のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0036951_0323710.jpg喉の腫れと熱がひいたら、昨日からひどい咳。今まで私の風邪は熱の風邪で、たいてい数日寝込んだらすっきりしていた。だけど、今回のように喉とか咳とかに悩まされるのは本当に何年ぶり・・・?会議で説明してても咳混じりにしゃべるので、上司が水をもってきてくれたりして。腹筋じゃなくて横隔膜が鍛えられて、苦しい。だから今夜はフル前最後の外ランを考えていたけど、もう、やめた。これ以上変な症状に悩まされたくない。あと数日で完治にいたるのか、これ?
ということで、「咳がひどくて・・・」と医者に行ったら、こんなかわいいシールつきの飲み薬。ん?こんな液体のクスリもらったのって何年ぶり?いや何十年ぶり~?!頼むよ、ホント。(だけど不味い)
[PR]
by imusam928 | 2007-10-31 00:32

とりあえずビタミン

d0036951_1849941.jpg最悪だ。
先週末にしゃべりすぎか?と思ってたのどの痛みは引かず、微熱と咳にも悩まされた1週間。時間がとれずにやっと昨日医者に行って薬をもらう。薬飲まなきゃいけないということだけで、気力がなえる。まわりの人の様子からも、この流行の風邪は長引くことが予想される・・・って、このタイミングでどうしてくれよう。ずっと不規則な生活と寝不足では反省する余地がないんですが。
とはいえ、この2週間というものろくに走れていない!去年のホノルルマラソン前の1ヶ月と比べたら、この直前の練習減はどうしよう。時間を作れないのは自分のせいでもあるんだけど、天候にも恵まれなかったしなあ。10月は走りこみの月のはずなのに振り返りたくない。
今日だって最後の週末、この日こそ、と思ったら台風20号。この季節でもまだ台風接近なの!?と、うらんでもどうしようもならない。
たった1週間走れないだけで身体の緩みを感じた。さらに1週間、今も咳のせいで腹筋だけは鍛えられている気もするが、脚力も衰えちゃうんだろうな。何より食が細くなると体力た弱まるのが一番心配。幸い寝込んだり食事が取れないことはないけど、やはり普段のようにモリモリ食べられなし、胃腸に負担もかけたくない。もうここまできたら悪化しないように注意するしかない!残りの平日は精神的にも苦しいだろうから、出発にむけたカウントダウンを自分ひとりで唱えてガンバルしかないのだ。走れない時間も与えられた休息と考える。焦っても、しかたない。あと1週間!
[PR]
by imusam928 | 2007-10-27 19:07
これまで春・夏・年末のNYを訪れたけど、秋はこんどの11月がはじめて。秋、紅葉シーズン!と期待していたのに、どうも今年は暖かくてまだまだマンハッタンは青々しているということです・・・。
まあ、走るときに涼しいと身体が冷えてしまうのが怖い私としては、暖かい秋でもありがたいけど、ちょっと残念ではある。だって、無事に完走して元気だったら、ブラブラと紅葉鑑賞を楽しみたかったんだけど・・・秋色の景色を見たかったんだけど・・・さて、どうでしょう。

こんなところにのぼって見下ろしてみたりとか。
d0036951_17461433.jpgd0036951_17464083.jpg
反対側の様子がどうなってるか、とか。アップだとけっこう見える。
d0036951_1747962.jpgd0036951_1747244.jpg
その中で、ちょっとジョギングしたんだよなぁ、とか。
d0036951_1819426.jpgd0036951_18192815.jpg
d0036951_18195191.jpgd0036951_182057100.jpg
夏はほとんど行かなかったのでミュージアムマイルも景色あわせて期待しているのですが。
もうこの屋上はクローズしてしまってだめだけど、ゆっくり鑑賞。ここまで足ものばせれば。
d0036951_18294957.jpgd0036951_1830270.jpg

そのほかの公園とか、マーケットチェックも季節感を味わいにいくつもり、なんだけどなあ。なんて、マラソンのこと考えるとあせってくるのでちょっと気を紛らわせてみた。
[PR]
by imusam928 | 2007-10-27 17:54 | 2007 NYCM

現物報酬

d0036951_22322469.jpg

9月に稲刈り体験させていただいたときの新米、後輩が持ってきてくれた。贅沢な天日干しです。これがホントに旨い!
「精米したてを食べてほしくて…」って送ってくださった。精米したてってやはり違うの? それにしてもコメばかり食べてるな。おいしいものはおいしいうちに…
[PR]
by imusam928 | 2007-10-21 22:32

NYから。

d0036951_194480.jpg

来ちゃいました。
[PR]
by imusam928 | 2007-10-20 23:59

真夜中のガーデニング

d0036951_23561216.jpg 虫が知らせたのだろうか。日の暮れたベランダでいやな気配を感じ、日陰に放置していた包みを開けたら・・・な、なんと球根たちがキュウキュウになって芽どころか根もだしていた。明るいところではむごくて見られない状態。これはいかんということで、救急処置にとりかかる。
真夏にほったらかしたプランターや植木鉢を掘り返し、土再生剤を混ぜ入れ、肥料を振り、バランスを考えて球根を植えつけた。と、書けばそれだけなんだけど、とっぷり暮れた夜空の元、キャンドルの灯をともして作業した。外から見たら相当怪しいぞ。サッサとやってるつもりでも、あっというまに真夜中だった。弱火にしてたのに鍋も焦がした。なにやってるんだまったく。
 こんどやろう、がぐずぐずしているからこんなことになる。
 
 品種の増えたチューリップはつい買ってしまうし、母の育てたフリージア、丈夫で増え続けるムスカリという具合に秋植球根が手元にあったけど、「次の週に」でほったらかしていた。球根も生きているということを思い知らされた。
 さあ、明日からは「水遣りを忘れない」という重大ななミッションが待っている。球根花は冬の寒さに当てないとだめだけど、その間にも水遣りを怠ると花を咲かせないのだ。半年後にはうららかな日差しとともにまぶしい花を咲かせてくれることを夢見て、朝のおつとめだ。

 しかし、数時間しゃがみこんで土と格闘していただけなのに・・・首肩背中腰の辛さは何!?ピキピキ音が鳴りそう。ランニングのときの脚の疲れとは比べものにならない痛みが即出ている、ってことは明日の朝は!?(涙)
[PR]
by imusam928 | 2007-10-14 23:56 | 花:自然

初・体組成計測定

d0036951_11381367.jpgCMとかでボディスキャンとか言われて、何をどうなのか気にはなっていた。しかし実家にある体脂肪率がわかるものですらほったらかしだったりするので、わざわざ買ったりは・・・。
でも、まわりの人があれこれ話しているので、一度体験したかったけど、私のジムにはそんなものはなく、たまたま今週無料体験キャンペーン(販売の)だったので初計測した。コ○ミが開発製造しているらしく、見た目はただの体重計だけど、違った。
そもそも体組成とはなんだ?・・・「皮下脂肪、内臓脂肪、筋肉(骨格筋・平滑筋・心筋)、骨、水分などカラダを構成する成分」ということらしい。
新入りの女の子が当番になってて、ニコニコ笑顔で説明してくれたが、よくわかりません。計測は生年月日・身長・ウエストを入力し、あとは乗るだけ。よくある両手で計測器をもって腕を伸ばすポーズをして数秒静止するだけ。すると・・・体重・BMI・基礎代謝量・体脂肪率とともに、内臓脂肪・筋肉量・推定水分率が計測される。初めてなので増減の比較は出来ないけど、担当の彼女が言うには「スバラシイですよ~」とのこと。用紙に書き込んでくれた数値とともに、それぞれの項目で少ない~普通~多い、とか非肥満~注意~要注意などいろんなカテゴリに分析されていた。その結果、NGなし!!イエィー!数値でみても体脂肪率(22.7%)以外は知らないのでわからないけど、非肥満とかに○がつくと嬉しい。
面白いのは腕と脚が左右それぞれ脂肪率と筋肉量がでてたこと。バランスは悪くはないけどやっぱり右利きなんだな。それに、脚より腕のほうが脂肪率が高い。走ってるから足は鍛えられているのだろうか?エアロビクス後に計測したから?
ともかくこの数値をもとに、どんな風に変化するのか見たいなあ。で、いくらなのかな?と思って帰ってチェックしたら¥21,800!!!データをパソコンに取り込んで管理したり、柔軟性を高める運動にも使えたりするらしいけど、高い!ジムにはずっと1台おあったらいいのに・・・。
[PR]
by imusam928 | 2007-10-13 11:16

こっちもジワジワと。

d0036951_2351573.jpg5月のEKIDENカーニバルのときのTシャツ。涼しくなってからの皇居ランで、このTシャツ着ている人をけっこう見かける。堂々と漢字で大会名かいたり、そりゃないよ・・・というイラスト入りのものにくらべたら、まあ練習に着てもいいかな?というシンプルなもの。だけど、赤いラインで夜でもけっこうわかる。11月大会にむけてジワジワ自主練している、って感じです。

 ウチの職場のにわか駅伝チームも5月の東東京大会につづき、11月の西東京大会(兼全国グランプリ大会)にも、すでにエントリーした。
 あのときは思いのほか盛り上がり、そんな話が何処から漏れたのか、広報室に依頼された後輩たちは調子に乗って先月社内報に記事を書いた。写真が表紙にまで載ってたよ!?
 ・・・でも。こいつらはあれっきり走っていないのが現実。飲んだりすると盛り上がりは再発し、「お前には負けない!!」と賭けの内容を肴に飲んでいるらしい。でも走っていないでしょ?と、発起人の大先輩が異動になるときに、私が送別ランを企画して、9月末に無理やり皇居を走った。アフターの宴会につられたメンバーは、このおそろいTシャツで見た目はチームっぽい。「走ったの5月のカーニバル以来です」というヤツが1周で翌朝に脚が痛い悲鳴をあげていた。20代でも日頃の運動不足が正直に表れるものだ。
 
 それでももう10月。あと1ヶ月後には本番だ。
 昼休み大騒ぎしてチーム再編して担当区間を決めた。10・5・3・5kmのチーム間の駆け引きは真剣だ。私が知らない間に2チームが3チームに増えていた。補欠も用意されている。当日の応援団も募っているらしい。しっかりと早期割引の前に「エントリー完了しました~」の社内メールが飛ぶと、なんとなく選手たちは笑っていられなくなっている様子。ジワジワと走る苦しさが重圧になってきているだろう。さあ、みんな当日怪我しないように、ちょっとは走っておいてくださいね。もう、私は駅伝どころじゃあないんですから・・・!(笑)
 走る仲間たちもあちらこちらでエントリー情報が飛び交う。短い距離だから興味ある人もとっつきやすい大会だからトライしやすいんでしょうね。わたしは午前のショートとダブルヘッダーの予定もなくなったので、エントリーはこのにわかEKIDEN部(カーニバル課)で楽しく完走を目指します。
[PR]
by imusam928 | 2007-10-11 23:05
d0036951_0113944.jpg ついにこの日が来た。といっても、自分では調べていたわけではなく、友人(巨人ファン)が、「甥っ子(ヤクルトファン)は朝からならんでるよ?いいの?」と連絡してきた。神宮で最後のユニフォーム姿を見たいというのが正しいファンだろうけど、どうしても寂しい気持ちが強くなってしまうわたしは、とても最後の日を見届けるなんていう気にならなかった。見届けるなんて言葉を使うのも嫌だったんだろう。でも、みないようにしてたテレビですら、ちらっとこんなシーンを目の当たりにしたら、すごく現実的な気分になった。

 学生時代はアンチ巨人の中日ファンの父が観るテレビ、としてしかプロ野球を気にしなかった。大学野球で足しげく通った神宮球場が本拠地のヤクルトを、社会人になって”アンチ巨人”繋がりで応援するようになったのがきっかけだ。ちょうど90年代後半、調子よく優勝しちゃったり日本一になったりして、応援するのも楽しかった。そんな時にひきつけられたのが古田選手だった。
 地味なイメージの捕手というポジションを「アタマいいやつじゃなきゃダメ」というものに変え、捕球からセカンド走者を差すときの俊敏な動きと鋭い眼光、ここぞというときにも打てる頼りになる男がカッコ悪いわけがない。
 スタジアムを出れば、関西弁での砕けた話し方で、スポーツ番組のインタビューにとどまらず、バラエティでもその話術に引き込まれた。ありきたりのことしか応えられない、またはやけにお笑い思考だったりするほかのプロ野球選手とは違ったんだよね。(もともと西の言葉には弱いけど。)
 近年ではプロ野球選手会長として、12球団体制の維持を求めて初のストライキを苦渋を飲んで実行したり、野村監督以来の選手兼任監督への就任と、そこらの選手じゃ出来ないようなことを次々にこなしてきた。そんな存在感の大きい一人を日本のプロ野球界は失ってしまうのね・・・。今年は成績は振るわず、結果的にはセリーグ最下位に終わったけど、監督専任での残留を求める球団との対立も見え隠れするし、現役選手としては、もう少しがんばれると思うけど、故障の身体もあって潔く今、と考えたことだと思う。
 とはいえ、今回の結果は今の彼には必要な”休息時間”の気がする。今までの重責からはなれて1年ゆったりして欲しい。さよならセレモニーでの最後の台詞「また会いましょう」はすぐやってくるはず。神宮で待ってる!!
(このあと、かねてから夢だった世界旅行へ行く・・・って本当なのか!?中田みたい・・・)
[PR]
by imusam928 | 2007-10-08 23:02
 3連休前にパソコンの調子が悪くてネットが繋がらなくなった。どうも、東京マラソンの結果が発表になってるらしい、のは感じたけど見えない!!と、今日ようやく復活してメールチェックしてがっくりでした。あちこちで走る仲間たちのガッツポーズとうなだれた様子が見えてくる。

 でも、今の私は、正直に言うとちょっとだけホッとした。去年は初フルマラソンとしてターゲットにして、何の根拠もないけど当たりそうな予感がしていたのにハズレ、ボランテイアまでだめで運ないなあと思った。まあ、その結果いきおいでホノルルに行って楽しめたからいいのだ。
 走る女子ブームどころか、ランニング・マラソンが一般的に楽しまれるようになって、5倍以上の倍率といわれる今回の東京マラソン。去年の雨の中で応援したランナーの「楽しかった!」という笑顔からも、次は走ってみたいと思った。でも・・・。
 今年はあと1ヵ月後にNYでフルマラソンが控えてる。数日前に30㎞練習に臨んだけどぜんぜん体力が持たなくて、フラフラになって愕然としていたところ。あと10㎞?の現実感。練習不足の結果なんだけど。この前のハーフマラソンでベストを更新したとはいえ、その倍の距離というのが現実的になって目の前にドドーンと立ちはだかっている。でも、もうあと1ヶ月ないの、これも事実。思うように走る時間はとれないし、無理やり時間をとると、ほかの事にひずみはでてくるし。でも走らないとダメだし、無理するとぐったりしちゃうし。減量とかいいつつ、やっぱりスタミナつけなきゃダメ?こんなジレンマと、体調と気分の浮き沈みだけでも自分でコントロールするのがいっぱいいっぱいな感じになってきた。もうこれはナントカブルーのひとつなのはわかっている。
 今は、11月なんとか笑って走って帰ってきて、次のことを考えたい、という気持ちなのかも。それでやっと「東京はずれてた、悔しい~!」って言うのかな?(その頃の追加当選だと嬉しい!?)

 でも、ちゃんとボランティア申し込みはしよう。こっちもハズレの可能性はありますが・・・!?もちろん外れてもしっかり応援はしますよ!!
[PR]
by imusam928 | 2007-10-08 21:33 | スポーツ