も1人で週末を過ごすことにならずによかったと思った。誰かと話をしているというだけで安心することがよくわかった。
被災地に回線を優先にということで、電話やメールも控えた。
東北の友人知人は日曜になってようやく確認がとれた。

悪夢の月曜日。いつもの倍以上の時間をかけての通勤。ここ10年で一番の圧迫電車だった。
キュウキュウの車内で、駅に停車しているときに数人の携帯が、地震災害予報のブザー音を響かせた。だけど誰も車内から出ようとしないことに、何かがおかしいかもと思った。少し寒気がした。危険を感じなくなっているのか、そこまで仕事に行くという執念なのか。
職場は3-4割の出社率。来なくてもよかったと悔やんだ。

倉庫の棚は将棋倒し、商品は検品しないと出荷できない。あわせて取引先の状況確認、だけど運送各社がまずまともに営業できていない。土日に出社して倉庫で復旧作業をしていたことを知らされて、ならば今週はやれることはやらねばならない状況とハラをくくる。
いろんな部署が自分の思いをぶちまけながら、日を追うごとに対策本部(仮)は殺気立っている。
しかし、3月も中旬を過ぎて、通常でも年度末の締めシーズンで、普段よりやることが山積み。なのに、あと2時間でこの資料作ってとか、このデータ処理してとか、できたのかできないのか・・・
と、振り回されて時間が過ぎる。
余震に震え上がりながら、今は原発のほうが怖くてたまらない。この夜の今も現場で必死で対応されている関係者の無事と、原発が安全な状態になることを祈るしかない、本当に。
応援派遣に志願した定年を控えたお父さん、勇気と使命感に敬意を表します。こういう人が、今の日本を支えてきてくれていたんだよ。
それに比べ・・・政府と東電と原子力安保院がバラバラ、擦り合いせずまとまった言動をしてほしい。
いやそれ以前に、なんて説明がへたくそなんだ!

週末だけでも繰り返し大津波が街のすべてを飲み込む映像が次々流れた。気持ちが塞いできた。
実際に生々しい液状化現象も目の当たりにして、余計に今回の大震災がリアルになった。視覚からの情報が少し怖いと感じるようになった。
だから、週明けからほとんどラジオ。もともとラジオっ子なのだが、強烈な映像にまどわされず現状について冷静に考えられるような気がしている。そして同じ思いをスタジオ・電波を通じて人と人が共有できるのがラジオのいいところ。Twitterも文字でなく読み上げられると気持ちがこもるね。
メロディと歌詞と声と・・・音楽の力をあらためて実感、痛んだココロが癒される。

そうそう、松山千春が今回の地震後にラジオで言ったことも紹介されて、いいメッセージと思い、メモった。
「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力をだそう。金がある奴は金を出そう。『自分は何にも出せない』っていう奴は元気出せよ。」
そうだよ、元気をだそう、まずは私たちは。それから動こう。

テレビは過剰なマスコミの取材姿勢が気に障るのだ。同じニュース映像を何度も流すのがいや。現状を知ることは大切だけれど、競うように現地の取材を強行している気がしてならない。取り残された人をヘリで救出している周りを取材ヘリがグルグルとび、邪魔をしないでと言いたくなった。取材といっても当たり前のことを聞くだけ。テレビ局で分担して、チャンネル減らすと節電、とかにならないのだろうか??

計画停電は未曾有の震災への対応、初めてのことだから仕方ないと思う。
ただ、「計画」と言いながら事前の説明不十分なのと発表が遅すぎることで大きな混乱が未だ続く。
私にできることは、小さいけどもできる限りの節電と、無駄な節操の無い買占めをしないで、普段の自分の生活を見直すことでできるいろんな節約がある。
今まで電気はどこでつくられているとか、どれくらい1日に消費されているなんて気にしたこともなかった。それがいまや原発問題、知らなくて恥じた。
水は買って飲むようになったけれど、食器を洗った水や、お風呂や洗濯の汚水はどこでどう浄化されるとか、全然わからない。情けない。

でも、今回のことをよいきっかけだと思って、電源をを切る、と言う簡単なこと以外にも、たぶんまだまだ多くの”資源”を無駄遣いしていることに反省し改善するしかない。全然進まない、身の回りの「断捨離」を実行していかなくては!

昨夜に続き今夜も冷える。明朝は氷点下になるという。
関東でもこんなに寒いと、被災地で避難生活をしている人たちが凍えていると思うと、本当に辛い。早く救援物資が行き渡りますように。まだ希望を捨てずに一人でも多くの人を助けてほしい、助かってほしい。
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-17 23:12

節電キャンドルナイト

d0036951_21373221.jpg

通勤パニックな朝でしたが、出社できた社員が節電で夕方は暗がりで業務。小さくても出来ることはやる。
それでもまだ電気が通じない真っ暗で寒い夜を毛布もなくて過ごしている、水も飲めないでいる、そんな人のことを想うと自分の日常で反省する事ばかり。
(45万人の方が避難)

しかし関東もまだ余震も多く、まずは11日の帰宅難民体験をもとに防災&被災用品を整理。
会社の防災袋には古くなったスニーカーと靴下とメガネを追加。
自宅は、ろうそくとマッチを探してすぐに使える場所に用意した。
ふと、ろうそくの灯り確認してみる。停電で灯りひとつだけの暗闇。昨年、お月見キャンドルナイトしそこねた、今はこの灯りがちょっと苦しい。
[PR]
# by imusam928 | 2011-03-14 21:37