のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:観劇( 41 )

d0036951_1371715.jpgマラソン前はなんとなく控えていたけど、そのあとならとこれからは観劇開始!と、久しぶりだったのに、コクーンで開演18時半!と、気が付いたのは前日。机の上のものをそのまま引き出しに押し込んで職場からダッシュして間に合った。しかーし!休憩20分含めて4時間超の大作だった!!つ、疲れた。背中もお尻も痛くなった。でも、飽きることなく舞台に釘付け、しかと見入った、面白かった。
蜷川作品は好きでけっこう観ているけど、井上ひさし原作の演出は『天保12年のシェイクスピア』『薮原検校』に続く3作目。シェイクスピアやギリシアものは嫌だけど、という友人もこのシリーズなら行くというカテゴリーだ。
幕の開けの出演者の口上にもあったように、歌あり芝居あり・・・笑いと涙の・・・野田秀樹に松尾スズキの要素・・・?本当にと色んなものがてんこ盛り。振り返るとすごいテンポで長時間、なんだか走ったあとの爽快感と似たようなものがある!?まったく70過ぎた蜷川さんの頭はどうなっているんだろう。演劇は無形文化財ですが、蜷川さんの創り出すものはこれからも観ておかなくちゃと思う何かがある。今回のはお芝居?ミュージカル?と細かいことは考えないで圧倒的なエネルギーを体感するのだ。

タイトルの源内とは平賀源内。名前は歴史上の人物名として記憶の中に残っているが、何をした人だっけ?という程度である。
新し物好きで、頭がよくて、出世がしたくて・・・でも、運が悪かった人かもしれない。高松に生まれ、幼い頃は神童と呼ばれ、長崎で遊学して語学・医学を習得。江戸時代の文化人として名を広めるが、本人の野心とは裏腹に、地方と江戸との政治の力の間で思ったようには生きられず、職も地位も失って、民衆からも見放されて消えていく・・・というのは劇作的な部分も大きいかもしれないけど、そんな人だったの?ということが山のようにあって「へえぇ~」の連発。

More(ネタばれ含む)
[PR]
by imusam928 | 2008-11-30 23:40 | 観劇
d0036951_23253431.jpg
先週ですが、久しぶりに松尾スズキ演出のお芝居を見てきた。
大竹しのぶの存在感に圧倒されたけど、大人計画の皆さんのなんともいえない空気感は負けていない。そして、ジミーな役に初挑戦?とか書かれてたけど、この人らしさが際立っていた染五郎。際立ってたという点では、要所要所に登場する松尾キャラ!?

以下感想。
[PR]
by imusam928 | 2008-08-26 23:25 | 観劇
d0036951_23474021.jpg やっと行けました。コクーン歌舞伎。
 今まではなかなかチケットが取れなかったけど、平日昼の部狙いにしてみた成果?たまたまタイミングが悪かったり、当日券の立ち見で並ぶほど・・・と機会を逃して何年もすぎた。勘太郎・七之助兄弟もすっかり大人だ。
 勘三郎さんは今までもいろんな演出家と組んだり、平成中村座で海外公演したりと型にはまらないで歌舞伎の世界を成長させ続けている。今回の演目も串田演出で再々演、しかもベルリン・ルーマニアをまわって凱旋公演だ。見慣れたコクーンの座席も前方は花道が作られて、座席も桟敷席になっていた。開演前から役者がロビーや客席にいて、自然と芝居が始まる。そんな一体感からスタートした。
 面白かった!もう勘三郎パワーのすごいこと。それが他の役者やスタッフに伝染してるな。この夏祭~も今の時期にぴったりでよかった。威勢のいい上方の言葉や、汗ばむ賑やかで威勢のいい登場人物、その裏にある暗い世界で起きる殺人。暑い熱い夏の祭りの中でテンション上がってる感じが、最後のクライマックスで舞台の上から客席に振り込んできた・・・!何でもアリだなぁ、すごい。初めて観た私は、海外向け演出バージョンなのかなと思ったけど、初演と再演のころに基本形はできている、まさに”コクーン歌舞伎”だということが、あとでわかった。
 あんなの歌舞伎じゃない、という人もいるんだろうけど、その時代で変化してこそ歌舞伎なのかも、と思う。江戸の町でも、今日の私たちみたいに笑ったり驚いたりしながら最後にはワーッと立ち上がって声をあげたはず。もちろん古典をしっかり受け継いで守っているからこそできるということだろうけど。とにかくお芝居の楽しみ方をもっとたくさんの人に知ってもらいたいという感じ?

 観劇の感激を表現できないのがもどかしい。そうだ。中身とは別の感激もひとつあった。
 1階最後列の通路側に座った私。その通路を挟んだ隣は、センターで本来は音響などのBoxだけど今回は客席になっていた。そ、そこに。私の右隣(通路挟んで)にいたのは、あの海老サマこと市川海老蔵!!近すぎてまともに見れない距離でしたが、芝居が始まって暗くなったときに、チラ見(笑)深く被っていたニットキャップをとり、芝居に熱中しているのかフツーに「フッフッ・・・」とか「ぷはははっ!!」と笑い声あげてました。Boxの壁に身体をもたれかけ、かなりリラックスした姿勢で観劇してました。大歓声のカーテンコール中もちゃんといた。けど、一瞬で消えてしまいました・・・海老サマ・・・!
[PR]
by imusam928 | 2008-06-18 23:47 | 観劇
d0036951_2525469.jpg先入観をもって劇場に行くのはよくない。反省した。
ただでさえ平家だの源氏だのと苦手な時代物だった上に、たまたま先にある劇評を読み、伝統芸のぶつかり合いを期待したが・・とか、主題がまとまらず・・・とかのコメントがひっかかってしまっていた。でも、どこがだよ?!ちぎれんばかりの拍手でした、私。仕事振り切って行ってよかった。

歌舞伎の尾上菊之助、狂言の野村萬斎という古典芸能の若手2人を蜷川幸雄がどうするのか、それだけで観たい!とチケットを取ってもらった。何度か舞台を見たことはあるが、もう何年も前だったし、時代物でありながらも蜷川演出という現代のスパイスがはいるとどうなるのか。それがまさにこの3つ(3人)の味が混ざった舞台だったと思う。

More(個人の感想です)
[PR]
by imusam928 | 2008-05-22 23:50 | 観劇
d0036951_1204643.jpg シェイクスピアの原作、読んだっけ?血を一滴も流さずに肉を・・・ってくだりは有名だけど、前後のストーリーは曖昧だった。そんな状態でのシェイクスピア劇場は長台詞を聞き取るのが大変だったけど舞台や衣装などなかなか豪華で見ごたえはあった。いつか、原作を読む機会があるかもしれないけど、このお芝居のおかげであらすじがメモリされました。宗教や人種差別のテーマなどもちりばめられてちょっと重たい。
 藤原竜也と市村正親の組み合わせも久しぶりだけど、この2人は相変わらず自分の世界。藤原君は完結したはずの『身毒丸』もまた上演するらしいけど、いったい何歳になったんだろうか、若い。この演目は、客は藤原ファンが多い、のかな?!
 今回初めて観るのは寺島しのぶ。3階席だったから顔はよく見えなかったけど、声がとてもよく通るし、かわいい雰囲気やコケティッシュな感じも嫌味がなくて、ステージで活き活きする様子はさすがに演者一家の血筋でしょうか。今度は違った雰囲気の役で観てみたいかな。
[PR]
by imusam928 | 2007-09-19 23:58 | 観劇
d0036951_0555764.jpg 先週ですが、歌舞伎じゃない市川海老蔵をひさしぶりにみました。素のあたまは坊主なのに、ドラキュラ役で異国のせっていだからか、長髪の白いブラウスのいでたちは最初ちょっと笑えましたが・・・後半の悪道にもどってからの「にらみ」はやはり本物でした。宮沢りえちゃんはあいかわらずか細くて、病に伏せる美女はそのまんま。前に野田MAPでみたときは元気でいいなあと思ったけど今回はたまたまかもしれないけど声もかれてて残念。その代わりに永作さんがピリッとしてスパイスきいてたな。この人も普段気にしないけど舞台向きの女優なんだと思う。

個人的には・・・・(自粛)
[PR]
by imusam928 | 2007-09-19 23:44 | 観劇
そういえばアレどうしたっけ?・・・と途中まで書いて忘れていた観劇メモが編集中のままだった。7月の夏休み前後からバタバタしてやりかけたままだったのね。で、数ヶ月まとめてアップ。まあ、バラエティにとんでましたね。そしてまた観劇の秋(夏?)になります。

薮原検校@シアターコクーン
d0036951_0214592.jpg5月末、もうずいぶん前だな。時のたつのは早い。これは、久しぶりの古田新太が主役の舞台!しかも蜷川演出で悪人役とあって、どうなるのか期待して見に行った。劇団☆新感線でおバカなことを一生懸命やってる姿を見たのが最初だったけど、何でもこなせるキャラクターに惚れたのはいつだったかな?すっかり人気者になっちゃって・・・って同じように思ってるファンがいっぱいだった感じかな。
この舞台では正義と悪をどっちもカッコよくしてしまう圧倒的な存在感。「検校」なんていう言葉も知らなかった私は盲目で金と女に目がなくて出世欲で身内まで次々に殺す強烈な物語に驚きつつ、愛嬌のある仕草と悪の権化みたいな人相を使い分ける彼のフトコロのでかさに引き込まれる。(見た目もでかい)脇の段田さんや六平さんという芸達者が次々と役を変えて登場するのも面白かった。最近は段田さんが出る芝居は安心してみていられる。ラストシーンは作り物とわかっても、えげつないなーというなんとなく後味がわるいものだったけど、見ごたえはありました。(数ヶ月たっても)

レ・ミゼラブル@帝国劇場(7月末)
d0036951_0465412.jpgどうしようかな~と気にしていたんですが、シーズンに何度も足を運ぶ人もいたりするので、やっぱり!とe+の得チケが出たのをGet。
別所哲也のバルジャンがよかった!!FMから毎朝トークは聞いているけど、生の舞台はまた違った魅力。この人も見た目もでかいので、その姿を記憶に焼きなおす。笹本エポニーヌもよかったな。
去年とはところどころ演出も違ってて、そんなことだと知らずに見てたので、「あれ?」「ええ!?」と最初は自分の記憶が曖昧なのだな~と思ったりしてた。そのうちライティングは去年がすきだったなとか、この部分はもっと”ため”がほしいなとか偉そうに一人評論してたな。ラストは今回のほうが私は盛り上がった。
たまたま月末で、この日が千秋楽のジャベール、テナルディエ夫妻がカーテンコールでご挨拶。これは知らなかったのでちょっとオマケもらった気分でした。
このあと、やっぱりこの役はこの人でもう一度見たい!!と思ったんだけど・・・8月で終わっちゃう。コレだ、と思うキャスティングの日は売り切れだったりして、結局1度きりでした。

ロマンス@世田谷パブリックシアター(8月)
d0036951_0471550.jpg井上ひさしの久しぶりの書き下ろし!とふれこみでしたが、今回もやはり書きあがったのは初演5日前といううわさ!?そんなんで大丈夫なのか・・・大丈夫なんだなこの役者たち。
この人が大好き!というわけではないけど、大竹しのぶ/松たか子/段田安則と舞台ではさすが!!と唸らせるくせもの揃いに、キワモノ生瀬勝久とくれば期待大。そして、期待通り。(私は好きという意味です)
チエーホフの生涯を4人の男優が演じつつ、自分がチエーホフではないシーンで色んな役をこなすので、6人の役者がほとんど出ずっぱりのお芝居だった。
とても誰が何役こなしたかなんてカウントしながら見ていられないけど、コレは誰?また出た!という見方もお楽しみ。私の前のマダム2人は井上芳雄ファンなのが手に取るようにわかってコレも面白かったっけ。シンプルな舞台デザインもよかったし、テンポよく進む演出もさすが。このシアター自体すきなんだけど、ココでの作品は今までもハズレなしです。今のところ。
この作品はなんと2ヶ月のロングラン公演なので、9月末まで。まだ間に合います。(今、松さん、映画の宣伝にテレビに出まくっていますが・・・タフだ!)

劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り
d0036951_0474854.jpg『犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート』@サンシャイン劇場
このラインナップのオチ?、ではない。なにこのタイトル!?と新感線ひさしぶりの新作ネタモノ。ミュージカルも映画もパロディ満載で、笑いも下ネタも満載(笑)!何より舞台上の役者間でアドリブ合戦が勝手に横行してて、笑いをこらえ切れずに笑い出してるのが見えるじゃないか。*前方ど真ん中のいい席でした。
おバカなことを大真面目に徹底して作りこんでて、役者も楽しんでるよくわかる。気がついたら3時間あっという間。(注:途中休憩ありました)私が映画をしらないので犬顔家と犬神家のパロディ具合とかわからないけど、ミュージカルパロはわかった。よかった~
まったくそうは見えないフランス育ちのデザイナー役の古田はもちろんだけど、うさんくさい舞台演出家の池田成志が目当てでもあり、この2人のコンビネーションが久しぶりに見られてよかった。いろんな作品に呼ばれる人気者になっちゃったけど、おバカなやり取りが懐かしかったな。そして高田さんも新感線ではちゃんと昔のままにはじけてくれてて嬉しい。真面目な役もしっかりできるのに、こういう人たちって芸の幅が広いなあと妙に感心したりするわけで・・・。
不快指数高い夏、笑ってすっきりすることもあるもんです。

以上。
[PR]
by imusam928 | 2007-09-08 23:04 | 観劇
 昨夜は歌舞伎座へ。夜の部三幕からしか行けなかったけど、急に知り合いからチケットを譲り受けラッキーな夜だった。
d0036951_1522350.jpg 神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)
と、題目は硬いけど別名「め組の喧嘩」とあるように、江戸の町風情をたっぷり味わえる、面白い内容だった。
 ”火事と喧嘩は江戸の華”というように、喧嘩っ早い江戸っ子の売った買ったの威勢のいいやりとり。め組の頭、辰五郎(菊五郎)は自分のシマで勃発した関取衆との喧嘩の火種をしっかり受けて立ち、堂々と仕返しに行くという話で、まさに命を懸けて喧嘩する。
 辰五郎が仕返し相手の相撲興行が終わるのを待ってるとは知らず、「仕返ししないなら離縁する!」とけしかける女房、我慢ならネエと子分たち。死にに行けと言うようなことだけど、「喧嘩をやめて」じゃなくて「黙ってるのは男じゃない」というのがすごい。
 芝居はべらんめえ口調でコミカルに感じるけど、「命を落としてもいい」「死ぬ気でいく」とセリフだけ追うとシビアでハードボイルド。火消の衣装に着替え、組衆と水杯をかわして出動する様子は何十人もの鳶衆が花道を駆け抜ける迫力。
 そんなめ組の火消が30人位、待ち受ける関取軍団?も20人近く。それで大喧嘩シーンがクライマックス。笑いありだけど、大立ち回りに大喝采!飛んだり跳ねたり走ったりの大騒ぎ。時代が時代なら、本当は私たち観客がやんやと盛り上がって芝居を熱くするんだろうけど、一瞬の笑いと拍手で応えるのが現代の精一杯なところかな?
 役者の見所は、め組の頭の辰五郎が菊五郎、その相手の関取が團十郎と海老蔵親子!!肉襦袢で大きなお相撲さんになっていたのに驚いた。肉襦袢だから着物を脱いで裸になってもお相撲さんなんだから・・・。もちろん、江戸時代はこんなにリアルな肉襦袢じゃなかっただろうけど、歌舞伎座の舞台上にお相撲さんが何人もいて喧嘩している図は愉快だった。でも海老蔵は肉襦袢でも舞台では本当に美しいね。
d0036951_1534897.jpg こんなに迫力のある賑やかな歌舞伎を見たのは初めて。歌舞伎なんて難しくて、と思う人でも大丈夫。最近興味をもちだしたので一緒に行った同行者もこれは面白かった!と喜んだ。歌舞伎座の舞台が想像よりずっと広いことにも驚いていた。建物老朽化で再建を考えてるそうだけど、こういうのこそ文化財で残して欲しいもの。

 わたしは最近見ていた演目が上方モノ(関西)が多かったせいか、は行がさ行になっちゃう江戸っ子の話しっぷりが新鮮だった。「てめぇはしっこんでろ!(引っ込んでろ)」とか(笑)。
 明日の千秋楽にはなんでもあり、なのが通例のようで、最後の喧嘩シーンでピコピコハンマーもってきたり、思い切り水をぶちまけたり、舞台上の小屋を破壊したり・・・とすごいことになるというのを裏方の人から聞きました。ここだけ見ても面白いよ、ってもう少し早く知ってれば、「幕見」で行きたかった!
[PR]
by imusam928 | 2007-05-25 01:23 | 観劇
 先週、久しぶりに劇団四季の舞台を観た。CATSは見ているはず。でも、はっきりいつどこで観たのかも憶えてなくてたぶんン十年前?で内容も曖昧。
 五反田に作られたキャッツシアターは想像よりも小さい。専用シアターなので開幕前から気分を盛り上げる内装。センターステージで幕なんてない。古い私の記憶にも、猫たちが客席を駆け回っていたので、そのシーンを思い浮かべて期待しているうちに、ひっそりとステージを”ネコ”が横切る。そのうちあちこちから”ネコ”が顔を出して集まってくる・・・そこにも、あっちにもネコ!!
d0036951_2242468.jpg と、あっという間にしなやかに動くネコ達が集結してストーリーが始まる。
 ひとことでいうと、歌って踊るネコに圧倒される。2階席でもかなり近くにステージが見えるから、激しく踊りながら歌い上げる20匹近いネコたちは迫力だ。側転しながらあんな歌が!?って自分は軽く走りながらだってゼーゼーして歌になんないぞ、と変な見方で感動する。
 踊りもダンス・バレエ・アクロバット・・・となんといっていいのか分からないけど、どのネコもすごい。車掌ネコやマジシャンネコが踊り手の花かな?マジシャンはバレエタイツでソロでは連続ジャンプ!回転!でした。全身タイツ(っていうとイメージ悪いけど)のネコたちはみんなスタイルもいいし、カッコいい。そういやこのネコ、市村正親とかもやってたのよね。なんて想像してしまうけど、当時の舞台を観たかった。
 歌はやはりグリザベラが圧巻。名曲メモリーズを歌い上げたときは観客が凍りついた。久野綾希子のイメージとは違うけど、凄みがある。
 個人的には今回はジェリーロラムの遠山さやかが一番印象深い。好きな歌い方と声、踊りや演技も溌剌としてて気分いい。・・・って今は出演者を役名(ネコ名)を見ているけど、観劇中は初めてだと毛並みや色柄で区別するのも大変かもしれない。ネコ名も難しいし(笑)。判別できると役者と役名でお気に入りを探すのも楽しみになるのかな。
 他の四季の舞台も順番にみてみるのもいいかも?
[PR]
by imusam928 | 2007-05-25 00:13 | 観劇

TOMMY@日生劇場

d0036951_0473032.jpg演出家が同じというだけでちょっと勘違いしていたことがあって、これは劇団新感線の舞台ではなく、ロックミュージカル、であった。幕が明けてしばらく歌もなく無声の演技と踊りがつづいて、暑苦しい表情をつくる役者をみて我に返った。だから、もちろんボケも細かい仕込みも無いし役者も違う(笑)。

 「TOMMY」はバンドのアルバムだとか、映画化されたとか、ブロードウェイ作品ということは知ってるけど、まったく内容を知らない状態で観にいった。
 40年近く前に作られているのに、性暴力や幼児虐待、いじめ、宗教活動など、現代のマスコミを賑わすような背景がちらほらと盛り込まれていて、ポップで明るいミュージカルというわけではなかった。その時代にロック少年だった風のオジサンが私の席から見えるところに1人いて、音楽にノリノリでいたいけど押さえてる感じが気の毒だった。外国だとお構いなしにノリノリになれるんだろうが。今の日本ではちょっと内容も含めて難しそうだなあ・・・という作品だったかな。少し遅い時間から大人が観て盛り上がるミュージカル、みたいだといいかも。(18:30開演は早い!)
 音楽だけは小さいころからラジオっ子だったおかげでアーティストや曲名を知らなくてもオンエアされている往年のヒット曲はいっぱいしみこんでいる脳のおかげで、知っている曲がかなりあった。日本語訳されているけどメロディーで「あ、これ?」という感じ。当然のように生バンド演奏なので迫力はある。しかしほとんど普通の台詞はなく、あっても口ぱくの無声演技で全て歌で表現されるので、全ては役者の歌唱力に左右されている気がした。
 主役のアッキーこと中川晃教はうまいけどこの手のロックにはやさしすぎるかもしれない?スローなシーンはさすがだけどへヴィメタノリが欲しいときにはちょっと負けているかも。ローリーも期待したほど迫力は無かった。 高岡早紀は思った以上に「歌えるんだね」という感想。
 インパクトがあったのはパク・トンハとソムン・タク。トミーの父親役のパクさんは、暑苦しいロックなノリで歌う感じがこの舞台にはあってた。河○隆一ばりにねちっこい歌い方くらいがあくがあっていいのだろう。ソムンさんはど迫力の歌唱力。絶叫しても声もしっかりでてるし、ロックバンドのボーカルやってましたか?!というシャウトの効いた歌が今回の舞台では一番だった。ロックミュージカルなんだからこうでしょ!って。全体に韓国の2人に引っ張ってもらってる感が強いかな!
 ちょっと気分も滅入った日だったので、難しいこと考えずに見てられて、私は嫌いじゃない。でも一般受けはしなさそうかも・・・。
[PR]
by imusam928 | 2007-03-16 00:06 | 観劇