のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秋桜

d0036951_1233950.jpg

[PR]
by imusam928 | 2010-09-28 00:03

秋晴れ紅葉間近

d0036951_11545031.jpg

爽やかな風のなか、このコースはきついけどおもしろい。
[PR]
by imusam928 | 2010-09-26 11:54
d0036951_1633116.jpg

ちょうど十五夜です。
テレビも音楽も消してみよう。

補足:
見事な月は見られたものの、現在の日常を過ごすのはキャンドルだけの夜は難しかった。
だって、料理も怖いし、食事も暗いし、新聞も本も読めない・・・。
でも後日、週末にのんびりと夜にキャンドルをともし、ゆったりした音楽をかけて、食後のお茶を入れて過ごした時間はとても心が落ち着いた。
いかに普段の生活で光を多く浴びているのかと思った。特にパソコンを使うようになって、1日中モニターの明るさに直面しているので、無意識に眼も脳も刺激に疲れているのを実感。だから携帯も見たくないのだろう。
秋の夜長、眼に悪くない程度の灯のもとで読書でもしよう。
[PR]
by imusam928 | 2010-09-22 23:59

現在461m

d0036951_14125764.jpg

すごい人!

追記:
できちゃったらいつでも見られるけど、製作過程は今しか見られないんだよ。
という話でなるほどね、というので快晴の連休に行ってみた。
実はいちど夜にみたんだけど、暗くてよくわからなかったのでリベンジでもある。

d0036951_22572197.jpgJR錦糸町駅北口からまっすぐ歩くこと15分。
お祭りの日だったみたいで、その間にあちこちで神輿を担ぐ様子が見られた。
浅草通りまででると、押上駅方面から人がどんどんやってくる。
見えたーと喜ぶけど、回りの工事中のビルにはさまれて、アングルとしてはいまひとつ。

d0036951_22583276.jpg真下に来て見上げるの図。
もう、ここまで来てしまうと全体像は無理。
見上げるのも真上になって、首が痛い・・・。

この周辺の人たちはみんな変な格好。
普通のデジカメでは、先端まで全部入れようとすると、かなり低くしゃがんでカメラを構えるのできつい体勢なんだけど、そういう人多数(笑)。

人物も入れようとすると、ここまで近くに来るとちょっと厳しいので、もう少しはなれたところがいいと思います。
展望台ができて、真下からは先端が見えませんし・・・。


d0036951_22593493.jpg土台の部分。

東京タワーとかエッフェル塔のような四足で踏ん張る様子からすると、634mの高層を支えるのに華奢に見える。
遠くから見ていても、細い塔がにょきにょき育っているけど、ちゃんと中央にエレベーターが通る。

d0036951_230282.jpg午後にみるなら浅草方面から見たほうが、逆光にならずにキレイ。

敷地も広いので回りも工事中。
d0036951_2303692.jpg展望台部分のアップ。

地元のおじさんによると、平日に来るとクレーンが動いているのが面白いとのこと。
あの展望台の上にある大きなクレーンで、地上からどんどん持ち上げるらしいです。
スカイツリーは461m(この日)だけど、あのクレーンを運転している人はさらに高いから470mくらいのところに一日中いるんだよ!!と笑って教えてくれました。
ただし、観光バスも来るから平日でも同じくらい混んでいるとか。

d0036951_2311090.jpgあるおじさんは、お手製とおぼしきスカイツリーの模型をもとに、ボランティアガイド!?
とても詳しいことまでよく知っていて、自慢の模型もみんなが写真を撮ってて嬉しそうでした。
先端とかにLED仕込んでるから夜には光るのだろう。凝ってます。

d0036951_2323664.jpgスカイツリー製作中詣でも想像以上に盛り上がって、浅草までウォーキングで15分ほど。吾妻橋をわたるとまたひとだかりでカメラを構えてる。
浅草といえば!の金色のオブジェを撮ってると思ったら、その隣にスカイツリー!
完成したらビールジョッキビルよりも大きくなっちゃうんだね~と、私も1枚。
おのぼり半日観光はお天気にも助けられて大満足。
ランドマーク好きは過程見学お勧め?!
[PR]
by imusam928 | 2010-09-19 14:12 | 風月:つれづれ
ここ数年、夏になると寒天が食べたくなって、せっせと作って毎日食べる。
そんな話をしていたら、mさんから天草(テングサ)をいただいた。西伊豆で収穫した、天然もの。
寒天好きといったって、普通は乾燥した棒寒天だし、最近は便利な粉もある。話では天草から作るというのは知っているけど、いざやってみようと思うとわからないことが多い。何回も口頭で作り方を熱弁されたものの、インターネットで調べないと、このモサモサをどうすればいいのやら・・・。
d0036951_2233122.jpgそしてうちには計りがないので、こんなもんか?の未経験者の想像(勘)で実験開始。

天草自体は海にいるときは海草色(赤紫っぽい)のに、何度も天日干しするとだんだん肌色になるらしい。
細かいごみを丁寧に取り除き、何度も洗って干してと、想像するだけで手間がかかると思う。

いただいたコレ全部だと50gもないかな。
半分より少ないくらいをちぎって、ざっと水洗い。
カリカリに乾燥していたのが、手触りが海草になった。

d0036951_2251236.jpg1リットル弱の水で火にかけた。

この時点ではまだ、これらがぐつぐつとした熱で
どんどん溶けるのだと思っていた。


d0036951_2252920.jpg沸騰して20~30分くらい。

海草はそのまましっかりと繊維で残っている。
mさんには言われて無いけれど、ネットの作り方がどれも
「お酢を入れる。絶対に。」
というので、おそるおそる、小さじ1/2。

匂いも海草だし、酢をいれたりしたら
もう心太(トコロテン)以外ダメなんでは・・・と不安。

d0036951_22554793.jpgそして、mさんに
「ちゃんと布でこさないとダメ!」
といわれてたのに、茶漉で漉した。
けっこうきれいだからいいか?

そのものの味を確かめたくて、そのまま固めることにする。

匂いは海~大丈夫?
まあ失敗しても後半分あるかと、実験クン気分。

d0036951_22531397.jpg漉したあとの天草をつまむと、オオ、確かに寒天っぽい!
mさんに「1回で捨てちゃモッタイナイカラッ!」
と言われていたことがやっと理解できた。

再び鍋に水を入れて煮ること30分。
1回目よりもずっとずっとトロトロな天草。
だけど消えるわけではない。
さすがに茶漉しじゃだめで布をつかって漉した。
1回目ほど匂いも無い。
色も無くて、それならと思って黒糖投入。

d0036951_22563081.jpg二つ比べると、こんな感じ。

薄浅いバッドがないので、深い容器です。

二つあると、かなり食べ甲斐があるか(笑)
でもこの夏すでに相当寒天を食べています。

熱を冷まして、冷蔵庫で冷やすこと数時間。

d0036951_2257547.jpg試食。
1回目(右)のは、無味。だけど・・・
旨い!!
老舗の甘味やさんの寒天の味、香り、コレコレ!
味も何も無くても、暑いときの海草臭はほとんどなくて、
いい感じじゃない。
少し柔らかいので、次はもっと水を少なくして、煮出す時間を長くして固めに作ればプロの味だよ。
と自己満足。

2回目(左)の黒糖味は、味はいいけど見た目通りゆるい。
そういえば、mさんに2回目は半分の水の量といわれたのを思い出す。
でもまあ、フルフルとスプーンですくって、ほのかな黒糖の味。コレはこれで旨いじゃあない!
好物を素材から作る過程を実体験。脅されたように煮ている時間は暑くて苦しかったけれど、想像以上に美味しくできて感激。mさん、ありがとうございました。
[PR]
by imusam928 | 2010-09-12 23:07 | 食道楽
d0036951_20471986.jpgこのお店のオリジナルなんだろうけど、三枚ばら肉のほかに、ニンジン玉葱キノコにかぼちゃに・・・とどっさり焼き野菜。まるでBBQというか家庭内焼肉!
ちゃんと包むレタスがついていたけれど1人ほんの1枚程度。
一応お店のスタッフは向こうの人だったみたいだけど、これもサムギョプサルなんですね~。
目的地にいけなかったがっかり感はしっかりガッツリ食べて払拭できたので○とする。
[PR]
by imusam928 | 2010-09-10 20:47

毎朝咲いています。

d0036951_7432727.jpg
お盆明けに、見切り品で売られていたハイビスカス。
もちろん花なんて無くてぐったりしてた。

もう季節も終わりだけどまだ暑いから気分的に殺風景なベランダで咲いてくれたらな~

と引き取って鉢を植え替えて栄養を与えてみた。
そうしたら、今月に入って元気取り戻して毎朝のように咲きつづけている。
あぢーと目覚めた朝に”色”があるっていいですね。
わたしって実はグリーンハンドもってる?
[PR]
by imusam928 | 2010-09-07 07:43