のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー

<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ミソから。

d0036951_13295380.jpg

[PR]
by imusam928 | 2008-02-29 13:29

TOKYO完走後記3<実録>

d0036951_22501917.jpg石原都知事に手を振って、ピーピーとなるスタートラインを越えてやっとスタート。Fブロックでロスは11分近くだから、HやJだと20分かかるだろう。
 最初はまだジョギング速度で同じFブロックのFさんと話しながら進む。すごい数の人が走っているのが先の方まで見えて、新宿のこの道を遮断してコースにしてるのがすごいなあ、朝だからできるのか、とか考えて走る。
 西新宿のJR高架下では、サイテーな名物!?の男性陣の列に絶叫!女子だって我慢している人たくさんいるのにー!とFさんと激昂して走る。ペナルティつけてほしいわ、まったく。
 新宿からはしばらく緩い下り坂。スピードだし過ぎないように注意、と言われていたけれど、人が多くてそんなにスピードは出せない。それでも、42キロを歩かず走りきるためのパワーを残さなくちゃ、と慎重に抑えてはいた。太陽も眩しくて汗ばんでくるが、こんな日差しの中でゴールできるわけがないので、体温調節は難しい。かぶっていたビニルカバーを脱いで手に持っていたが、沿道のボランティアに手を差し出されてしまって、渡してしまう。見覚えるのある顔を見つけたけど応援の山を通り過ぎるのも一瞬で、こちらの言葉はとどかなかったみたい。足場の悪い沿道を避けてセンターに出ると、アナウンサーやタレントがカメラやスタッフに囲まれていた。気がつけばもうFさんとはぐれた。中央線が見えてくるとコースにさえぎるビルがない。太陽が眩しくて日焼けしたと思う。
Point   Split     Lap    Time
5km   00:43:07    ―    09:53:07

あと、5Kmごとつづく・・・。(ロング)
[PR]
by imusam928 | 2008-02-25 23:40 | 2008 Tokyo

TOKYO完走後記2

今回のマラソンは、地元開催のせいか、いまひとつイベント性が自分の中で弱かったのか、カメラで写真を撮っていない。残ったのは記録はタイムと記憶だけ。
 今日、当日放映されていた日テレの4時間の特番の録画を見た。アナウンサーやタレントを追っかけるものだから、見たい部分が隠れたりカットされるのは仕方ないけど、自分も走っているであろう時間帯と照らし合わせながら、それぞれにいろんなドラマがあったんだよなあ、ってしみじみと振り返っていた。といっても、感動で思わず熱くなるといいうことでもない。たまたま過去2回のフルマラソンを海外で体験したためにそのときは旅行気分がプラスされて大きなイベントとして思い出に残る。今回、地元都内で開催の東京マラソンは、日常生活からの切り替えができず、直前まで緊張感が薄かったかも。今日、番組を見ていて、こんなにタレントがいたの?こんなに盛り上がってたんだ!と驚くが、自分がその中にいたのが不思議な感じで客観的になってしまう。感動ものに仕上げるべくバラエティ色満載だけど、フルマラソンと思うと何かが違うような気もする。ところどころに登場した石原都知事のコメントだけがリアルに残る。

<EXPO~選手受付~前日>
[PR]
by imusam928 | 2008-02-24 23:42 | 2008 Tokyo

TOKYO完走祝@幕張

強風で走れない!どころじゃなかった。電車があちこちで運休しちゃって大変な午後。本日のメインエベントはこれからなのに、ちゃんとたどり着けるのか~?と電車を乗り継いで待ち合わせ変更やら、動いた止まったのやり取りをしながら、何とか無事到着。マラソン大会前の壮行会兼カーボ補給に行けなかったので、完走会でのリベンジ。まだ2~3回しか来てないけど、初めて2Fテーブルへ。螺旋階段をあがって薄暗くてちょっとした個室というかVIP席みたい。3人だとお隣テーブルもいらしたけど、6人いたら貸切できるいい雰囲気ね。

みんなで来れなくて残念でした。
[PR]
by imusam928 | 2008-02-24 00:54

お礼ランは突風!

d0036951_16381272.jpg

予定が変更になったので、半蔵門に行ってきた。お天気で軽いジョグのつもりが…。東から黄土色の空に変わって、突風強風に教われた。枯れ葉や小枝がブワッと舞い上がり、叩きつけてきた。砂混じりで痛い!隙間をぬって進んでも、前に行けない…。荒川マラソンはこんな感じ?って想像するけど、苦しいし目が開けられない。木の葉隠れの術のような中に閉じ込められて、とばされそうだった。自転車こいでたおじさんは街路樹に倒れている!
そんなこんなで1周ちょっとで止め。涙と鼻水でぐちゃぐちゃに。
これからしばらくはランはオフのつもりだけど、すさまじいラストを味わった。
銭湯のおばちゃんに、東京マラソン応援のお礼を言うと、
あら!写真に映ってないかしら?残念。目の前に来たら撮ってあげたのに!また来年やるからちゃんと来て!
と、既に来年の激励。パラパラ見ていた写真、いいカメラマンがいたみたいで映ってる人、アップで綺麗に撮れてます。今日も人はいっぱいです。

追記:その後、各地の路線は運休・徐行などでかなり大変な状態になってました。
朝掃除してすっきりしたはずのベランダは、植木鉢がひっくり返り、中身が飛び散り、近所迷惑な有様で、夜中に静かに片付ける羽目に。
[PR]
by imusam928 | 2008-02-23 16:38

シンフォニー!

d0036951_1925426.jpg

マラソンとは関係なし。職場の宴。
でも、ブッフェ、心おきなく食べまくりました。同僚に注意された・・・
[PR]
by imusam928 | 2008-02-22 19:02

TOKYO完走後記1

<よろこび?>
一夜あけた月曜は、普通に出勤して普通に残業して帰宅したら、さすがに夜は電池切れた。
それでも朝から、もともと応援するとアピールしてくれていた人達からお疲れ様と声をかけてもらってメダルを見せてまわる。よりによって朝から会議や来客が続いた一日なので、毎回マラソンの話題をふったりふられたりしつつで、ブルーマンデーいやな空気の中のつかみはOKだったのが愉快だった。
 俺もホノルルへ行く!と言ったきり実現していない、となりの部署の部長からは「フルのあと、普通に出勤していることがすごいよな!!」と変なねぎらいをかけてもらう。身体平気なのかって!?そんなわけない。椅子から立ち上がるだけで心でイテテテ、言っていました。
 また、一言もマラソンのことなんて話していないような人達からも、たくさん声をかけられた。いきなり「スカパーずっと見てたけどわからなかったんですよ」とか、「なかなかいいペースでしたね」とか。いつの間に知ってるの?どこで調べたの?と、メディアやIT技術の発達による想像もしない反応に驚く。どこかで小耳に挟んでて、ひそかに気にしてもらえてたのは嬉しいかも。
 そしておそらく「imusamさん、東京マラソンでたらしいよ。」というのが、その日じわじわと広まったようで、普段は仕事には関係のない部署の後輩が席まで来たと思えば「本当に走ったんですか?!」とか、トイレでは同僚が「もしやと思ったらやっぱり走ってたんだ~」とか、他部署の同期からも「完走したそうですね、おめでと~」とメイルなど、あれこれリアクションが続いた。
こういうのを『余韻に浸る』というのだろうな。
へそ曲がりなので自分の気持ちに素直になれなかったけど、東京で開催された大会だからこその新たな気持ちの高揚を感じる瞬間だ。

 当日の実録はまた別にかくとして、ゴールのあとはというと。
 最後はやはりヘロヘロだったし、感動というよりは完走できたこと、ダメージもほとんどなかったことの安堵感が大きかった。帰り道の駅での階段の上り下り時点ですでに足が痛かったけど、しばらくしてお腹が空いてきたので体調としてもOKサインで、今回の課題はひとつクリアである。慎重になりすぎたかもしれないけど、それでも約5時間走り続けたのはやっぱり苦しかった。身体中の疲労と脱力、筋肉痛が襲ってくるのがわかった。
 夜になっても調子は大丈夫ということで、NYのときのようにへなへなと寝込むことになったら、と思って参加の回答をできずにいた、走る仲間たちの打ち上げ会場に、せっかくだからと顔を出しに行くことにした。そこで。宴の途中、突然乱入したにもかかわらず、大声をあげて迎えてくれたみんなの反応が嬉しかった。そこで何かパッと気持ちが明るくなってきた。そうだよ、よくがんばったよ自分!という気持ちがやっと沸いてきて、「完走おめでとう」という言葉に素直に「ありがとう」って言えていた気がする。42キロ走った達成感がやっとキタ!という感じ。なんでだろう。フルマラソンの苦しみ、そして楽しみを知っている人達だからなのかな。走った人、ボランティア参加の人、応援してくれた人、初めて会う人もいるのに、すごいエネルギーみなぎる宴の短い時間で充電。一人だったら疲れたなあ・・・で終わっちゃってたかもしれない。
 
 遠くからの声。前夜からスタート直前まで携帯のメイルにたくさんの激励が届いた。アピールするのは苦手なので、あまり友人たちにも大きな声では言ってなかった。でも、さらっと交わした一言とか、ずいぶん前の話を思い出して、メッセージを送ってくれた。マスコミのチカラは大きいと思いつつ、やはり嬉しい。こういうことだって、今までない体験。

d0036951_0111130.jpg

「がんばれ銭湯ランナーズ」という大きな旗で竹橋駅付近で応援してくれた、半蔵門のヴァン・ドゥーシュのみなさん。名前を読み上げてくれてたみたいです。これも、「ありがとう」を言いに、近いうちに一度はお礼ランしに行かなくっちゃだな。
[PR]
by imusam928 | 2008-02-20 00:11 | 2008 Tokyo

ゴールしました

d0036951_14264558.jpg

[PR]
by imusam928 | 2008-02-17 14:26

さあ明日。

d0036951_22572444.jpg
なんだか明日、42キロ走るの信じられないなあ。
でも、無理やり遠征気分を作り上げてもりあげて、みんなで集まってお祭りのテンションは上がってきた。体は心配だけど気分だけはワクワクしてるのだ。
 また、ビッグサイトにも行った。夕方にメインステージで知り合いがコンガを演奏。そのラテンの音の応援を浴びてきた。前日なのに、まだまだエキスポも盛り上がる。金さんのアドバイスのストレッチをやりながら、周りの人の真剣な表情をみて、背筋を伸ばす。
24時間マラソンのブースでつめが取れちゃってて、と話をしたら、「僕たちはいつもないですよ」というのでびっくりした。転んだりしなくても、そりゃ24時間走ってたら爪もいじめてるってこと?軟膏塗ったり屈した裏返したりしてるそうですが、基本的にはそのままで、生えてきたのにまた次のレースで失って・・・なんだって。でも、そういうものなのかな・・・とレベルは違うけど、少しほっとしてしまった。

朝からあわただしくしているのに、あちこちの友人知人から、激励のメイルが携帯に入る。
どこそこの沿道にいるとか、行けないけどテレビ見てるとか。気にしてくれてありがとう。
夜になって母からも留守電が入っててびっくり。私には会えないという前提のようだが、初めてのマラソン応援に興奮しているのか、うきうきしていた。運動会じゃないのよ。
そんなまわりのひとつひとつにありがたいなあ、と思いながら、明日は走ろう。全国で落選した人のほうが多いんだから、そんな人たちの分も、お祭りを楽しまなくちゃね。

d0036951_22572554.jpg現実問題としては、いろいろあるけど・・・ゴールして笑っていられることが今回の目標。今日も青空だけど、風が冷たい。気温としては私には十分なんだけど、5時間外で汗かいていることを考えるとやっぱりなあ・・・とずっとずっと着るものを悩んでいる。結果として、暑いのは我慢も調整もできるけど、寒いのは辛いし悪いほうへ転ぶので、重ね着することにした。ああ、でもどうしよう・・・もう、寝なくちゃ。
3万人のランナーの皆さん、明日、がんばりましょう!
[PR]
by imusam928 | 2008-02-16 22:57

パスタパーティー!

d0036951_14435023.jpg

[PR]
by imusam928 | 2008-02-16 14:43