のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0036951_0364158.jpg水曜の夜、珍しく雨にも降られず蒸し暑い。そんな夜には~って歌いだしてる、気分はすっかり80年代へ。
なんと80年デビューしたシャネルズ→ラッツ&スター+ゴスペラーズ=ゴスペラッツ、という不思議な期間限定ユニットのコンサートへ行ってきた。そんなユニットを知ってる人たちはどれくらいいるのか。(少なくとも私の職場のまわりは知らなかった・・・)。私もさそわれて行った口ではあるが、サブにSOUL POWER TOKYO SUMMIT 2006などという大掛かりなタイトルまでついていた。ゴスペラッツを目玉に、他に4アーティストが登場で、のべ3時間半におよぶお祭だった。
シャネルズを見てたのは小学生~中学生くらい?ベースボーカルの「ボンボンボンボンぼーぼぼぼぼぼぼ・・・」ってまねたり、イベントがあると顔黒く塗ってサングラスすれば簡単物まねだったなー。歌番組とかCMなんかでのキャッチーなヒット曲は、なぜかしっかり歌詞が頭に入っていて、ちゃんと歌えちゃうんだよなー!?なぜ?「ランナウェイ」フルコーラスいけるヮ。
d0036951_0403839.jpgゴスペラッツはいちおうちゃんとアルバムも出していて、カバーからボケから入ってて、短いけどあななつかし、という感じだった。ステージではアルバムに入ってなくても当時のヒットソングメドレーをやってくれて、ファンにはたまらないだろう。
ゴスペラーズも1時間くらいしっかりステージがあって、ぜんぜん曲を知らない私はファンウォッチング。見える範囲にいた激しい(目障り?)アピールの女性たちから、そんなイメージのアーチストにみえないのが面白かった。けっこうアイドル!?
余談だけど、自分はわりとどんなアーチストやジャンルでも気に入れば聞くけど、最近は”声(歌声”の好き嫌いなのかな、と思う。なにかがダメ、でメロディとか口ずさむけどイヤ。たとえばこのボーカルグループのメインの人、がそうだったようだ。生で聞くとはっきりした。ファンの皆さんには失礼。でも人の好みだから。
幸い(笑)ゴスペラッツに加わったメンバーの村上・酒井は大丈夫。鈴木”マーチン”雅之は言うこと無しの声とウィットにとんだそして熱いメッセージ。そしてボーボボボの佐藤さんの生声をここで聞けるとは!!私たちよりちょっと年代が上の多くのファンの皆さんも感無量だろう。おおお~ぅぅ!!!とオヤジの雄叫びがひびいたものである。(とうぜんファンの年齢層は高し。)
知らなかったけど、ゴスペラーズってその佐藤さんがラッツ解散後に発掘したボーカルグループなんだそうだ。そんな関係で、昨年あるイベントで顔黒塗りしてシャネルズやラッツ&スターの曲をカバーしたのがうけて、今年再結成したらしい。ゴスペラーズのメンバーにとっては憧れとかでは片付けられない存在のラッツ&スター。その人たちに混じって一緒にグループとしてステージに立てることの感激を語る姿がよかった。そしてそんな彼らに、解散して20年たった今、こんな形で再び歌うことができて感謝してる、と返す鈴木雅之。ほんと、客席でみててもほほえましい、うらやましい関係だよ。またいつかこういうことが絶対できる、また見れる、と思うと嬉しい。続いていくというのもいいことだよね。

今年は秋に米米クラブが再結成。ビリー・ジョエルにマドンナ来日!!と、いやでも80年代にもどっていくわたしのプレイリスト。80’s健在!!
[PR]
by imusam928 | 2006-07-31 00:02 | 音楽
d0036951_174446.jpg

土曜日、今週は2回目の代々木体育館。
オープニングが終わって、2曲目のイントロ・・・のときに
「夏の終わりの土曜日、僕を選んでくれてありがとう」
と曲にあわせて歌うと観客は大歓声!!そうだよ、この土曜日は花火大会やらいろんな夏イベントが目白押し。しかしここに集った客も久保田で夏の始まり、というところ。
d0036951_23544230.jpgなんと今年でデビュー20周年の記念ツアーだった。20年前・・・あらためて言われるとずっしりと月日の重みを感じる。そういえば観客の年齢層も高し(笑)。けっこうお父さんとお母さん、という雰囲気も目立つ。まあ自分の年齢を思えば当然か。
自分自身は熱狂的なファンというほどでもないけど、10代の私にとって、あのころ日本人アーチストで彼のようなタイプはいなかったから、自作の曲やソウルフルな歌い方が強烈でよく聞いていた。当時で言うと”ファンキー”とか”グルーヴ”とかって言うことばも彼から覚えた気がする。ラジオっ子だったからなんとなく聞いてはいたけど、ソウルとかファンクとか自分の好きな曲のジャンルというの知ったのも彼の影響かも。
90年代にNYでの活動をはじめ、すっかりバンドもインターナショナルで、『ソウルトレイン』に夢がかなって出演したときの歌を披露したときは、すっかりToshi KUBOTAだった。
そういえば、いまやってる映画『日本沈没』の挿入歌を韓国人歌手のソンミと熱唱したときはまた違う日本を飛び出した久保田の存在がよくわかった。このソンミはまたなまで聞くと迫力満点の歌唱力!どうなっていくかたのしみなアーチスト!
それでもファンサービスはしっかりと。20年間の懐かしい曲をたくさん盛り込んでくれている。
「Missing」「クライ・オン・ユア・スマイル」などバラードの名曲はこなれた大人のアレンジだったけど、10年以上前の新鮮な感動も蘇る。もちろんノリのいい「タイムシャワーに討たれて」とか「ラ・ラ・ラ・ラブソング」など、彼の独特の世界にあっというまにひきこまれていくのだ。われらはうかれまくりのカラオケ大会でもある。
ある音楽サイトにあった久保田へのコメントをみて、今回のステージの観客のリアクションでまさにそうだと思い知らされた。20年前、いまの日本の音楽界が想像できようか・・・。
”彼の楽曲は一貫して、本場のR&Bを日本人好みのマイルド・テイストに料理している。それによって、ブラック・ミュージックを一般リスナー層にまで浸透させた功績は誰もが認めるところだろう。 ”
アンコールでのお決まりダンスタイム(*)も、20年前から続けてる。邪道な振りつけかもしれないけど、音楽にあわせて身体を動かすことの楽しさ、そこからナチュラルに音にあわせて体が動いてしまうようになっちゃった人も多いだろうな。自ら大ファンと語る99の岡村が客席からステージに呼ばれ、まさにテンションはじけて幕を閉じた夜だった・・・。
ライブの前にランニングはしてはいけない、と教訓も得た。
(*会場を3つに分けてオリジナル振り付けで観客がいっせいに踊るダンス合戦。自分以外の2エリアの大観衆がいっせいに踊る様子は圧巻。はずかしい、とこれに躊躇しているとライブの感激は半減かも(笑))
[PR]
by imusam928 | 2006-07-30 22:07 | 音楽
今月は全然予定がたたず、久しぶりに昼間の皇居へ。薄曇でちょうどよいと思って行ったけど、15時過ぎにはなぜか快晴で今年初めて蝉の声を聞いた。皇居周辺で季節の移り変わりを感じる…。
気温の高さにいやな予感はしたけど、ゆっくり走り出した。最初は半月位のブランクだけど大丈夫そう、思ったほど汗かいてないし。…がしかし竹橋あたりで気付いた。顔や腕の汗は揮発していたらしい。ウエアはびっしょり!水飲まなくては!ゆるい坂道がだんだん辛い。すっかりバテた。1周で脱水です。熱射病?いつも通り手ぶらのため、トイレの水道の水があって助かった。2周の桜田門で赤信号。しばらく落ち着いてから坂をゆっくりゆっくり走り出したがたぶん歩いてた感じ。やはりマシンで走るのとは違うよ。久しぶりのせいもあるけど、夕方の予定もあるし大事になる前に終了。
(ホントはもっと体力温存すべきだったけど。)
夏は外走るの厳しい!水を持ってはしるしかないか。ペット3本をいれた袋ぶら下げて走る人を見たけどそれくらい必要かも。
[PR]
by imusam928 | 2006-07-29 22:06

黄色だった♪

d0036951_0265981.jpgスイカ、丸ごとの状態で自分のものになってるのが、なんだか浮かれてくる。案外大きいじゃないか?ちょっと夏モードになってきていざ食べることにする。
包丁を当ててちょっと力を入れたらパシャア!と真っ二つに裂けた。これは美味しく熟している証拠だよ。子供の頃におばあちゃんにスイカを選んで切ってもらったときそういわれた気がする。それにおどろいたのはまっ黄色だったこと!!赤いスイカと疑わずに包丁当てたのでビックリした。でもなんだかこれまた嬉しい♪
d0036951_0271846.jpgここ数年は夏にスイカ、が気にいってもりもり食べている私。食欲なくても水を飲むようにスイカって食べられる。ザクザクと切り出して、大きいタッパにカットフルーツ状態にして、麦茶を飲むように冷蔵庫を開けてはスイカを一切れ。明日から週末はこうなる予定!・・・でも冷静に考えると一人で巨大スイカ一玉!?実はスイカ好きのおじは、毎日食べ続けて血糖値があがってしまい、医者にしばらくスイカ断ちを言われてショックだったというエピソードを思い出した。2分の1をくりぬいてフルーツポンチとかやりたいのは山々だが、ザクギリスイカのタッパごと明日は職場に持っていって消化を支援してもらうことにした。でもまだまだ食べではあるで!(嬉しい♪)
[PR]
by imusam928 | 2006-07-27 22:17 | 食道楽

夏が届いた

d0036951_2334865.jpg親戚の叔父の畑のものが送られてきた~!なんだかスイカ丸ごとって、久しぶりだ。黄色いのはキナウリ(スーパーではみない?)、白いのは大きいけどプリンスメロン、ナスも大きい米ナス。スイカの大きさがわからないな。
関東はまだ梅雨あけないけど、夏野菜やくだものでちょっと気分はもりあがる!
[PR]
by imusam928 | 2006-07-26 23:34

青空がみたい

d0036951_023852.jpgずっと曇りか雨の毎日で、蒸し暑かったり肌寒かったり。ベランダのハイビスカスも私も青空を見たいと思うこのごろ・・・。
先週の白山登山の翌日から、脚全体がすごい筋肉痛で、帰り道の電車の乗り降りからロボットのようになってた。通勤にも階段上り下りはつき物だし、はっきりいって火曜水曜あたりは段差はなくても普通に歩くのでさえ厳しかった。腿前と膝下全体がパンパンにむくんだような感じで毎晩のマッサージするのも苦しいし、効果はみえず。たまたま外出の多かった今週はダブルできつかった!
ようやく金曜には気にならなくなり、今日はやっとスタジオで汗を流せるほどの動きに復活。よかった。たしかに約2年振りとはいえ、こんな風になったのは初めてだった。山にいるときはよかったのに翌日からロボット歩き・・・下山して泊まった宿でホッとしてのんだ日本酒のせいかとも考えた。歳のせいか。
「まだ翌日に出るだけいいよ」とヘンななぐさめも喜べないロボコンな日々だった。週1でも走っているから、と思っていたけど使う筋肉がこれだけ違う、ということを体感!まだまだ使ってない筋力強化しなくては!?
[PR]
by imusam928 | 2006-07-23 23:23
d0036951_02297.jpg温帯低気圧の影響でずっと雨。今朝、頑張って山頂まで行きました。 標高2701mからのパノラマ…何も見えません、もちろん。そのあとの下山はほとんど沢下り状態で、久しぶりに自然の恐ろしさを体感。

d0036951_0305177.jpg補足:最初はGORE-TEXって考えた人すごいよ、っとまるで防水耐久テスターになった気分で雨に打たれ流れる水を歩く(その雨具と靴を身につけてた)。雨具と靴はしっかりしたものを、とはよく言ったものだ。もちろん完全防水なんてありえないのだが、こういう素材がなかった時代はつま先までぬれて、気温がさがったとたんに・・・と考えると感慨深い。
昼過ぎに無事下山したけど地元のバスが大雨による規制で待合所は人の山。やっと北バスや宿に向かう車窓から見える川を見て驚く。山の上でも滝のようになっていたけど、麓にきて濁流が泥色でうねる様子が、今にもアスファルトの道路を打ち壊しそうで気分が悪くなるほどだった。工事現場に車1台分ほどの幅の岩が崩れて落ちていたのも目撃。道路だったら??テレビの映像で見ているのと、目の前で見るのはまず雨の音による体感恐怖がちがうかもしれない。記録的な大雨ということだったけど、降雨量200mmというより、あの水の色と音が忘れられない。日本海にまで流れているこの水が海水を黄色くしていたのは今日のこと。大きな事故がありませんように。
[PR]
by imusam928 | 2006-07-16 20:58

霊峰白山への道

d0036951_2039163.jpg
昨日登りの1970m付近でまだこんな雪渓が!雨で滑ってしまいそうで緊張する歩み。


d0036951_0521191.jpg補足:今年は雪が多かった北陸地方、この石川県白山周辺もまだまだ雪渓がのこる登山道が多いらしい。まわりは霧で幻想的だけど目の前にすると恐ろしい。これより上に爽やかなお花畑があったりして、日の当たり方による違いで別世界。悪天候でなければ山頂付近は色とりどりの高山植物の宝庫なんだそうだ。
d0036951_0463674.jpg
白山のシンボル”黒百合”。こんなに間近に見たの初めてでうれしい。花はほんの3~4cm、高さも15cmほどのもの。
[PR]
by imusam928 | 2006-07-16 20:39

高地トレーニング?へ

d0036951_22444392.jpg

夜行バスで出発~。
[PR]
by imusam928 | 2006-07-14 22:44
終わってしまったサッカーワールドカップ。
深夜早朝のゲームはまともに観戦できなくて、それでも見ようとして中途半端な寝不足・・・、も今朝が最後。今朝も結局最初からは起きられず、すでに1-1。まさかPK戦になるとは!
でも最後に優勝が決まって喜びを爆発させるイタリア選手の様子をみてて、ああ、お祭のクライマックスだなあ、とうらやましくなってしまう。イタリア・フランスは8月のバカンスシーズンをフライングしてすでに仕事にならない人も多いらしいけど、このまま長期バカンス?それもうらやましい!
個人的にはジダンに最後に花を持たせてみたかったけど、これもまた勝負の世界。退場だからかメダル表彰式の場にいなかったのは悲しかったけど。
これからまた各国のサッカーリーグが盛り上がるかな。かなり世代交代が色濃く見えた大会だったので、次の2010年南アフリカ大会はがらっとスター選手が変わっていそう。
日本のJリーグ、盛り上がるといいですが。プロ野球もね・・・先日巨人戦のテレビ視聴率5%以下だったようで、フジテレビは来月のテレビ中継辞めたというニュースも聞きました・・・盛り下がる日本スポーツ界!?
[PR]
by imusam928 | 2006-07-10 07:02 | スポーツ