のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0036951_243042.jpg 走って銭湯によって、美瑛を発つ前にまた美瑛選果に行って、手に入れた2Lサイズのアスパラガス(400g¥650)。
 「芽」なので立てた状態で持っててくださいとか、茹でるのは2分とかいや1分半とか、今日中に茹でろとか・・・いろんなこと言われたけど、とにかく美味しかった!
 基本は1分半茹でて、塩コショウまたはマヨ!がベストな組み合わせだと思う

でも、色々やってみた。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-22 23:25 | 食道楽
d0036951_1472045.jpg
美瑛の思い出。
正しくは「アスペルジェ」と読む。美瑛JAが運営する美瑛の特選品を扱う美瑛選果というアンテナショップの一部のレストラン。

d0036951_1475836.jpgd0036951_150579.jpg

 北での楽しみの一つは美味しいものを食べること。今回は一応ハーフマラソンが目的ですが、食べることもかなりポイントだ。
 大陸のど真ん中へいくので、海鮮よりも大地の恵みをいただきたい。仲間からの事前情報で教えてもらったココは、是非行きたい!と決めていた。だって、名前がアスパラガスでまさに今は美瑛はアスパラシーズン!!最初は完走祝いでランチしようという話だったけれど、フライト変更やら電車など詳細の時間を決めるにつれ、到着日にいくのがよしということになった。正しい決断だった、行けて良かった~。
 小雨の中、タクシーで乗りつける。外観からしてJAじゃない(JAに失礼)。3つのBOXでそれぞれ野菜や穀物(米豆)の販売、デザートや軽食のテイクアウト、そしてレストランとなっている。廊下のディスプレイにも極太のアスパラが活けられていて、入店前からワクワクさせる。

d0036951_1504276.jpg 白を基調とした店内と天井の高い壁いっぱいのガラス窓から取り込まれる光。雨でもよかったくらいだから、晴れていたらもっと気持ちよさそう。
 大きなマリメッコもこういう部屋の壁には映えます。素敵!
 そして、すでにランチタイムの店内はいいにおいが漂う・・・。 寝不足と早起きで、午後になってからあくび連発だった私だったが、目と鼻が冴える。そわそわしながら悩んで、5段階あるコースの3番目をオーダー。


思い出すなあ。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-22 21:17 | 国内の旅
d0036951_23474021.jpg やっと行けました。コクーン歌舞伎。
 今まではなかなかチケットが取れなかったけど、平日昼の部狙いにしてみた成果?たまたまタイミングが悪かったり、当日券の立ち見で並ぶほど・・・と機会を逃して何年もすぎた。勘太郎・七之助兄弟もすっかり大人だ。
 勘三郎さんは今までもいろんな演出家と組んだり、平成中村座で海外公演したりと型にはまらないで歌舞伎の世界を成長させ続けている。今回の演目も串田演出で再々演、しかもベルリン・ルーマニアをまわって凱旋公演だ。見慣れたコクーンの座席も前方は花道が作られて、座席も桟敷席になっていた。開演前から役者がロビーや客席にいて、自然と芝居が始まる。そんな一体感からスタートした。
 面白かった!もう勘三郎パワーのすごいこと。それが他の役者やスタッフに伝染してるな。この夏祭~も今の時期にぴったりでよかった。威勢のいい上方の言葉や、汗ばむ賑やかで威勢のいい登場人物、その裏にある暗い世界で起きる殺人。暑い熱い夏の祭りの中でテンション上がってる感じが、最後のクライマックスで舞台の上から客席に振り込んできた・・・!何でもアリだなぁ、すごい。初めて観た私は、海外向け演出バージョンなのかなと思ったけど、初演と再演のころに基本形はできている、まさに”コクーン歌舞伎”だということが、あとでわかった。
 あんなの歌舞伎じゃない、という人もいるんだろうけど、その時代で変化してこそ歌舞伎なのかも、と思う。江戸の町でも、今日の私たちみたいに笑ったり驚いたりしながら最後にはワーッと立ち上がって声をあげたはず。もちろん古典をしっかり受け継いで守っているからこそできるということだろうけど。とにかくお芝居の楽しみ方をもっとたくさんの人に知ってもらいたいという感じ?

 観劇の感激を表現できないのがもどかしい。そうだ。中身とは別の感激もひとつあった。
 1階最後列の通路側に座った私。その通路を挟んだ隣は、センターで本来は音響などのBoxだけど今回は客席になっていた。そ、そこに。私の右隣(通路挟んで)にいたのは、あの海老サマこと市川海老蔵!!近すぎてまともに見れない距離でしたが、芝居が始まって暗くなったときに、チラ見(笑)深く被っていたニットキャップをとり、芝居に熱中しているのかフツーに「フッフッ・・・」とか「ぷはははっ!!」と笑い声あげてました。Boxの壁に身体をもたれかけ、かなりリラックスした姿勢で観劇してました。大歓声のカーテンコール中もちゃんといた。けど、一瞬で消えてしまいました・・・海老サマ・・・!
[PR]
by imusam928 | 2008-06-18 23:47 | 観劇

ついにここも値上げか!

d0036951_21203434.jpg

日々積もるイライラは、ずーっと座って考えるばかりの今の仕事のせいかも?って今日はさっとパソコン閉じて、約ひと月ぶりに半蔵門へ。相変わらず混んでいた。さ、430円おいて、こんにちは~と愛想よく入ろうとしたら、
20円足りないわよ~
えっ!!という顔すると、16日から値上げして450円だと。燃料費高騰により、ですって…
ああ、もうっ。(^_^;)
[PR]
by imusam928 | 2008-06-17 21:20
先週の美瑛マラソンへは、今ニュースで話題のスカイ○ークの羽田-旭川就航線を利用。
羽田発6:50で旭川には8:30に降り立ち、そこからバスで30分弱、9:30開園前の旭山動物園前に到着した。すでに100m位の行列。
800円の入園料と、年間パスポート1000円、という微妙な選択肢に悩んだものの、当日券で入園。荷物をロッカーに預けてブラブラと丘を登る。
寝ぼけたあたまに小雨のひんやりした空気と、「動物園」というのんびりした感じが心地よい。この動物園は思っているよりも生き物が近くに見られると思う。
人気ポイント3箇所、ペンギン館→あざらし館→ほっきょくぐま館で一気にテンションがあがる。
d0036951_22648.jpg
なんとなく人間の動きににている。

でも、水に入ると泳ぐのがびっくりするほど速い。
空を飛ぶ鳥のよう、とはよくいったものだ。鳥だけど。
水中トンネルは食事の前の方が空腹で動きが機敏だそうです。(私が行ったときはご飯後で泳ぐ数も少なくて・・・(笑)。

d0036951_232151.jpgd0036951_244772.jpg 
d0036951_224772.jpgd0036951_22349.jpgこんなにヨチヨチおったらおったら、なんだけど泳ぐと早い↑ジェンツーペンギン。
うちでも飼えそうな気がしちゃう。

d0036951_252416.jpgd0036951_254179.jpg
こりゃ、潜水艦?魚雷??って、あっとうされるほどでっかい!1匹今年生まれたちびっこ「たまちゃん」がいて、そいつだけウキウキと泳ぐのがかわいい。(撮れない)
あとはみんな突撃!!迫力! 

d0036951_26329.jpg人気者のシロクマ”イワン”はとても大きいけど、写真だと柴犬みたいになる。
d0036951_262389.jpgメスはちょっと小さい。暑いのか水につかった姿はバテ気味。
d0036951_264413.jpgなんと3頭もいたシロクマ。彼女は一番年長ですがウトウト気味なところがプリティ!でも、ちびっこに「ワンワン!ワンワン!」と呼ばれていた。かなりでかいワンワンだぞ。
 ひとしきり興奮して、また名物の「もぐもぐタイム」という餌の時間に係員が説明してくれるコーナーにまたペンギン館にもどる(笑)。ちびっ子専用のお立ち台には乗れないけど、10倍の年齢の私たち大人用の見学台があったりするのでステージ前に立つ。
 全体的にみて、大人のほうが多い?全国的人気のせいで地元家族連れというより、ツアー観光客なんだろうか。そういう自分もですが。
 だけど・・・「(動物が目を傷めるから)フラッシュたかないでください!」と何度も注意されてもフラッシュが光る、反省せよ大人!!
 12時半のバスまで3時間、全部は回れなかったけど、このほかにも猛獣館も近くにライオンやトラがいるし、サル山の小猿に癒されたりしてなかなか見ごたえがある。
 2度目だけど、いつか雪の積った冬の日の動物園にまた来てみたい。
 
 そして、帰り道もZoo?!
それはスカイ○ークが予約した帰路便を欠航したため、旭川から札幌経由千歳空港から帰ることにした私たち。そこで鉄道路線で移動するのだが、「こんなんがありますよん♪」と教えてもらったのが「旭山動物園号」。

これが、思った以上にスゴかった・・・
[PR]
by imusam928 | 2008-06-17 01:03 | 鳥:生きもの
 もう、終わったからなんとでも言えるけど、練習不足と寝不足ではじめはどうなるかと思った。
結果的に心身ともにデトックスできた、梅雨のない北の地での1泊2日のプチ国内遠征。短いけどリフレッシュ&デトックスできた気がする。

 雨上がりの日本晴れ、とはいかなかったけれど、うす曇のなかなかのラン日和。
旭川の前日の天候は小雨交じりで気温15℃だった。当日の予報では20度を超えるらしいということで、雲はあるけど暑くなる覚悟をする。
d0036951_1502782.jpg 前泊した宿から会場の丸山運動公園まで送ってもらう。道民の師匠と再会、ベテランランナーさんたちの設営地点にお邪魔して、あれこれアドバイスをもらいながら、ハーフのスタート地点白金温泉へ向かうバスに並ぶ。知らない土地での参加でもおかげでスムーズに行動できた。
 2千人くらいのアットホームな大会・・・と聞いていたけど、ハーフで2千人。クウォーターとワンエイツが各千人、合計4千人を超える参加で、なかなか賑わっている。道外からも31都府県から270人、けっこう来ているじゃないか?

d0036951_045968.jpgバスで15分ほどで到着。
そこは標高約600m、街中よりも季節がさかのぼる。
木々の新芽がまぶしい。つかの間の森林浴。
街や美瑛の丘ではすっかり綿毛のタンポポが、満開で春真っ盛り。

d0036951_240593.jpgみんな草の上でストレッチしたり支度していてのどかな感じ。
「上(スタート地点)は寒いから!」と脅されて上着も着たけど、すっかり風もやんで、すぐ半袖になって気持ちよい。荷物を預けて、10時半スタートのカウントダウンの放送に位置に並ぶ。 l

More
[PR]
by imusam928 | 2008-06-12 00:45 | スポーツ

ゴールしました!

d0036951_12525035.jpg

ひとり喜怒哀楽!後半復活してゴールしたあとは汗が爽やかでした。緊張の久しぶりのハーフにしたら上出来だ~!
もらった袋は豪華スポンサーでビックリ。テントには生ビールがよんでます。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-08 12:52

外国みたい

d0036951_9551779.jpg

まだ新緑でスタート地点はタンポポが咲いている。
山には残雪で雲が晴れたらきれいだろうなあ~って走りきれますように!
[PR]
by imusam928 | 2008-06-08 09:55

気温15℃小雨

d0036951_12273581.jpg

寒いです。だけど、けっこうな人でした。
動物も増えて、ちょっとパワーアップしている。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-07 12:27

頑張れ!★

d0036951_6401795.jpg

とりあえず出発できます。行ってきます。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-07 06:40