のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー

<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0036951_1371715.jpgマラソン前はなんとなく控えていたけど、そのあとならとこれからは観劇開始!と、久しぶりだったのに、コクーンで開演18時半!と、気が付いたのは前日。机の上のものをそのまま引き出しに押し込んで職場からダッシュして間に合った。しかーし!休憩20分含めて4時間超の大作だった!!つ、疲れた。背中もお尻も痛くなった。でも、飽きることなく舞台に釘付け、しかと見入った、面白かった。
蜷川作品は好きでけっこう観ているけど、井上ひさし原作の演出は『天保12年のシェイクスピア』『薮原検校』に続く3作目。シェイクスピアやギリシアものは嫌だけど、という友人もこのシリーズなら行くというカテゴリーだ。
幕の開けの出演者の口上にもあったように、歌あり芝居あり・・・笑いと涙の・・・野田秀樹に松尾スズキの要素・・・?本当にと色んなものがてんこ盛り。振り返るとすごいテンポで長時間、なんだか走ったあとの爽快感と似たようなものがある!?まったく70過ぎた蜷川さんの頭はどうなっているんだろう。演劇は無形文化財ですが、蜷川さんの創り出すものはこれからも観ておかなくちゃと思う何かがある。今回のはお芝居?ミュージカル?と細かいことは考えないで圧倒的なエネルギーを体感するのだ。

タイトルの源内とは平賀源内。名前は歴史上の人物名として記憶の中に残っているが、何をした人だっけ?という程度である。
新し物好きで、頭がよくて、出世がしたくて・・・でも、運が悪かった人かもしれない。高松に生まれ、幼い頃は神童と呼ばれ、長崎で遊学して語学・医学を習得。江戸時代の文化人として名を広めるが、本人の野心とは裏腹に、地方と江戸との政治の力の間で思ったようには生きられず、職も地位も失って、民衆からも見放されて消えていく・・・というのは劇作的な部分も大きいかもしれないけど、そんな人だったの?ということが山のようにあって「へえぇ~」の連発。

More(ネタばれ含む)
[PR]
by imusam928 | 2008-11-30 23:40 | 観劇

紙の無駄が

d0036951_11295367.jpg

混沌とした部屋を掃除中。
数ヶ月分のカードや光熱費の請求書の束。窓のビニルセロファン取って、封筒はリサイクルへ…。
でも、明細書は破って燃やすゴミ。ちょっと前はネットにするの躊躇したけど、こんなにあると電子化しないとだめだな。と、FM聞きながら、日頃気にはしている環境について、もう少し考えなくちゃと思う。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-24 11:29

赤と緑

d0036951_14252369.jpg

これ一鉢で部屋の中がホリデーシーズンになります。クリスマスまでひと月あるのにもう安売りで、高さ50センチありそうな大きさでたった500円。思わずかわいそうで買ったはいいが、デカい。
部屋の片付けが先だった。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-22 14:25

DarkChocolateDippedMints

d0036951_20442489.jpg

ALTOIDSのシナモン味にダークチョコのコーティング!?と試しに一缶買った。予想外に気に入った!
大抵ミント缶に手を伸ばす時は頭スッキリしたい。そして疲れてるから、チョコが一口目に味わえカリッと後からミント味なところがちょうどいい。
おやつ食べてる感じにも見えない…。だが空腹感は満たせない。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-21 20:44
d0036951_238444.jpg誕生月は9月ですが、私の都合もあって数ヶ月遅れですが、お誕生日祝いにブランチをご馳走になりました。土曜日、今日こそはゆっくり眠りたい・・・けど、そういうことで今週末もお出かけ。
場所は、日比谷のPeninsula Tokyo!

私にはペニンシュラといえば”香港”で、そこだけのものだと思っていたので、まさか東京日比谷に開業するなんて驚いたけどもう1年が過ぎたんだ。返還前の香港に出張して、泊まれないけど記念にとひとりでお茶したことがある。さりげないもてなしを受けて、初めて「ホテルのサービス」に感激したのがペニンシュラ。(その後、大いに観光客に荒らされた感はあるけど当時はもう少し敷居が高かった。)
日比谷の位置は皇居ランの際には桜田門あたりから見えるので、外観ばかりみてきた。だから何故か緊張しました・・・。
回転扉から何人ものスタッフに「おはようございます」「こんにちは」と挨拶されて、はずかしい。たぶん、と想像していたので一応きちんとした格好ではきたけれど、落ち着きません。カメラなんかだせなかった。広くはないロビーはナチュラルな木目が目に優しいアットホームな雰囲気。キョロキョロすることなく、すぐ温厚そうなオジサマに目的地を聞いて24階直通エレベーターへ案内される。えっ、ペーターじゃなくてピーター?失礼しました。と、笑いつつ恥かしくひとりでエレベーターに乗ったら白人のスタッフが乗り込んできた。「ランチ?」「来たことある?」って、ええ!?英会話だよ~!変な緊張させないで~!と思ったら、行くお店のPeterのスタッフだったらしい。「予約の名前は?」「まだ早いから、向こうで待ってて」英会話が続く。

Peterは最上階のレストラン。ロビーのナチュラル感とはちがって、スタイリッシュなインテリア。夜のイメージです。黒に紫にメタリック。でも席に案内されたら・・・お、違う。というのは、窓側だと外の景色が抜群。
d0036951_2314146.jpgd0036951_2314204.jpg目の前が皇居・日比谷公園でガラス張りの窓からは紅葉した様子が美しい。この日はあいにく青空ではなかったけど、ちょうどいいラン日和でお昼前に遠めにもランナーが大勢走っているのが見えた。

(つづく)実は、
[PR]
by imusam928 | 2008-11-16 21:12 | 食道楽

上り坂の悪夢か…

d0036951_14505945.jpg

雨も上がって、ランナーにはちょうどいいのか、蒸し暑いか。まだ街路樹のカエデも青い東京。
35キロから40キロの間は一番疲れてくるけど最後に仕掛ける場所でもある。
再び、三度、ドラマは起きるのね…

追記:今朝も疲れが抜けずなかなか起きられなかったけど、スタートしたのを見て、仲間も行ってて意を決して出かける。市ヶ谷駅を出たら、例年に比べて人が少ない。もうトップは行ったのかな?と思ったけど、今日は湘南マラソン大会だった!多くの応援予定者も走っている日だから、沿道に人がいないんだと思った。
自分もまだ2週間前に42キロ走った感覚があるので、39キロ地点のランナー達のさまざまな表情や全身の様子を見て声を出さずにはいられない。一人でまわりは静かだったけど応援した。(しばらく私の横にいたおじさんが、私が叫ぶ台詞にいちいちうなずくのが恥かしかったけど。)日本全国からの女性ランナーの精鋭たち、カッコよかった。東京女子マラソンも今年が最後だというので、このコースをじっくり味わって走ったことでしょう。私も、次はどうしようかな~!
[PR]
by imusam928 | 2008-11-16 14:50
到着した初日から長旅疲れ+Expo興奮+Halloweenで夜更かしのためか、Friendship Runの朝に、寝坊してしまった。
窓の光からしてすでに朝日が昇っていた。血相変えてポケモンに変身して出発。
ホテルのロビーでは違う国のランナーやフロントに笑顔で挨拶されて、地下鉄へ走る。
d0036951_173323.jpgBway75stから国連前まで行くのがまた大変だった。
72stからBラインに乗ろうとしたら土曜日だから来なかったのだ。ショック!
人気のないホームでバナナを朝ごはん代わりに食べて待つことしばし・・・。
ようやくやってきたAラインでEラインに乗り換え、Lex Av 51stに出て、がんばって走った。休日の街は人も車も少ないけど、すでに太陽は昇り、小走りの着ぐるみで汗だくになった。(この日はわりと暖かい)

d0036951_0542438.jpg到着したがトランプタワーの下にはすでに大勢のランナーがひしめく。待ち合わせ予定だったあとの”2匹”とは、遅れた上に地下と移動で連絡がとれないまま。メールでは到着してることはたしかだが、見当つかない。
「見つけられないよ~、どうしよう~」
と、少し高い位置に爪先立ちになって必死に仲間を探す私たち。

d0036951_0565667.jpgだが、各国のランナーたちから見ると「わお!ピカチュウ~♪」なわけで・・・。

満面の笑みを浮かべて近寄ってきてデジカメを指差すので、ニッコリポーズ。こっちはそわそわしてるけど、横から隠し撮りするひととかも。

この人ごみの中では探すのは不可能か?と思いきや、中央に黄色い生物を発見!掻き分けて進むと、去年一緒だった徳島産のモンスターだった。再会を果たしてそれはそれでめでたい。

d0036951_0582460.jpgしばらくしてまた黄色い物体がいた!今度こそ?と頑張って近づくと、頭だけのモンスター。全身着ぐるみの私たちを見て、「負けた~」と賞賛され記念撮影。
なかなか仲間には会えない(涙)。
うろうろキョロキョロしながらもインターナショナルなポケモン人気で、たくさん記念撮影した。
式典が始まった。
d0036951_121389.jpg国名が呼ばれるたびに、参加国のランナー達がどよめく。ちっちゃいオリンピックみたい?で楽しい!JAPAN、聞き逃した。日の丸も必要かも。
当日も国際色豊かなのはもちろんだけど、このInternational Friendship Runのいいところは、世界中からマラソンしに来たよ~!って一緒にお祭り騒ぎしてる気分を実感できるところ。

人数比はヨーロッパ系が圧倒的に多いけど、南米、アジア・・・、もう見ただけじゃどこの国かわからない人がたくさんいる。
d0036951_123522.jpgそれはお互い様で、「どこから来たの?」って聞かれて「日本だよ!」っていうと「遠いねえ~」と言われたり。ジンバブエ?ウズベキスタン?遠いじゃんそっちも(笑)って感じ。
お互いがんばって母国語じゃない英語でコミュニケーションとる感じも、なんか嬉しかったりする。

そして9時、スタート時間になった。
会えないまま、携帯メールの「しばらくしたら右サイドで待つ」のメッセージを信じて走り出したけれど、いっこうに見つからない。最終的に、お互いに相手が先にいるはずだから、と思っていたというすれ違いのオチ。
d0036951_133565.jpgこの日はしっかり淡々と走る人ももちろんいるけど、多くは仲間とワイワイ言いながらのジョギングを楽しむ5キロ。
私もそうだけど、走りながらカメラ片手で記念撮影しながらの人たちもたくさんいる。

d0036951_1182326.jpg右折して42stに出ると、輝くChrysler Buildingを右に仰ぎ見て、ビルの谷間をすすむ。
Grand Central TA周辺はたくさんの声援を受けた。

d0036951_14647.jpgおそろいのウエアだったり、被りものしたり、フルマラソンはしないけど一緒に来た家族と走ったり。
だけど約5キロとはいえ、軽い運動で軽く汗もかく。時差ぼけ解消にはちょうどいい。
6Avを上に向かうと、Radio City Music Hall, そして遠くに色づいたCentral Parkが見えて来た!


d0036951_123865.jpg59Stから最後は本番と同じコース。
本番は景色見る余裕あるかな。
空、綺麗。明日はどんな天気だろう。

そんなことを考えながら公園に入って、最後のアップダウンの具合をしみじみと感じてゴールをくぐった。
紅葉の森だった。
d0036951_13527.jpg


More(着ぐるみの行方)
[PR]
by imusam928 | 2008-11-13 23:55 | 2008_NYCM

NYCMの前々日

さて、気を取り直して忘れないうちに振り返ることにする。

去年は病んでたり初めてだったので不安と緊張していたのに比べ、今年は出発前から不思議なくらいリラックスしていた。体調との関係が大きいのだろうか?
その分、感情のブレ幅は小さかったけど、こういうときこそ今後のためにも、どんな感じだったとか何があったとか普通のことを記録しておこうと思う。普通のことが思い出せないことが多いから(笑)

d0036951_0582529.jpg10月31日午前にJFK到着、澄み渡る青空に感激してホテルに到着。早めにチェックインできて、お昼を済ませて早速Expo会場へ。
無料のシャトルバスを待っても来ないので、コリアンタウンから西端へぐいぐいと歩いていった。
到着したのはすでに3時過ぎ。

周辺は閑散としたエリアだけど、ジャビットセンターの中はキラキラ!一気に興奮する感じ。

ここで受付してゼッケンやチップを受け取るわけだけど、一緒に行ったランナー仲間とは受付周辺から散らばってしまい・・・再会したのは手続き終わって、物販エリア。みんなバラバラ。
後で聞いたら、いろいろあったみたいで驚いたけど、何しているかというほどのことは無いと思うんですが・・・。

受付の最初にて、日本で受け取っていたレジストレーションカード(受付済証&ゼッケン引き換え券)とID(私たちはパスポート)を見せてチェックされる。ここではすでにわかっているけど番号や色は関係ない様子だったので、さっさとOK.もらって進む。

d0036951_1111382.jpg会場奥へ進むとまずはFriendship Runのデスクへ行って、受付。
ここではマラソンの番号や色に関係なくてただチェック。A4程度の袋をもらう。中にはゼッケ
ンとTシャツ、ピンバッチも入ってた。去年と色違いだと思う。みんな同じだからTシャツもToo BiG.です。
受付のおじさんが喜多郎が好きで、武道館へ行きたいんだ!などという話をしてきたので、まだまだ頭が英語モードにならないけど、友好的に必死で対応した。

更に奥へ進み、今度は各自で自分の色とゼッケン番号の該当するコーナーへ。
今回の私はオレンジの番号デスクへ行き、ゼッケン受け取り、Good Luck!と言われてニッコリ。このエリアを出る際に、ゼッケンと一緒に入っているチップの読込&登録内容確認する。

d0036951_0593625.jpgその後で、参加Tシャツをもらいに該当サイズのデスクへ行くと、Tシャツとずっしりとお土産グッズが入った大きな袋を渡される。
重いのはビッグスポンサーから水500mlボトルか!?
パンフレットみたいな紙物もまとまると重いですからね。昨年のFさんの教訓を活かし、サブバッグを持参し肩掛けしていられてよかったデス。

今年のTシャツは鮮やかなブルー!ブルーは私の好きな色だし、なかなかシンプルでよい。

袋は当日のスタート前の荷物預けの時に使う。一回り近く小さくなったよね、やはりサイズ減=経費削減を狙ったのだろうか?ほんの少しでも4万人とかで考えたら削減効果はあるよね・・・なんて現実的なことを語る。と帰国後に自宅に残された去年の袋と比べた。

d0036951_1115236.jpgd0036951_1121178.jpg 
さて、これでランナーとしての必要な手続きを済ませてブツを受け取って終了。ほんの10分程度だろうか??この間に仲間とはぐれたの?
だけど、ココはアメリカ。すんなり行かないことも多い。
たった数名だけど、レジストレーションが届かなかったり、Friendship Runの受付しなかったとか(これはO氏の見落とし?!)、ゼッケンが見つからなかったり、チップの中身が間違えていたり・・・いろいろあったみたい。「いちいち驚いちゃだめだよ」と言われてきているけど、そのとおり。
それでも、大規模イベントを運営、そして盛り上げていくというノウハウは日本よりもずっとあるように感じるのは何故だろう。
d0036951_110293.jpg 手続き完了し、記念撮影したり当日の交通手配したりする人がいるけど、そのまま進むと物販コーナーへ移動することになる。
この仕組はホノルルも東京も大都市大会はみな同じだが(笑)。そして、あまり気にしてるつもりはないのに、せっかくだし記念にとオフィシャルグッズを手にして、周りにならって堂々青空試着してレジへ並ぶのだ。外国人って人が持ってるの見て「これどこにあるの?」、「これSもうないの?」とか普通に話しかけてくるのが面白い。

d0036951_1131497.jpg オフィシャルスポンサーは日本のA○ICS、なのに色やデザインがやっぱり違う(かっこいいとか着られそうとか)のがなんだかちょっと悔しい。靴もこんな色のないよ~とかね。

その後はスポンサーブース。試食・試飲して、販促品もらって(笑)、賑やかなテナントにもお祭り気分が盛り上がる。
捕食のジェルとかドリンクも、日本では見ない色や味があるのでトライする。バニラのゲータレード、日本にも来るかな~!
ドーンとプリウスも陣取っていて、JAPANブランドが占めてました。

とはいえ3時間うろうろしているだけで、さすがに疲れてくる。(そんなに何していたんでしょうね)ここでエネルギー使い果たしてはいけない。この日はHalloween。外はすっかり薄暗かった。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-11 23:45 | 2008_NYCM

初ゆたんぽ

d0036951_10372091.jpg

無印良品にて。
今日は冷え込むというので使ってみました。おかけでまだまだ10時間近く眠れます…。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-09 10:37

悪夢のデジャブ

d0036951_16313356.jpg

自分でも驚いた。呆れて情けない、という感情が現れるまでしばらく固まっていた。
今年のレースの締めになるはずのEKIDENカーニバル、出走時刻にベッドの中にいる自分がショックだった。確かに目覚めウエアも一部着てる、なのに…。
本当にご迷惑おかけしました。
数時間放心したけどこのシーン去年も似たようなことが…。
時差ボケ?立川が鬼門なんだろうか。
[PR]
by imusam928 | 2008-11-08 16:31