のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

歳の瀬のお別れ

我が家は転勤一家だったので、小さい頃は数年ごとに引っ越していた。団地住まいも多く、動物好きだったけど犬猫は飼えずにいたが、いつの頃からかずっとセキセイインコを飼っていた。
いくつも鳥かごがあってたくさんいた頃もあるけれど、やはり引越しの経緯なのか、数は減り、それでも今に至るまで最低1羽のインコが絶え間なく我が家(実家)にいる。
最近でこそペットショップで購入というクールな手段だけれど、昔は近所や友達にいただいたり、たまに迷い猫ならぬ迷いインコが来たこともあったっけ。
セキセイインコは雛のころから育てて手乗りになると、人格ならぬ鳥格とでもいうのか、個々の違いもよくわかって面白い。食の好みがあったり、鳴きまねが得意だったり、変な癖があったり。鳥かごの外=部屋の中でお気に入りの場所も違う。ほんの数十グラムの固体のくせに主張があって、そういうのが家族の一部という存在に思うところ。だから私は鳥の体温というか、あのフンワリ感が好きで、よく鳥の群集のなかで一緒に座り込みたいとか、大きなオウムを肩に乗せて頬ずりしたいとかいって、まわりにキモイ!と言われる。(なぜか空を飛びたいとは思わない)
d0036951_2291179.jpg

昨夜から調子を崩して寝込んでいた私が、日が落ちかけたころ目が覚めて軽く食事をとっていたときにしまう、実家から電話。母が、今いる1羽のセキセイインコが死んじゃったの、と。
私がうちを出てから雛から育てたのでまだ10年もたっていないけど、最近元気がないとは聞いていた。「オハヨウ」「オカエリ」とおしゃべりしなくなったとも。
たまに実家にいくときにしか触れる機会がない私は、少し警戒されてあまりよってきてはくれない子だった。可愛がっている妹と比べても仕方ないけど、同じ部屋にいても、彼女の肩にいつも乗ってる。だが、私が帰ると玄関を開けると大きなさえずりで迎えられて、母から「歓迎してるのよ」と言われるとうれしいものだった。
亡骸をどうしようという話をしながら、旅先にいる妹へメールした。昔のインコが死んじゃったとき、泣きながら私の海外出張先までわざわざ国際電話してきた妹は、今夜は旅先でも涙がとまらないらしい。ああ、私も当時とても可愛がっていたインコの死を海外出張先で聞かされて、職場で大泣きして驚かれたよ。だからあんたも泣いていい。

いまは始終一緒にいない分、電話で聞いても実感がわかない。
それでも、母の手の中で小さく動かなくなった様子を思い出し、明日から留守にしてしまうのでひとり寂しい思いをさせなくてよかったとか、あの小さくふんわり暖かい存在が消えたとか考えて、涙がでる。ひとりで御通夜してる母にも私、そっけなかったな。そう思って、この子の写真撮ったはずと思ってさがした。
犬や猫がいるうちもそうだと思うけど、この小さな純真無垢なまなざしが、どれだけ家族の”かすがい”になったことか。昔のこともいろいろと思い出されてくる。家庭内でどんなに気まずい空気の中でも、翌朝誰かが鳥かごに向かって「ほら、ごはんだよ。」と声をだしていつもの空気にぎこちなくもどっていく。
今年、世の中の暗いニュースが身の回りにも近づいて、いろんな意味で苦しんだけど、実家に帰ると母のご飯+数時間の鳥かご開放タイムに癒されていた。ちっちゃいけど存在は本当に大きいものだったのにあらためて気づかされた。指先にちょこんと感じる温かさ、忘れないよ。
今年最後、まだ暖かい涙が出てくる自分をも確認できた一日でした。
空から、いままでの仲間たちと一緒に元気で見守ってね。
[PR]
by imusam928 | 2009-12-30 23:15 | 鳥:生きもの

歳の瀬って感じ。

もうあと数日で2009年も終わり。
毎年言ってる気もするが、本当に今年もあっという間。2009年最後の日曜日はあわただしくてまさに歳の瀬だなあと思いながら、まだ年賀状を書いたりしているのだが。

d0036951_1454457.jpg昨日は窓ガラス拭いたから腕肩筋肉痛で朝起きて、ご飯食べて、洗濯。

生食が飽きて残っている金柑を見つけ、シナモン風味で甘露煮にしてみた。
毎年やるけど、沸騰させたためかみんなはじけてしまって格好悪い。砂糖も大して入れなかったので、かびる前に食べなくては。ビタミンC補給。

洗濯物を干して、渋谷経由で自由が丘へ向かう。d0036951_1462391.jpg東横線渋谷駅はなんでか猛烈に箱根駅伝の宣伝。すっかりお正月気分?
自由が丘は何年ぶりだろうかと思ってたけどあまり町並みは変わらない。Xmasカラーは消えて、正月の飾りを手にするヒトが目立つ。ぐるりと一周してランチ。写真撮り忘れたけど肉厚でやわらかい豆豚のおいしいトンテキ定食をいただく。

そのあと14時過ぎ、多摩川近くのホールへ。
同僚がが参加している市民吹奏楽の定期演奏会を聴きに行く。ブラバン経験者としては懐かしい音色。知人を探していたら別の旧友を発見。なんでまたここへ?何年ぶりなの、と懐かしさ倍増。
しかしのんびりする間もなく、再び東京をまたいで、1時間半の移動。
d0036951_1472514.jpg夕方は幕張の名店で今年最後のディナー。食べ収めにこられなくなったmさんの分も食べる。NYCMで好記録を出すも、ヒンシュクをかっているとなげくO氏の話に、「そりゃそうだよ」と解説をつけて返しつつ、食べる。でも、遠くから幕張初上陸ごくろうさまでした。
今年最後の「田舎風お肉のパテ」。
これはこの店で好きになった一品だけど、年々サイズが小さくなるような・・・。最初はこのサイズが2~3枚乗ってたような・・・。まあ、食べ収めできたのでよしとする。
d0036951_1482823.jpgd0036951_1484690.jpg食べたかったモチモチのピザも食べることができたし、スタッフも若返ってたし(笑)。
そうそう、常連のh氏の一味ですと予約を入れたために、お店のオーナーOさんから特別お味見メニュー↑が届く!イイ馬肉が入ったので一口ですが、ですって♪(ピンボケなので小サイズ)こんなの初めてなので、駆け込みセーフで09年内に来られてよかった。お肉・お魚ともにボリューム合って満足。

イヤー今日は疲れた~と帰宅して、中途半端に片付けかけて散らかってる部屋で、残りの年賀状を書き始める。
CMじゃないけど、大変なんだけど何年も会っていない友のことを考えて宛名とメッセージを書く数分間、これも年末の締めくくりの一つと思う。(でももう一声早めに書いて出さないとダメじゃん?)
ああ、月曜日いやだなあ、の日曜深夜も今年最後だ。あと2日ガンバロウ。
[PR]
by imusam928 | 2009-12-27 23:25 | 風月:つれづれ

寒くても

d0036951_1436863.jpg

レタス類は育つらしい。
[PR]
by imusam928 | 2009-12-26 14:36
d0036951_02205.jpg

アフリカーンでノリノリのゴスペル!
気分はライオンキング!?
[PR]
by imusam928 | 2009-12-18 00:02
d0036951_1427885.jpg昨年、20周年を迎えた『ア・ラ・カルト』はオーナーとギャルソンさんは引退?今年はリニューアルオープン準備中ということで、オーナー候補を探して7人のゲストが入れ替わり登場するスタイル。
10日の日替わりゲスト川平慈英(2日間の初日)で観てきました。

いつもの季節、いつもの青山円形劇場、いつものレストランと生演奏・・・と変わらない。高泉淳子さんとバンマスの中西俊博さんは21年ずっと同じ。だけど、白井さんと陰山さんの姿がみえないというのが一番大きい。この二人よりも少し若い二人のスタッフがいるけれど、お店の雰囲気がぜんぜん違う。オープニングでそれが少し寂しくて、でもいつもの4人の演奏が始まると、どんな展開になるのかワクワクさせられた。
終わってみたらいつもと同じ、笑ってほのぼのとして、暖かい気持ちになっていた。他のオーナー候補(ゲスト)の回も観たいかも!~12/25クリスマスでゲストはRollyでラスト。

以下はネタばれ。まだ上演中なので・・・。
[PR]
by imusam928 | 2009-12-13 14:27 | 観劇

サザエ弁当

d0036951_13292688.jpg

しっかり1個入り(\1050)
[PR]
by imusam928 | 2009-12-12 13:29

祝・名店復活!

冷たい雨の降る土曜日、閉めていた幕張の名店が実は再開しているとの情報から、チェックに行ってまいりました。今年は本店もぜんぜん行ってないなあと定番メニューを思い出しながらワクワク。

d0036951_22552815.jpg夜なので店構えはわかりにくいけれど、マンションの一角、細長い吹き抜けでとても天井が高い店です。表側は前面ガラス張り。あいにくの雨ですが、春先のお天気のよいランチなどにはオープンテーブルもでます。そんな店の雰囲気は以前のままですね。
d0036951_23231257.jpg予約してもらったこの日のテーブルは螺旋階段の上、高いところ。1階だと厨房をたった二人で切り盛りする様子も見えて楽しいけど、上はまた落ち着いていい感じです。(お料理の上げ下げは大変ですけど。)
雨で冷えた~という私にひざ掛けやカイロを持ってきてくれたり、温かい飲み物ないかな~hot wineとか・・・とつぶやいてみたら「お時間いただきますけど作りましょうか?」とやさしい対応。これ、このさりげなさ!嬉しいです。シナモンスティックで熱いワインをかき混ぜるシアワセ・・・でした。

メニューは一新?、でも本店の定番はちゃんとあって嬉しい。(といっても、最近行ってないので変わってるかもと思いながらオーダー)。
アラカルトで前菜におすすめされた、厚切りサーモンが、キレイだった!美味しかった!のに、映像なし。がっかり。デジカメわすれたので、以下は携帯のデジカメモードでなんとか記録。
d0036951_23351161.jpg
大好きなお肉のパテ。今日のはピスタチオがたくさん入っていたけど、この店の肉とレバーの加減が私にはちょうどよくて好きなんだなあ。本当はこの1枚をバゲットにはさんでパクつきたいところだけど、シェア。
でも十分レバー感を味わえる。あとひき、で押さえる(笑)
真っ黒の塊は、イカスミの自家製パン。においはほとんどない。
d0036951_23242650.jpgd0036951_23244643.jpg
初メニューの野菜のバーニャカウダ。
野菜好きには嬉しい。みんなモリモリ食べるので、ソースはまだあるので半分冗談でお変わりしたくて、「替え玉」をお願いしたら、やってくれました。うれしい~!あとのほうが温野菜もあって、充実している気もする。冬野菜はバーニャカウダに合う。生はカブ・ゆでたのはカリフラワーの仲間トレヴィスが美味しい。今度から最初から野菜はダブルで、とかオーダーできたらいいのにね、と(笑)。
このバーニャカウダソース、本当に自宅に常備したい。自分で作るのは面倒ですが。
d0036951_23252651.jpgd0036951_23254962.jpg
ヘルシーに野菜たっぷりのあとはパスタ。定番の海老のトマトクリーム、初トライの砂肝と菜の花のペペロンチーノ。どっちもGood。定番はいつもの味がこっちでも食べられるのがいいねと。シェフが変わると味も変わることがあるけど、いつもより美味しいくらい?砂肝も不思議なくらいやわらかく、パスタとしては珍しい組み合わせだけど、新たな味をまた発見。
d0036951_23271439.jpg
メインは「シェフの思いつき」だったかな。忘れた。
この日は米沢豚のカツレツ。
見た目もけっこうなボリュームでしたが、サクサクの衣の歯ごたえとしっかりお肉で満足。ここでは美味しい豚肉に合うことが多いかも。沖縄のあぐーもまた食べたい。
d0036951_23401191.jpg
d0036951_23403269.jpg
デザートは・・・。
本当はhさんの誕生日前に行こうと計画していて、いろいろあってこの日になってしまったのをちゃんとセッティングしてくれていて、お祝いモードに。そうだった~!
私たちが押しかけるようになるずっと前から長年このお店を贔屓にしているhさん、支店復活の好き日でしたネ。お料理は味も見た目もボリュームもバッチリ、お店の人のサービスの心地よさは今まで以上、と満足です。本店?にはビザ釜があるのでまたそっちもチェックに行かなくちゃ。
クレームブリュレも美味しいけど、このプレートはパンナコッタにまいった。あと、本物ティラミスもンマイ。
別腹必要な店、なのでした。
d0036951_23404926.jpg
最後おまけ。お店を出るときに厨房のテーブルの上に謎の物体!!!
・・・。
イカスミパン(笑)30cm以上ある。
[PR]
by imusam928 | 2009-12-07 23:47 | 食道楽