のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:花:自然( 21 )

今年はサクラが長持ちしたね~って、よくそんな会話をした。
近所では3月20日ごろからほころんでそのあと少し冷え込んだので開花はゆっくり進み、4月になって気温が上がってみるみる満開。そのあと雨が降らなかったからかなかなか散らなかった。近くの中学は7日が入学式で青空+桜という組み合わせで、絵になるピカピカの1年生!だった。
だけど今年は花見(宴)をしなかった。千葉での恒例の花見はリーダー格人物が異動で忙しく計画倒れ、他にも日程合わず流れた。でもまあ毎日通勤の道の桜で朝と夜と堪能したけど。

それでもうちのベランダでは色とりどりの花見ができた。
春の草花は秋冬から育てるわけだけど、芽が出て葉っぱが出てからが長い・・・。本当に花が咲くの!?と思いながら水遣りを続けたもんだ。
ところが桜とおなじように、気温の上昇とともに球根花は葉っぱの間からちゃんと花芽が育ち、数日でビックリするほどに成長した。ちゃんとわかるの。植物ってすごい、と実感する瞬間。
d0036951_1494095.jpg母の育てるフリージアの球根を毎年もらって育ててる。学生時代からなじんだ”春の色と香り”だ。
ずっと葉っぱの状態で、友人からは「これなに?ニラ!?」と聞かれたこともある・・・。

しかし3月お彼岸頃にはつぼみがふくらみ、桜の満開にあわせて今年も咲きました。
「ニラ」の間から花が咲くんだモンなあ、不思議!
だけどお天気の日のこの黄色、ワタシにとっての春の色のひとつ。
d0036951_1502438.jpg週末に少しずつカットして、お部屋の中に活ける。市販のものみたいに丈もないし、茎も曲がって細いけど、小さなガラス瓶などで充分ステキ。柚子胡椒の空き瓶も活躍。

部屋のどこからともなくほんのり香る。朝、寝ぼけてる頭に心地いい。

だけど葉桜になるのと同じようにこの花も終わり。先週末には全て花部分は刈り込んだ。
そして来年の球根のために追肥して自然に枯れるまで水遣りは続く。(師匠の母に言われるがままの作業)
d0036951_1505714.jpg少し遅れてチューリップは4月の最初の週につぼみが出た!
←育ち放題の葉っぱの時期が長くて心配だったけど、キター!と言う感じ。
チューリップは水のみだという母の教えで、すでに20度を超える毎日に朝と夜に水をたっぷりやる。

 

d0036951_1512412.jpg1週間たってぷっくり大きな花に成長。6個の球根から6個以上のつぼみがついててちょっとラッキー?時間差で長く楽しめる。
これは買った時に、ピンクだったかオレンジだったか忘れちゃったけど、何色?日中に開くと内側が濃いオレンジ、外側からは薄いピンク色。昼間開いて夜にはまた卵型に閉じる。
とにかく立派に大きな花が咲いて嬉しい。去年は何が原因かわからないけど、ちゃんと咲かなかったため、なおさらだ。ありがたや~
チューリップはまた翌年咲かすのは難しいので、1年ものと思って切らずに楽しむ予定。切花よりもかなり長く咲いていると思う。
d0036951_1521992.jpg反対に、何もしないでほったらかしで、健気に毎年咲いてくれるのはムスカリ。これも大好きな花のひとつ。その愛情が伝わるのか、子沢山で増えすぎる球根を庭持ちの人に分けたりした。そのうちでもわんさか育って増えてるだろうか。
この様子はも先週のものですでに満開。だから週末に全て花は切り取った。このまま葉っぱが自然に枯れるまで、水遣りは忘れちゃいけない。それだけでまた来年咲くというハングリーさ、ずぼらな主人に応えてくれてるのがカワイイ。

パンジーやビオラも3月からずっとずーっと咲き続けているけれど、そろそろ終わりかなと感じる。枝が伸びきってきたり花が小さくなったり。たかが100円の一株からいくつ咲いたんだろうなあ、すごい数だよきっと。
ベランダが華やかな春この時期は家でもお花見気分。朝や週末が私にとって癒しの時間になる。
でもGWには春の花は終わり、次は初夏の花が店頭をにぎわせる。でも今年の夏は野菜にシフトしちゃうかも!食い気優勢!?
[PR]
by imusam928 | 2009-04-15 22:43 | 花:自然

スナップエンドウ初収穫

d0036951_15134859.jpg昨日、豆のサラダを食べながら思い出して、ちょっと期待してたこと。
朝おきて、ベランダを見たら、スナップエンドウがいい具合にぷりぷりになっているではないか・・・!
これも数日前は、サヤエンドウのようにぺったんこだったのに、ぷっくりしましたよ。
すごいなあ、感動。
なんだか可哀想だけど、平日は時間がなくて下手すりゃ食べごろを逃すかも? d0036951_15143899.jpgそりゃ食べないわけにいかないと、プチプチと収穫。
好きな野菜なので、たいていは冷蔵庫にある。うちのと市販のものと並べてみる。
大きさは負けているけど、取りたての瑞々しさは叶わない。
色がちがう。
そして取ったときの表面は独特のつや消しなんだけど、指で摘んで触れたところがピカピカになる手触りも。

d0036951_15173081.jpgとりあえずそのまま食べようと思って、ただ塩ゆでしただけ。
写真ではわかりにくいけど、ゆでたら緑の発色がすごい。
そして味はもう明らかに勝利。甘いし豆のいい香りがするもの。
まだ花も咲いているし小さい鞘がいくつもあるので、しばらくは自家製スナップエンドウが食べられる!楽しみ。
[PR]
by imusam928 | 2009-04-12 14:03 | 花:自然

収穫。

d0036951_13243865.jpg

数日前の強風でバタバタ折れてしまったので刈り取り。しかし飾る場所がない。
そこらじゅうにフリージアがあるというのも、ひととき春の贅沢か。
d0036951_16888.jpg

[PR]
by imusam928 | 2008-04-12 13:24 | 花:自然

2008のサクラ①

d0036951_0424360.jpg3月22日の開花宣言から1週間で都内は満開。
29日の土曜日うす曇の空、花見ラン決行。(結局混んでてぜーんぜん走っていないけど・・・)

 午後、いつもの半蔵門スタート。
国立劇場前のさくら祭り。
駿河桜(白)とユキヤナギで豪華な噴水のよう。

d0036951_0485850.jpg神代桜(ピンク)は桜色ってこういうのかな、と染井吉野にはない華やかさ。
ほかにも花の小さい小松乙女など、ここはサクラの種類がたくさんある。

d0036951_0494897.jpg少しすすんで、英国大使館の通りもサクラのアーチ。ここは染井吉野。

d0036951_0512191.jpg三番町の信号前の公園には紅枝垂れサクラがあったけど、まだ三分咲き程度。
そのかわりモクレンとクレマチス?の方が迫力があってみんなそっちにカメラを向けていた。

d0036951_056143.jpg千鳥が淵は避けてその裏を走って靖国通りへ。このあたりはほとんど走れない、けど走っている人の姿もちらほら。人も車も渋滞していた。旗を持ったガイドツアーもやってくる名所なのでもうあきらめるしかない。みんな桜が見たくて来ているんだから。

d0036951_0581293.jpg靖国通りを右折して法政大学前に出る。
中央線沿いの外濠公園に溢れる染井吉野。車窓もこの時期はいいですなあ。
線路を越えて、東京マラソンで走った外堀通り沿いのサクラもいいかんじだった。

d0036951_0592262.jpgおや?ここって入っちゃダメじゃないかというところまで人がいる。でも注意されないからいいのかな。菜の花らしき黄色と桜のピンクが春らしい。堀に落ちたりしなきゃいいのよね。ここならばちょっと走れるかな、と外堀通りを市ヶ谷・四ツ谷と進む。でも桜を見たい人たちはたくさんいるのだ。細い歩道には多くの散策人がいてかわしながら走る。ちょっとのジョグでやっとうっすら汗をかく。
d0036951_122588.jpg市ヶ谷駅前の名所・釣堀。満席だ。のんびりしてるなあ~釣れなくても気持ちよさそうだ。
ここってベスポジかも?

d0036951_161675.jpg四ツ谷からソフィア通りを抜けて、外苑の方へ抜けるつもりが道を間違えて、赤坂の方にでた。プリンス前の染井吉野もまだこれから大丈夫だな。

d0036951_19725.jpg真っ直ぐ皇居へ戻ろうと思ったけど、国会議事堂から桜田門へ。週末で人の気配のない永田町だけど、国会前の公園にはソメイじゃない種類の桜がけっこうあった。時間切れで閉門時間で追い出されたけど、改築中できれいな公園に生まれ変わりそうだったので来年またチェック。

d0036951_11358100.jpg桜田門駅で、皇居の内掘ランコースへ出る。ここもすごい人でびっくり。
千鳥が淵から流れてくるひとなのか、皇居一周なのか・・・。
走っている人もけっこういて歩いている人もお互いが邪魔だな、って表情になっているのがちょっと辛い。スピードランナーのグループは車道を走ってた。

d0036951_129596.jpgいつものコースもすっかり春模様で気持ちよさそうだけど、私はこれでは思うように走れなさそうなのでこの日は1周はあきらめた。次の日曜日もまたこのあたりを歩く予定だったので、銭湯へ戻って終了。 午前中に来たら、明るいし人も少なくてよかったんだろうな・・・。
[PR]
by imusam928 | 2008-04-02 01:33 | 花:自然

真夜中のガーデニング

d0036951_23561216.jpg 虫が知らせたのだろうか。日の暮れたベランダでいやな気配を感じ、日陰に放置していた包みを開けたら・・・な、なんと球根たちがキュウキュウになって芽どころか根もだしていた。明るいところではむごくて見られない状態。これはいかんということで、救急処置にとりかかる。
真夏にほったらかしたプランターや植木鉢を掘り返し、土再生剤を混ぜ入れ、肥料を振り、バランスを考えて球根を植えつけた。と、書けばそれだけなんだけど、とっぷり暮れた夜空の元、キャンドルの灯をともして作業した。外から見たら相当怪しいぞ。サッサとやってるつもりでも、あっというまに真夜中だった。弱火にしてたのに鍋も焦がした。なにやってるんだまったく。
 こんどやろう、がぐずぐずしているからこんなことになる。
 
 品種の増えたチューリップはつい買ってしまうし、母の育てたフリージア、丈夫で増え続けるムスカリという具合に秋植球根が手元にあったけど、「次の週に」でほったらかしていた。球根も生きているということを思い知らされた。
 さあ、明日からは「水遣りを忘れない」という重大ななミッションが待っている。球根花は冬の寒さに当てないとだめだけど、その間にも水遣りを怠ると花を咲かせないのだ。半年後にはうららかな日差しとともにまぶしい花を咲かせてくれることを夢見て、朝のおつとめだ。

 しかし、数時間しゃがみこんで土と格闘していただけなのに・・・首肩背中腰の辛さは何!?ピキピキ音が鳴りそう。ランニングのときの脚の疲れとは比べものにならない痛みが即出ている、ってことは明日の朝は!?(涙)
[PR]
by imusam928 | 2007-10-14 23:56 | 花:自然

春は桜だけじゃなく

 すっかり桜(ソメイヨシノ)が満開。
 しかしせっかくの土曜日だけどうす曇で肌寒い。地元の公園で場所取りしてお花見する計画も流れてしまった。昨年は都内で桜の名所を廻ったおかげか、あまり自分では今年はそわそわしていない気もする。近所の緑道で毎日通勤でお花見している。
d0036951_124379.jpg 我が家のベランダも、毎年懲りずに春だけは・・・と秋から球根を植えたり花苗を購入したりしている。
 今年は暖冬で農作物の成長もおかしくなっているらしいが、ベランダガーデンもその影響なのか、例年どうりにはいかないようだった。球根類が半分くらいしか花をつけていない。チューリップは全然背丈が伸びずに無理やり花を咲かせているようなものもある。のびのび出来ず、小さくて苦しそう。プランタに植えたピンクは1つも咲かない・・・。
d0036951_12121638.jpg 球根花は秋に植え、寒い冬のあいだ地中でじっと我慢してて、春になって芽を出して元気に花を咲かせるそうだが、その寒さを耐える時間が少なかったからなのだろうか?
 春の気配になってしまった2月くらいにはひょろひょろとした芽がでてたけど、葉ばかり。急に温かくなった日、帰宅したら各鉢が異常に成長してたときには驚いた。こんな気候の気まぐれさが花芽をだめにしたのか?・・・単に主の私が球根時代に水やりを怠っていたからかもしれないが。
 ムスカリは植えっぱなしでよいというので数年放置。線は細くなったけどいっぱい花が出てきたのがうれしい。名前はしらなかったけど、小さいころから気になる花だったので、毎年咲いて欲しい。ほぼ、ほったらかしでもいいというのが、ずぼらな私には頼もしいのだ。
d0036951_12125142.jpg
 しかし・・・。今朝、肌寒いベランダではけっこう春のカラフルな花たち。ばらばら適当にある鉢植えをちょっと寄せてみると、あら。いろいろ咲いていて、いい感じではあるぞ(笑)。

 気合いれなくてもそれなりに春の気分を楽しませてもらえるのだ。こんなことしている自分・・・小さいころ、団地暮らしでもベランダでたくさんの花を育ててた母をみて育った影響なのかなと思う。そして、疲れた生活に花1つで気持ちが和らぐことを何度も経験して、身近に花、を求めているんだろうなあ。ホント、毎朝ありがと、なの。
[PR]
by imusam928 | 2007-03-31 10:33 | 花:自然

宴と宴のあと

d0036951_044637.jpgちょうど1週間前の週末は、狂乱の花見デーに都内を飛び回った。おかげでニュースの花見客の何万人かの一人になってしまっていた。
千鳥が淵の渋滞のお花見からちょっと見上げた対岸にも、ちらほらと人の気配が見え邸他のがきになっていたが、「北の丸公園」だったということがわかった。こじんまりとしているがちょっと歩くと深く生い茂った木々に埋もれた小さな渓谷のような雰囲気。うっすらと新芽の光る小枝が木漏れ日に輝いて、四阿(あづまや)なんかもあったりして、マイナスイオンたっぷりポイントではないか。

d0036951_0445583.jpgd0036951_0465384.jpg
サクラのほうは・・・皇居ととおくに東京タワーもみえているが花はさすがに終わりにちかい。風が吹くと花びらは舞い上がり、水面にもたくさんの花びらが浮いている。ちょうど千鳥が淵遊歩道を見下ろす位置にたつことができて、先週だったらまた違う視点で楽しめたに違いない。これから葉桜になっても緑茂った都会のオアシスは貴重な存在だと思うし、ちょっとした穴場ではないだろうか?
d0036951_045545.jpg武道館前に出ると大勢の人の波。日常に戻る。剣道大会だったようだ。ソメイヨシノじゃないけど白くてきれいなサクラ(の一種だろう)が満開。
九段下に向かう夕日と見納めのサクラ並木。d0036951_0471737.jpg


ちなみに、宴は
[PR]
by imusam928 | 2006-04-11 00:23 | 花:自然

週末のベランダ

d0036951_281596.jpgあちこちでチューリップ便り。でもまだ我が家のベランダのチューリップは青々とした葉っぱと小さな蕾みだけなんだ・・・。

d0036951_284475.jpg かわりに気がつけばムスカリがいっせいに咲いていてブルーが日に当たると鮮やかでカワイイ♪
この子達は2~3年前から増え続けている我が家育ちのいわゆる2世球根なので、こんなに今年も咲いてくれるなんて思ったら、なおさらカワイイぞ♪

d0036951_29722.jpgそして、ちいさなグリーンサラダ専用プランタ(→)も、もりもり育ってるではないか。ルッコラの種をまき、「サラダセット」と名前があった苗(ルッコラ、サンチュ、ミズナ)とレタスの苗を植え、あとは調理につかったセリの根っこや浅葱の根っこを植えてみたりしたら立派にミドリの葉っぱが!!d0036951_293289.jpgさっそく朝食にこんな感じでもりもりといただいた。(プチトマトは市販)野菜取れたては味が濃い。
[PR]
by imusam928 | 2006-04-09 08:23 | 花:自然
4月1日(土)はニュースでも前日から盛んに花見日和の週末といわれてた。恒例のお花見が今年は計画できなかったので有志で都内のお花見ツアーを決行。日曜は雨だというし、来週ジャ遅い。じゃあ都内在住でもなかなか行かないので、こういうときこそ、と思って。しかし、そう思った人たちは我々だけではない、というどこへ行っても人・人・人でした。桜と人間を堪能!(笑)

コースは飯田橋駅集合→小石川後楽園(入場料300円)→九段下の千鳥が淵→靖国神社→市ヶ谷までの外濠公園→(市ヶ谷~千駄ヶ谷)→新宿御苑(入場料200円)→新宿解散。

小石川後楽園は最初小石川植物園と勘違いしていた場所。
d0036951_13314361.jpg水戸光圀によって完成された回遊式庭園。ビルの裏手に突然ある瓦屋根の外塀に囲まれてる日本庭園で、朝一番にいったせいもあるけどとても静かで落ち着けた。見渡すと借景に東京ドームやらビル群が見えてしまうけど、ちっちゃなオアシスというところか。(ドームの屋根は空に同調)
サクラは入り口すぐの枝垂桜が名物のようだけど、もう少し散りかけて見ごろは過ぎていた。かわりにソメイヨシノが満開。池の水面に周りの緑とともに写るのもとても美しかった。
梅林に藤棚や菖蒲園、蓮池と四季折々の花が楽しめそうだし、ちいさな滝も何箇所かある紅葉の名所でもある庭園はまたつぎにゆっくり訪れてみたい。

d0036951_13323356.jpgd0036951_13325526.jpg
[PR]
by imusam928 | 2006-04-02 13:35 | 花:自然

御苑は人に酔います

d0036951_1356682.jpg桜ツアーの〆は新宿御苑。実ははじめて訪れたのだが・・・。
想像以上に広く、樹木も充実してて、日本庭園だけでなくフランス式・イギリス式庭園などのいろんな庭園要素が整えられた立派な公園なのに驚いた。都内にこんな広い場所があったのか。国の管理の下の公園というだけ、手がかかってる感じがする。
d0036951_1515544.jpgしかし。
これでいいのか環境省!私はかなり気分を害して、怒りすら覚えて早々に出てきた。
広い園内の通路を歩くのは当然混雑してると思うけど、芝生の広場という広場に密集するように腰をおろす人たちのすごいこと!野外コンサートに行ったことがあるけどまさに開演前の状態。よく入場制限でなかったね、と話したくらい、見渡す限り人間の黒い頭。トイレも仮設がもうけられていたけどどこも数百メートルの行列。
桜の木の下にだって大勢の花見客が座り込んでいる。花の下の宴会は楽しいのはわかるけど、この公園はアルコール禁止のはず。しかしあからさまに飲んでいる人多数。桜の枝を揺すったり、ぶら下がったり。こういうのって外国だと絶対お咎めあるのではないだろうか??
一応用意してきた食べ物をちょこっとすわって食べていても、三脚を抱えたカメラマンは人の前だろうがか芝生の上など、どこでも構わずシャッターを切り、土ぼこりを立てて移動していくのに、ブチ切れてしまう。
そうなると桜を楽しむ気分は台無し。まだこれからという入場門に並ぶ人を横目に退場・・・。
(後日談:4月1日の入場数ははなんと8万人が訪れたそうだけど、そんな自慢してどうする。大人200円の入場料はホクホクかもしれないけど、芝生や樹木が傷んでもともこうもないのでは。)

d0036951_1565626.jpg怒って〆るのもよくない。ちゃんと桜の感想を述べると、御苑はものすごくたくさんの種類の桜の樹がある。だから今はソメイヨシノが満開だけど、場所によっては枝垂れ桜もまだこれから見ごろになりそうだし、ソメイの後にさく八重桜とか、全然きいたことのない桜もまだこれから4月下旬まで楽しめると思う。花も樹も大好きなのだが、この日は10分の1も歩いていないので、また何度もゆっくり訪れたい。桜だけがすばらしいわけじゃないのだから、四季を感じたり、こんな大都会の真ん中にある自然のありがたさをゆっくり味わいたい。
d0036951_1512610.jpgゲンペイモモ。赤・白・ピンクと混じった八重先の桃の花。こういう種類なの?!ちゃんとネームプレーとあるのに、「珍しいサクラねえ~」と言われてた(笑)
[PR]
by imusam928 | 2006-04-01 13:56 | 花:自然