のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:スポーツ( 112 )

パワーヨガはじめる。

 先日、ジムのイベントでパワーヨガを体験した。
 ものの本だとパワーヨガはエクササイズ要素を取り入れたアメリカ発祥のものらしいけど、過去に一度トライしたときは全然気持ちよくなかった。変な疲れ方だった。しかし、先日再トライしたときは「なんかいいかも!?」と思えたのだった。
  それで今夜、もう一度と思って通常クラスにでてみたのだが、やはりよかった。スッキリした。いや、やってるときからもいい感じだったな。

d0036951_0364285.gif スポーツクラブだから、ブームにあわせ○×ヨガ、△○ヨガ、という感じでいろんな名前のヨガが登場している。(今日でたクラスも以前は「エナジーヨガ」だった)
 肩幅に足を開いて、その横に手をついた状態から、足を後に出して、お尻を天に突き出して三角に四つんばいになっている状態(ダウンドックのポーズ)から、いろいろ動き出す。そもそもこのポーズだけでも最初は両腕が震えるが、慣れてくるとそのポーズでリラックスしてたりするのだ。講師の指示どおりに呼吸して、無理な力を使わずにポーズできると、「お!?」という気持ちよさがわかる。
  2年前くらいには毎週あるヨガクラスに通っていた。まだそんなブームでもなく、リラックスできるインドヨガだった。しかし講師が変わったときに、微妙にスタイルが違っててやりにくくなった。講師も1人の人間なのでウマがあうかどうかなのだろうが、話し方や声も、何かダメだったのだ。それでしばらくヨガから離れたら空前のブームが到来してきた。くやしいもんだ。

 今回の講師はたぶん、かなり、「ウマがあう」。たった2回目なのにまったく違和感がなく、自分でもホイホイいろんなポーズができたりする。このポーズすっごくきいてます!と声にしたいものがいくつもあった。話し方のや声のトーンもいい感じ。瞑想の時間に語ることばも沁みこむしみこむ・・・。
 ・・・今日一日のいやなことを、ぜーんぶここへ置いていきましょう・・・
 ・・・気持ちよい風に吹かれているイメージで、頭の中を、カラッポにしていきます・・・
みたいな。(文字にすると笑)でも本当に頭スッキリした。
 それに、ナイスバディ!以前に比べて男性の姿が多いのはブームではなく彼女目当てのはず。いや、私もナイスバディ見たさにこれから通うのさ。って、視点が明らかにおっさん化してる!?だけど講師はそういう存在なんだよ、とおっさんモードも容認して、この春からパワーヨガスタートするのだ!
[PR]
by imusam928 | 2007-03-28 23:43 | スポーツ
 昨夜は久しぶりにテレビのチャンネルをチカチカかえて観ていた。
 女子フィギュアスケートの決勝とシンクロフリーの決勝。(サッカーは気にならなかった・・・)
シンクロは毎晩見ていたわけじゃないけど、1週間連日の試合でメダルラッシュというのがすごい。これが最後だというけど、選手たちは肉体的にも精神的にも疲労の最高潮だと思うとその勝負を見たかった。とくにソロ・デュエットにでている選手はほぼ毎日のように戦ってるわけですよ。なんてことだろう。綺麗なのに強い。プールサイドに上がってくるときの体の重さを想像し、笑顔の奥の涙を思い描いてしまう。銅メダルは本位じゃなさそうだけどお疲れです・・・。
 それにあわせて一昨日男子で高橋選手が銀メダルを獲った勢いのある女子フィギュアはSPでのハイレベルな闘いを観てしまった。なので、フリーで決まる結果が気になるのだ。東京で開催される国際大会だから有利とはいうけど、世界の一流が競う試合でベストを出すことがどれくらいたいへんなのか。想像絶してしまう。
 今回は滑走順もまたドラマティックな展開を左右したように感じた。SPで最高点を出した韓国のキム選手をはじめ、好調だった選手が転倒する。連鎖とはよくいうけど、それに巻き込まれるか、跳ね飛ばせるかの力が違うのかもしれない。浅田真央・安藤美姫は、緊張もあるだろうが連鎖に負けない自身があったんだろう。専門的なジャッジはわからないけど浅田選手は自己ベストを更新の最高点。喜んで涙する姿にもらい泣き。私はミキティのほうが全体としてよかったと思うけど、最終滑走者のプレッシャーに負けず、同じく自己ベストをだして逆転金メダル。特典差や順位を見ていなかったのか、自分が1位になったのを聞いて小さく悲鳴を上げて泣き出すとこでまたもらい泣き(笑)。
 まだ10代の彼女たち。観客から声援の力をもらった、って言えちゃうところがもうプロの顔。度胸と強靭な精神力を見習いたい。小さいことで毎日ぐじぐじイライラしている自分が情けなくなる。
 遅い時間までみちゃったけど、よかったよ・・・。水上と氷上から女性のパワーを認識した夜。頑張る姿は本当に美しい。
ああ、サッカーも勝ちましたね。でもオシムは機嫌悪い・・・!?
[PR]
by imusam928 | 2007-03-25 12:17 | スポーツ
d0036951_2151839.jpg 今朝は目の覚めるような青空。荒川と湘南とで友人たちがマラソンを走る。
エントリーしくじった自分は戒めもあり?地元つながりで荒川マラソンの応援へ行ってきた。地元の荒川、といっても私の近所はちょうど折り返し地点の近くなので、スタート・ゴールまでは電車で出かけることになる。川沿いをつたって移動できると便利なんだけど・・・。
 荒川河川敷は自分の近所は走ったことがある。そのイメージでいたら、浮間舟渡駅からむかった荒川土手の高いこと!!その急なのぼりと、上りきった先に見える河川敷の広さにびっくりした。
 真っ青な空ではあるが、河川敷はかなりの強風。一瞬風がやむと日差しは強いので暑いのだが、再び突風が襲う。(でも去年はテントやゴールポールが飛び、電車も止めるほどだったらしいから・・・!)
 
 2月に東京マラソンを応援したときは都内を地下鉄で移動しながら42kmを走るランナーの先回りして3箇所で声を枯らした。しかし、荒川の場合は・・・長い長い河川敷を河口へ向かって走り、折り返しもどってくるわけなので・・・。途中で5kmの応援を終えてしまったあとは、一息という感じだった。その分、地域のバックアップがしっかりできていて、出店も充実してて、まさに「荒川交流フェア」なんだな。さっそく軽く腹ごしらえ。
d0036951_2154521.jpg 本当は走ったランナーへのお祝いなんだろうけど噂にきく”完走ラーメン”をいただいた。なんと海苔に「祝完走」の文字とゴールの姿!ラーメンも本格生麺で美味しかった。お隣テントの餃子もセットで大満足。重ねて走ってないのにご馳走様でした。
 そのあと物販でちょっとみたら足に合う靴をみつけて購入。新しいものを買うとちょっとやる気になるからね。と、自分に言いきかせる。

d0036951_21543964.jpg 気がつくと12時近く。9時スタートで早い選手はゴールしているではないか。河川敷へ急ぐ。

 まだ風はやまない。この強風はランナーを痛め続けてきたんだろうなあと思うと、ゴール間近のランナーの頑張りに熱い思いがこみあげてしまう。
 気温は高い。汗だくになっている人と、その汗が乾いて顔や腕に塩のあとがくっきりできている!
 42km本当にお疲れ様のポイントだ。
 東京マラソンでも最後は38km地点で応援だったので、今日はゴールに近いところでの声援が、ランナーにどう届くのか、自分は1回だけどフルマラソンのゴール手前って何思ってたかな、って思い出していた。でも、思い出せない。必死だった(笑)。みんなも必死だ。
 でも、走りきった(もう少しでゴール!)人たちの表情はこっちにもパワーが伝わってくる。もちろん必死だけど、声援にこたえてくれる一瞬の笑顔がなんともいえないよね。みなさん、記録はそれぞれだけど、他の人には味わえない達成感を噛み締めていることだろう・・・。自分の体調や天候やいろんな要素が重なって今日の成果が生まれるのだから。そしてまた次があるんだよね。お疲れさまでした。そして私もがんばろう、というエネルギーをありがとう!
 
 しかし、風にまう砂埃・花粉に苦しんだ。走らなくてもこんなに苦しいのだからランナーで花粉症の人は大変だっただろうなあ。この時期、(来年以降)私はダメかもと弱気になる。
 しかし、湘南は無風だったって!?不思議だ。風の有無は違えど、かなりの日差し。明日は日焼けあとで荒川・湘南マラソンランナーの判別がつくかも!
 
[PR]
by imusam928 | 2007-03-18 21:07 | スポーツ
 こんなにしっかりフルマラソンを間近に体験したのは初めてかもしれない。
 自分が走っていないけど、生で3万人が走るのをみるのは大迫力だった!

 エントリーもボランティアもはずれてしまったけど沿道の応援として、朝9時からほぼ最後までみとどけた。昨年末に自分がフルマラソン初挑戦して、ものすごくたくさんのパワーを受けながら走り遂げることが出来たのを逆の立場でやってみて、また違うパワーをもらった気がする。
 朝9時にはやむはずの雨も、1つ目の応援ポイント5キロ過ぎあたりの飯田橋に9時過ぎに地上にでたときにはかなり降っていた。こんな天候での第1回東京マラソン。それでも3万人ほとんどが完走しているというニュースをみてホッとした。「沿道の応援がたくさんで楽しかった」と言っているランナーの声を聞いてまたじーんとしたよ。
d0036951_22475273.jpgd0036951_22481055.jpg 
 5kmの地点ではフルのトップ集団(あっという間!)、有森選手を確認した後、地響きとともに市民ランナーがコーナーをまわってやってくる。フルと10kmの選手全員が通過するのは圧巻だった。みんなポンチョやビニルをかぶって寒そうだ。まだ5kmじゃ体も温まらないよなあ。見ているこっちも寒かった。でも、ほぼ、たぶんほぼ3万人通過を約1時間かけて見届けた!この人の波じゃ絶対無理かと思ったけど友達を発見できて感激だった!
d0036951_2249811.jpg その感激を他の仲間の発見を!という意気込みに変えて、有楽町線で銀座一丁目駅まで。約約22kmと折り返してきた33km位のポイントが両方応援できる。11時ごろだったので、もちろんトップ集団はすでに通過。反対車線側はまだこれから25kmに向かう大勢のランナー、でもほとんどサブ4を狙える範囲の人たちで、彼らの走りはやはりしっかりしているというのがよくわかる。少し雨もやんで、きれいに舗装された銀座中央通を浅草に向けて走るなんてちょっと出来ないことで羨ましかった。
 目の前には浅草折り返しのサブ3クラスの選手たちがどんどんやってくる。男子に混ざって快走する谷川選手、ラストランだけど少し辛そうな有森選手も発見できた。折り返しのコースなのでランナーもこれらの有名選手が見つけられると励みになるだろうな。
 知り合いのなかで速い人たちはそろそろ・・・と、見つけられるのか不安になりながらずっと右のほうを見て待つ。キャップにサングラス、ビニルをかぶったりと、ほとんど誰だかわからない。でもいた!またいた!!と見つけて名前を呼べるのがなんて嬉しいんだろう!!私のことはわからないかもしれないけど名前で反応してくれてよかった。ずっとまってて見つからなくて気をぬいたとたんに目の前にいたのには驚いたけど・・・。みんな好調だ。
d0036951_22505932.jpg しかし、飯田橋にくらべて銀座の応援のクールなこと。ほとんどの人がたまたま立ち寄ってるだけなのかもしれない。いや、そもそもこんな大規模な市民参加のマラソン自体が始めてなのだから様子がわからないのも無理がない。私もホノルルでの沿道の町の人やボランティアの声援、ランナー同士で声をかけて励ますということを体験しなかったら今日の自分は仲間を探すことで精一杯だったと思う。つらいときに知らない人からの一声がどんなに力になったかを知らなかったら1日応援するなんて絶対出来なかった。
 そんなわけで、応援テンションをあげて4人で叫ぶ。酔っ払い集団のように。

「がんばれ~!!がんばれ~!!」
「いえ~い!」
「GO GO!GO GO!」

コレだけのことを繰り返すだけだけど、今冷静になって思い返すとまわりにそんな騒いでる人がいなかった銀座。たぶん可笑しかっただろう。しかしちゃんと声援に応じてくれる人たちを見ると、声を出さずにはいられない。外人さんは応援されなれているのか、必ずアイコンタクトできて応えてくれる。グッジョブ!のサインを送り返されると「あんた達もイーヨ!!」と言われているようで嬉しいものだ。
d0036951_22512769.jpgd0036951_22543631.jpg 銀座では目当ての人を見つけたので次のポイントでもう一度だ!と12時すぎ、大至急豊洲へ移動。しかし、約10kmを20分くらいで走る人たち、地下鉄移動より早かったようだ・・・。再確認には間に合わなかった。
 しかしあと3~4kmというポイントで再び声援を送る。40km手前、一番辛いときだった。でももうあと少しでゴールが見える。ひたすら足を前に出す。私の場合はそんな感じだったのを思い出す。でも目の前のランナーも私よりは断然タイムもよいのだが、同じような心境に違いない。脚を伸ばしたり屈伸したりするランナーも目立つ。苦しいけどもう少し!

 豊洲では15時過ぎまでずっと応援を続ける。そうすると、ほぼサブ4の集団から4時間台の前半・後半、5時間台、6時間台・・・とランナーのカテゴリーの変化がよくわかった。記録を狙う人、初マラソンの人、日本全国から思いそれぞれに走る42.195km。なんだか不思議だ。でも必死にゴールを目指す姿にたくさんパワーをもらい、凍える沿道で声を枯らす。みんなに私たちの声はちゃんと届いていただろうか。力ないなっただろうか・・・?
 しかし。マラソンは苦しいのを知ってるし、苦しそうなのを目の前でみているけど、またいつか挑戦しないと、と思わせるのはなんなんだろう?
 皮肉なことに交通規制解除の16時ごろには青空ものぞいてきた。もうそんなの関係ないか。ランナーの皆さんは走った人にしかわからない達成感をかみしめているんだから!
[PR]
by imusam928 | 2007-02-18 22:58 | スポーツ
 今週は朝のラジオでも繰り返し交通規制のことを話していた。そう、18日(日)はいよいよ東京マラソン。小雨の続く土曜日。でも明日の朝には雨もやむとの天気予報。ぜひそうなって欲しい。

 昨年この大会にエントリーして抽選ハズレ、ボランティアまで(抽選ではなかったはずなのに)ハズレた私。16,17日にやっていた東京ドームでのEXPOも行かなかった。でもみんなの報告を見てたら、ちょっと行ってみればよかったかな、と思ったが後の祭りだ。

 私の周りではほとんど関心ゼロのイベントである。
 昨年末にホノルルマラソン参加を電撃発表(ほぼ事後報告)したことで、たまにニュースに敏感な人が「こんどの日曜も走るの~?」と能天気に聞いてくるくらい。この大会があることすら興味ない人は知らないでいるだろう。美容師のニイサンは「そうなんだ~」の一言。私自身も数年前だったらそうだっただろう。

 ハズレてしまったし、寒いし、40数キロは苦しいし・・・と思うけど、新聞に折り込まれた交通規制のお知らせのコースマップをこのところ毎日見ている。都心をここまで通行止めにしてマラソンするってどうなるんだろう。新宿・銀座・浅草・お台場。

 しかし、思わぬところに盛り上がり熱が発生していた。実家に立ち寄ったところ、母が応援に行くと言っている。もちろん私がホノルルマラソンに出たことからの感染だろうけど、驚いた。
 妹によると今週は昼間のテレビ・ラジオで石原都知事が自ら出演しての宣伝が激しかったらしい。一日家にいる母は社会人よりもそのサブリミナル効果によって、「よし!」という気分になっているようだ。
 とはいえ、どんなものかもよくわからないわけで。当然だが3万人、7時間というのもぴんと来ていない。「有名選手のゴールを見に行く」とのことだったので、11時にはビッグサイトにいないとだめだよと言っておく。お台場から三越に廻って帰ってくるらしい。人ごみで見られないかしらといいながらウキウキしている。

 ただ、大きなお祭気分を体感したいのだ。それでもいいよ。まったくランニングに興味なくても、こういう感じでお祭気分で応援する人もたくさんいるはず。3万人のランナーの応援の数は多いほうがいいのだ。そして母も楽しかった、という気分で無事帰ってくれることを祈る。

 一応(?)ランニングしている私も、いざ、仲間を応援に!!エントリーしている皆さん、楽しんで元気な笑顔でゴールしてください!
[PR]
by imusam928 | 2007-02-18 00:48 | スポーツ

サンスポには出た。

【お詫び】サンスポ千葉マリンマラソン コースミスで参考記録に
1月21日、千葉マリンスタジアム・幕張メッセ周辺で開催された「第31回サンスポ千葉マリンマラソン」(千葉市陸上競技協会、サンケイスポーツなど主催)のハーフマラソンの部(21・0975キロ)で、主管する千葉市陸上競技協会の係員による誘導ミスで、約2350メートルコースが短くなりました。従って、ハーフマラソンは、すべて参考記録となります。参加者にお詫びします。

◆主管の千葉市陸上競技協会・内山英夫会長
「陸協係員によるコースの誘導ミスという、あってはならない事態を招いてしまいました。参加者、関係のみなさまに多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします」

*************
んもー、ランナーにとっちゃ、センター試験のリスニングの問題よりでっかいんだから!
[PR]
by imusam928 | 2007-01-21 19:36 | スポーツ
 2007年発マラソンの千葉マリンハーフマラソン。なのに・・・こんなことってあるんですね。
結果から言うと、コース誘導を間違えてしまって2.5kmくらい短縮されてしまっていたらしい。
まだ、公式HPにもお詫びがでておりません。
 がっくりだ。
 昨年は雪で中止になったから運営の勝手がわからなくなってしまったのか? ボランティアの教育不足?むむむ・・・あってはならんぞ!
 こんな私ですらむかつくんだから、記録を狙って調整してきた人たちにしたら言葉も出ないよね。8時過ぎのマリンスタジアムはまだ冷えこんでどうしようかと思ったけど、10時にスタートしたら風もなくて適度な曇り具合ととてもいいコンディションになって気持ちよく走れていたのになあ・・・残念だ。
 とはいえ、自分でもおかしいと思っていた。いくらフルマラソンしたあとだといっても1ヶ月のんべんだらりな生活、急に20分以上もタイムが早くなることはありえない、ということくらいわかるさ。トップがゴールするときとかさ、20kmの計測タイムとかさ、気がつかなかったのかな?途中で修正できなかったのかな!?

一応、一日を振り返る。
[PR]
by imusam928 | 2007-01-21 18:34 | スポーツ
 マラソンで盛り上がった翌朝は、ルームメイトとがんばって早起きして、完走のご褒美にEggs'n thingsへ。ホテルから近いのでのんびり出かけてしまったけど、7時過ぎにはもう行列で7番目まち。待ち時間に新聞を購入する。
d0036951_1648257.jpgd0036951_1649111.jpg The Honolulu Advertiser(50¢)には完走者全員のリストが折こみされているのだ。
 まず一面にコ○ミの赤シャツの女性が載っていて驚いた。ビックスポンサーネームでナイススマイルの彼女というところか!?そして、折込の完走者リストに自分の名前を確認し、正式のタイムを確認し、満足する。それから紙面の各種ランキング(男女別、国別、年代別等)で知っている名前を探す。タレントランナーとかね。

d0036951_16492463.jpg 店の前で順番を待っている間も水色のフィニッシャーTシャツがそこらで目に付く。私は宝貝のレイをネックレスがわりにしていた。外国人も足を引きずりTシャツきてやってくる。
 ようやく名前が呼ばれ、悩んで決めたメニューをオーダーする。走る前はカフェインよくないと言われて我慢していたので、アメリカンなマグのコーヒーに喜ぶ私たち。

そして、来たものは・・・
[PR]
by imusam928 | 2007-01-13 20:36 | スポーツ

早起きは・・・涙の湘南

 今までちらと話には聞いていたが、朝が早いため無理だ・・・と思っていた、「月例湘南マラソン」にイザ!行ってみることにした。毎月第1日曜の手作り感たっぷりだけど30年の歴史がある地元のマラソン大会ということだが、朝が苦手な私には・・・。だが、せっかく声を掛けていただいたのと、あと2週間後にはハーフマラソンにエントリーしているのにこの自堕落な生活でいいのか!と自分に鞭打って決行、6時には電車に乗っていた。やればできるじゃないの。しかしまだ暗い駅前はいつもの地元の匂いはなくて、怒鳴ってタクシーを降りるニイさん、なぜかアタッシュケースのサラリーマンなど怪しさたっぷり。地下鉄の車内もサブちゃん風、スーさん風の一人オヤジ。空気があきらかに違った・・・。
 新橋ですぐ4人合流、ほっとする。昨日の雨模様の空が、7時には美しい日の出に変わった。東京からでも朝方生活に変えるとこんなシーンがしょっちゅう見られるんだろうな。
 藤沢で江ノ電に乗り換えて鵠沼海岸へ。まわりはジャージばかりだ。走る雰囲気。頑張ってよくきたよ~ココまで。遠かったけど、海沿いは気持ちよさそう。

 な、な、なのに!!非情のメッセージが改札に響く。
「今日の大会は強風のため中止で~す!現地は砂嵐で~す!!」
え~!?改札でた人、出そうな人、みんなうろたえている。
d0036951_1291862.jpg
 どうやら、海岸沿いのコースは、雨天決行だが強風の場合は中止になることがある、とは聞いていたがまさか今日がその日に!?地元の常連顔も「まさか本当?」という声が。それほど珍しいのにまさか今日・・・。だが、すでに現地到着している人がいるのと、富士山が見えるはず!というので海岸まで歩く。残念ながら富士山も雲をまとっていてもこもこだった。この富士を目指して走るはずだった。

中止と言うのに
[PR]
by imusam928 | 2007-01-08 01:06 | スポーツ
d0036951_12512020.jpg 抽選にはずれてしまって参加はできないけど、周りの人とも話をしながら私もやってみようと思ったこと。”初マラソン”じゃなくて”初マラソンボランティア”である。
 東京マラソンにはずれてしまって初フルマラソン気分をホノルルに急遽向けてしまったけど、そこで沿道の応援やボランティアの存在のありがたさを実感した。もちろん公式・非公式とあるだろうけど数万のランナーに対応するためには公式なスタッフが大勢いるはず。そんな一部のお手伝いをしてみようかと思う。あとは海外の大規模マラソン大会のような盛り上がりが、この東京でどんな風に開催されるのか、ボランティアとしての立場を通して体験したいと思う。
 2月は今朝のような冷え込みになるかもしれない。マラソンシーズンだけど寒いのが苦手な私には厳しいけど、大きなお祭になることを楽しみにしたい。ランナーの皆さんは、あと一月半、体調崩さないように。当日大いにお祭を盛り上げてほしいものです。
[PR]
by imusam928 | 2007-01-06 12:51 | スポーツ