のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:食道楽( 69 )

のんべえじゃないけど、けっこうのんべえだと思われることが多い。相当飲んでそうな雰囲気なんだろうか!?でも今年の夏はうちではご飯のとき缶チューハイか梅酒、焼酎などをグラス1杯必ず飲んでいました。あくまでも1杯。バトンをわたされたfumikoさんにはそれがばれてたのかしら・・・?なので落としかけたバトンですが、拾ってよーく考えてみました。

【1】今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
自宅ではほとんど飲まないのと、冷蔵庫に入れるお酒=ビールは飲みませんので・・・ん、んん?と思って確認したら自分でもビックリした・・・。面倒なの簡略したけど、のんべえと思われそうだがほとんど貰い物とかうちで飲むからといってあまった物。(ホント!)・・・赤ワイン(仏)2、ハーフ3、白ワイン(伊)1、(独)1、ポメリー、モエ、ドンペリ、氷結3、チョーヤの梅酒。

【2】好きな銘柄は?
基本的には食事にあわせて飲むけど、炭酸が苦手なのでビールは最初の1杯のみ。
最近はワインか焼酎。夏だったので冷えた白ワインか焼酎オンザロック。
銘柄というほど気にしてないけど甘すぎずすっきりした白ワインが好き。焼酎はこのところやけに種類が増えてて外で飲むときは必ず知らない銘柄にトライする。芋か麦。
だんだん季節が寒くなってくると赤ワインに焼酎お湯割りに移行していきます。

【3】最近最後に飲んだ店は?
先週、不定期に飲む仲間と久しぶりに銀座へ。1次会の店は飲み放題でそれなりだったけど、ぶらりと見つけて次に入った店、CLUB NYXはよかった。フランス料理とワインの店だそうだけど、私たちが入った時間帯はワインバー。深夜3時までOKというので即効入っちゃった酔っ払いの私たちを、嫌な顔せず、丁寧に接客してくださったスタッフにもとても好感をもちました。店の内装もステキでした。ソムリエも私の好みをつたない表現で言うのを汲み取って予算も含めてお奨めしてくれて、そのワインも美味しかった♪けど名前もちゃんと覚えてない(涙)!HP見たら料理も美味しそうだし次はちゃんと食事とワインを楽しむ時間帯に行ってみたい。

【4】よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
よく飲む、の頻度がほとんど最近希薄なので遠い昔を振り返りつつ・・・。思い出&近況。

(1)若気の至りの日本酒
社会人になってスキーを始めた頃、行く先々での日本酒が楽しみでした。有名な銘柄というよりもご当地のお酒を買ってみんなでよく飲んでいました。大勢で一升瓶を何本も!?その頃のイメージでのんべえと思ってる人もまだいるかも。自分と同じ名前のお酒をいただいたこともありました。その頃は本当に日本酒が美味しいと思ってたけど、今は全然だめです。なんでだろう。歳のせい?

(2)スキーして山頂でのビール
これは菅平でヘリスキーをやったときのこと。ヘリを降りたポイントからちょっと登ると?山の山頂へいけたので板を置いてザクザク歩いて見晴らしのいいポイントで各自持参の缶ビールで乾杯!ブーツで天気の中ちょっと歩いたのでノドが渇いて美味しかった~!!!
あまり好きではないビールも昼間の屋外でちょっと汗かいたときに飲む一口は美味しい。
実はこのとき、私たちが大勢でのヘリスキーやるので地元の情報誌に写真を撮らせて、といわれてたんですが、そのあとみんなトイレに行きたくて、せっかくのヘリスキーのロングコースを楽しむどころか大勢で超特急で下って来たという、いまだに笑い話です。

(3)カンパリ
甘いお酒が苦手。だからカンパリの苦味がとても好き。オレンジの皮のイメージ。赤いオレンジジュースのカンパリオレンジをはじめて飲んだときにホントに好みの味だった。
オレンジリキュールのコアントローとか、オレンジピールが入ってるカクテルとか”オレンジ系”好きだな。

(4) 発泡ワイン
最近スパークリングワインとかシャンパンとか、美味しいと思うようになった。以前は炭酸が苦手だったけど、あのシュワシュワのときの香りがいい。旅先のサンデーブランチでシャンパンサービスがあってステキだった。そのイメージのせいか、オープンのレストランでいただきたい。

(5)2005夏は氷結グアバ~!
ハワイにある紫の缶のグアバジュースが好き!で、限定発売のキリン氷結のグアバ味!?と思って飲んだら、程ほどの好みで夏の間、飲み続けていました。どうしても合成的な味が多いのですけど、グアバはもともとが合成的なままで許せるのかも。シークワーサーもまた発売してほしい。

いや~けっこう呑んでますね。
でも、のんべえというには情けないほど呑めないけど、好きなんですね。
美味しいお食事には美味しいお酒がマッチするとナイス!って思うし。
赤くなったり青くなったりしないで楽しくのめるようになりたいものです。
というわけで、いちど落としたバトン拾って走ってゴールしました・・・。新に渡せそうなのんべえさん、いたら千鳥足でいいから拾ってください。
[PR]
by imusam928 | 2005-09-23 02:57 | 食道楽
d0036951_1851749.jpg


山梨県塩山でたべたその店の名物「アナゴ丼」。
ウナギの蒲焼のようなものを想像していたのでびっくりした。
でも海老も2匹!野菜がイモ・インゲン・南瓜、の天麩羅+アナゴ1匹の天麩羅。天丼の竹とは違うのか!?味付けも濃い江戸前で美味しかった!!ボリューム満天。
本当は山梨と言えば”ほうとう”も食べたかったのだけど・・・。
山梨でアナゴ!?・・・周りは「気にスンナ!」とのこと。了解。
[PR]
by imusam928 | 2005-09-04 18:05 | 食道楽
d0036951_22594950.jpg
”「ディーン&デルーカ」のスーパープレミアムアイスクリーム、 8月16日から都内23区内お近くのファミリーマートで発売中!”
毎朝聴いてるJ-WAVEで視聴者プレゼントをやっていて、ジョンカビラが宣伝しているのが気になってしかたない。当たるわけないのでさっそくファミマに行ってきた。
今日は17日、ちゃんとあったよ~!

・MADAGASCAR VANILLA:インド洋に浮かぶマダガスカル島で見つけたのは、世界でもっとも上質とされるブラックタイプのバニラビーンズです。
・BELGIAN COUVERTURE CHOCOLATE:20世紀初頭から世界中のチョコレートファンをうならせてきた、ベルギー産クーベルチュールをセレクトしました。
・CALIFORNIA STROWBERRY:カリフォルニアの太陽に育てられた大粒のイチゴがゴロゴロ。実の中まで真っ赤に熟すカマロッサ種の果肉感をぜひ。

カップのふたを取ると小さな栞が入っていて、3種類の味の説明が。ジム帰りでお金をちょっとしか持たなかったので、2種類しか買えなかったこと、バニラを落としたことを悔やむ!!ブラックバニラビーンズ大好き。

でもチョコとストロベリーをさっそくいただく♪
ストロベリーは果肉感というほどかたまりには感じなかったけど、どちらかと言えばよくピューレされているので濃いイチゴ感って感じ。私は余り大きなかたまりをザクッと噛む食感が苦手なのでちょうどいいかな。
d0036951_23174160.jpgチョコレートはイチゴの後の一口のせいか、すごくビターで大人の味!!!あの有名チョコ店の高級アイスのような濃厚さで美味しい。
最近はあまり暑いので大好きなアイスに手が出なく、久しぶりに食べたのでまた美味しさ倍増。あっというまに2つ・・・というのを夜間なのでぐっと我慢してスプーンを止めた・・・。明日バニラも買って、トリプルで食べよう!

入っていた栞にはちっちゃいけどNYのD&Dの店内デリの様子と建物の写真が載っていた。知らない人には何てことない栞だろうけど、NYのD&Dを知ってる人はこのちっちゃい写真がうれしいんだよな。そういう点では東京に3店舗できて、流通商品のアイス・・・嬉しいようなちょっと残念なような複雑さもある。
[PR]
by imusam928 | 2005-08-17 22:56 | 食道楽

夏野菜

暑くなってくると夏野菜が主食になる。今夜も冷奴・・・のつもりが猛烈に野菜が食べたくなって、ざくざく盛ってたら違うメニューに(笑)
d0036951_234835.jpg
まえにMさんが地物の野菜が美味しい!って話していた。
すごく野菜が好きな自分としては、たしかに今のスーパーで売っている野菜は昔食べた味とちがっていて美味しくない。
小学生くらいの頃は自宅の庭でも夏にはキュウリ・トマト・なす・とうもろこしといった夏野菜は作っていたので、本当の「もぎたて」の味を知ってるからたぶん感じるんだろう。職場ではそういう体験ない人もいて、気にしたことないとか。信じられない。

でも産直で手に入れるなんて簡単ではないのが現実!
だからMさんのように安くて美味しい野菜が味わえなくても・・・と、ひごろ”信州産直の店”を覗いている。(自分の中では”田中康夫の店”としている)しかし
地元のスーパーの中にあるので、いわゆる泥つきとか不ぞろいの、とかが並ぶが、残念なことに冷房の効く店内ですぐ見た目がいまいちになっている。
でも、違うんだな、味は。
地物にはかなわないけど一般流通よりは露地栽培の熟したトマトとか、曲がったキュウリとか、外側虫食いのレタスとか、見た目より絶対味よし。ダ○エーよりよく利用しているかも。
しかし価格調整で最近長野で高原野菜を現地で大量処分した、というニュースを聞くと、ほんと日本の感覚は情けなくなる・・・。捨てる!?どうしてそうなるんだろう。
[PR]
by imusam928 | 2005-07-11 23:30 | 食道楽
不定期で集まる友人たちとの宴。今回はちょっと雰囲気を変えてレストランにした(いつもは飲み屋が多い)。店選択の幹事役は自分だったので以前行ってよかったのと行きやすいのでMikuni’s Cafeを選んでみた。
アラカルトもあるけど前菜・メインorパスタ・デザートのプリフィクスコースで¥3,800~(*)というリーズナブルなところが好き。それにびっくりするボリュームで満足感いっぱい。 (*メニューによってはコースに+いくら、の表示があるものは、その分追加される。中には2名様からというメニューもあり。)
今回は5人だったので全てシェアするかたちでメニューをセレクト。かなり色々試せて、とてもプリフィクスには感じられない充実振り。ギャルソンさんが世話好き?のせいで、食べることに専念しすぎて撮影逃したもの多数!かつ酔っ払ってきた自分に代わり仲間がかわるがわるデジカメをいじってくれた産物・・・(笑)
d0036951_0452484.jpgd0036951_045491.jpg


d0036951_0461413.jpg
d0036951_0463856.jpg

食前酒:イタリアのスパークリングワイン
アミューズ:鴨のリエット(L)
前菜:エスカルゴ(R)、世界一美味しいイベリコ豚の生ハムとルッコラ
のサラダ×2(写真なし)、”海のフルーツ”(魚介の冷製盛り合わせ):2名分~)と3種のソース
白ワイン:フランスブルゴーニュ
はっきりいって前菜でかなりのボリューム・・・イベリコ豚に感動!あのドングリしか食べていない豚、です。そしてとても2人分とは思えない山盛り”海のフルーツ”にのってた巻貝がうまかった。

d0036951_0411920.jpg
d0036951_0414855.jpg
d0036951_0431220.jpgd0036951_043299.jpg

メイン:「イワシのグリエ、ジンジャー風味、鶏レバーとリゾット添え、トマトマスタードソース」(L)「牛のほほ肉の赤ワイン煮」(R)、「鴨の?風なんとか」(鴨肉をうずら豆とベーコンで煮込んだもの。鰯をさばく手前の小鍋をテーブルでお皿に空けてくれるが写真なし)、骨抜かれた鰯。あとはパスタでカルボラーナ×2(写真なし)
赤ワイン:オーストラリア産
鰯は6月のメニューだそうだが、で、でかい!30cmくらいあるんじゃないか・・・。おしゃべりに夢中な我々のために骨をとって下さった(笑)サイドで濃厚なレバーがいい。
牛肉は箸で食べられるくらいのホロホロ感だけど、お酒に弱い人はどうか?ってくらい赤ワインが濃厚で美味しかった。赤ワインが合うあう!
鴨の何とかいう煮込みは、マメが好きな自分には豆が鴨とベーコンの味を吸ってて美味しく炊けてました。ハーブも効いてた。鴨より豆。
これだけシェアできると盛りだくさんで大騒ぎ。大勢だとパスタ+メインのような感覚でセレクトできるのでお徳な感じがする。

d0036951_038850.jpgd0036951_0383343.jpg

d0036951_039212.jpg
デザート:無花果の赤ワイン煮、チョコレートのムース、チョコビスキュイ(フォンダンショコラ?)、と2名様~のクレープシュゼット。

d0036951_0373183.jpg

最後のクライマックス!のようにクレープシュゼットはテーブル前で作ってくれる。
グラニュー糖をカラメルに煮つめてバターを入れ、フレッシュオレンジジュースを加えさらに煮詰めてブランデーでフランベ。変わり行く香りにみんなでまつことしばし・・・。その芳しいシロップにクレープを浸してオレンジピールを飾る。そしてバニラアイス!!美味しくないわけない!大人の味。

このメンツで5年くらい前には計算するとひとり1本!?てくらいワインも飲んでいたけど今回は2本。食べ過ぎて飲めない!?しかしほとんど3500円と4800円という良心的な値段なのだ。お奨めされるまま、銘柄覚えてませんが・・・。白も赤もGood!次が楽しみ。
最後のお茶は別料金。でも今回は満腹すぎてギブアップでお開き。スタッフも気さくで気が利いてる。こんなステキな店でたらふく食べて大満足の酔っ払いたちだった。食べ過ぎた~運動しなくちゃ~!
[PR]
by imusam928 | 2005-06-29 01:14 | 食道楽

北海道でカレー

北海道で食べたいもの・・・といえば色々あるけど、いわゆるエビカニやウニイクラの類は季節のせいかまったく興味なし。ひとつ、気になっていたのは「スープカレー」。
北海道のカレーといえば「スープカレー」というのをテレビや雑誌で見ていた。
最近のガイドブックにはラーメン特集の次に特集されていたりする。
さりげなく主張して、おすすめのお店を教えていただいて、念願が果たせた!!

しかも強行スケジュールの中、旭山動物園へ行く途中の旭川のお店。
色々苦労して到着したこともあって、とても美味しかった。
d0036951_23453688.jpg

*カレー工房「インド」ブッダガヤー店
住所:東旭川南1条6丁目5-16 Map電話番号:0166-36-6255

d0036951_23441055.jpgd0036951_23443799.jpg

インド風チキンカレー、ナンと半ライスのセット。土鍋をあけるとトッピングプラスした野菜がゴロゴロだけどピーマンの下は鶏モモ。
辛さは1~20段階に調整可能。メニューによっては3~とか5~とかある。
”ガンジー”3は”カシミール”5より辛かったけど(笑)

メニューにはインド風のほかタイ風や日本風、英国風と豊富。
「スープカレー」の定義がわからないが、他のテーブルで食べてる人を見ておそらく日本風というカレーはご飯にルーがかかっていたかな。それ以外はルーはご飯とは別に土鍋ででてたようだった・・・?ちゃんと聴けばよかった。
自分は日本風カレーよりインド系のカレーが好きなので、今度は札幌でも食べ比べてみたい。


d0036951_23451447.jpg
店は外観も内装も木の温かみのあるカフェ風で、自分たちはテラスの禁煙席。ワンちゃんといっしょに食べられる席で、入り口が他のお客さんと別になっていた。
「ワンちゃん来てもいいですか?」って一応他のお客さんに確認して受けれてるそう。聴かれたとき「もちろん!!」とどんなワンちゃんが来るか楽しみだったのに、食べ終わって帰るまでには到着されませんでした・・・残念。
そのあと旭山動物園で充分どうぶつセラピーをうけたのだが。

余談:「インド」の支店に行こうとして地図やカーナビと大格闘。でも見つからず、旅の道中あちこちでみかけた”るぴなす”を記念に断念。その後、こちらの「インド」にリベンジで行くことができたので感激ひとしお。思い出深い店になる。ちなみに探していた店舗は数年前に変わっていたらしい(笑)
d0036951_02497.jpg

[PR]
by imusam928 | 2005-06-23 00:25 | 食道楽

北海道産直のアスパラ

当日とりたてと信じて、北海道の今が旬!のグリーンアスパラを自分のお土産に購入。
空港では5本で800円とか、箱入りで3,000円とかあったけど、サービスエリアでまけてもらって太いの4本と細いの10本くらいで150円。
レストランでは凝ったメニューでいただいたのでシンプルに食べたかった。
ということで、直径2cmくらいの太いヤツを焼アスパラ。かるーくマヨネーズと塩で。
せっかくなので切らずに長いまま焼いて、手づかみで食べる。
うあーあまい!そしていい歯ごたえ。ちょっと焼きすぎたかな?焼野菜は最近気にいった食べ方。(調理楽だし)アスパラは茹でるより美味しいと思う。焼きすぎ注意!

d0036951_0494428.jpg

[PR]
by imusam928 | 2005-06-21 00:41 | 食道楽
いつか行ってみたいと思っていた、北海道札幌のモエレ沼公園へ行ってきた。
公園自体もとてもよかったけど、ランドマークのガラスのピラミッド”HIDAMARI”の中にあるレストラン『L'enfant qui reve(ランファン・キ・レーヴ)』というレストランのランチに感激。
公園情報もあるけどあとにして、以下忘れないうちにメニューをメモしておく。

¥3,500のコース(他に¥2,500、¥4,500)
d0036951_212067.jpg<突出>*と言ってた。
左上から、①にんじんの冷たいスープ、②鱈のブランダード、③サーモンと海老、④鶏のコンフィとバナナのソテー。
②にんにくチップがアクセント④カレー風味の不思議な組合せ。盛り付けも楽しい。


d0036951_21587.jpg<前菜・サラダ>
アスパラガスのパテ、ホタテソテー、卵の燻製。
この旅では旬のアスパラが食べたくてようやく。甘いアスパラに、薦められたとおり半熟の卵黄をソースとして絡めていただくと幸せ。卵の燻製も初体験。ホタテもあまい。幸せ。

d0036951_222739.jpg同時に別皿にて温野菜・焼野菜の盛り合わせがテーブルの真ん中に置かれて、「お皿に取ってご一緒にどうぞ」と。パプリカ・インゲン・ニンジン・ベビーコーン・トマトなど野菜が美味しい。北海道!って感じ?


<スープ>
越冬した真狩(まっかり)産のじゃがいものヴィシソワーズ。
アーモンドスライスの歯ごたえがいい感じ。このスープが美味しいと思う自分は大人と思うと言う話。
(写真失敗・・・)


d0036951_225150.jpg<メイン>
子羊のソテーと時鮭のムニエルから時鮭をセレクト。時鮭は夏に帰ってきた美味しい珍しい鮭とのこと。鮭は本当は秋に帰るはずがまちがって速く来ちゃった鮭のことだそう。なんだかお茶目な感じ。ここにもアスパラの緑がまぶしくてうれしい。レモン風味のバターソースにあう。あとから越冬した真狩産メークイーンのオーブン焼をお皿の端にちょこんと乗せてくれる。にんにくといっしょに焼かれたせいで香りがよかった。


d0036951_24978.jpgここは食器やカトラリーがとてもお洒落だった。
気にいったフォークとナイフ!1㎝もないくらい繊細なナイフのラインがたまらない。


d0036951_243121.jpg<デザート1>
パインスープとココナッツソルベ。パインを搾りました!という味。ココナッツのクランチがまたいい感じ。


d0036951_245544.jpg<デザート2>
なんとデザート2皿目がある。ロイヤルミルクティのソルベとノスタルジックなプリン
説明してくださった「懐かしいプリン」というのは食べて納得。やわらかくて甘くてフルフルした感じ。小さいころうちで作った味だよね!ということで同世代では共通していた。

ここまででも感激ひとしお。パンもバターも旨い!
実は想像していた以上にちゃんとしたフレンチレストランだったけど、公園の中にあるせいかいい具合にカジュアルな雰囲気。オープンキッチンだし、大きなガラス窓からは外光がたっぷりで気持いい。サーブしてくれる人も丁寧だし、自分たちで取り分けたり、途中でおまけみたいに盛り付けてくれたりして楽しめる。でも味は本格的、という最高の雰囲気だった。


d0036951_253768.jpg最後にエスプレッソ、だったけど隣の部屋へどうぞと通される。
最初に待っていたウェイティングルームだけど、ここがまたステキなのだ。
奥はおそらく冬には薪がくべられるストーブ、手前はイサムノグチのガラステーブルとソファ。
自分たちが最後の客だったせいかもしれないけど、ちょっとのんびりお茶しておしゃべりというのにピッタリ。

d0036951_26368.jpg嬉しいことにお茶菓子もマカロン(ミントクリーム)・モエレ山に見立てた形のフィナンシェ・キウイのフリュイ・バタークッキーと充実!デザート2品のあとだけどもちろん全ていただく。

以上、大・大・大満足のランチだった。
まさか公園の中で、モエレ山登って2時間サイクリング&散歩のあとでこんなステキなランチが楽しめるとは思わなかった。1杯ワイン飲んで¥5,000でお釣り。ちょっと贅沢な予算で大いに贅沢な時間が過ごせたと思う。
外では大勢の人たちが楽しむ自然とアート、ガラス一枚隔てただけで別世界の空間だった。

私の不確かな記憶の情報から調べて予約してくれた札幌在住のsさんのおかげ、どうもありがとう!!
また、この公園とこのレストランへ行く、絶対。
[PR]
by imusam928 | 2005-06-20 01:21 | 食道楽

コストコのパン

d0036951_4219.jpgコストコ・ホールフーズのパン。
シナモンベーグル1ダース(12個)にコーンブレッド(36個)で約1,300円!?
180円もするベーグルはもう買えません(笑)
コストコではラッキーだと焼きたてもこの値段で買える。
コーンブレッドは以前数人でお試しで購入して気にいったけど、数ヶ月ぶり。これから毎朝楽しみ。
[PR]
by imusam928 | 2005-06-04 03:49 | 食道楽