のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:風月:つれづれ( 43 )

08年度の健診結果

10月上旬に受けた今年の健康診断の結果が返ってきた。
去年からおおむね変化はないけど、大きな心配事がなかったということで、とりあえずクリア!なのだ。これから受けるまわりの人たちはメタボメタボとくどいけど、そのあたりも問題なし。(コレステロールは善玉が多くて悪玉が少なくてチェックされた)

ただ、来月フルマラソンを走るとなってやっかいなことがひとつ。
「軽い貧血症」の診断である。
毎年平均値を下回るのでNGはついているんだけど、経過見るってんでそのままにしている。日常生活も過去にはたまに起き上がれず休んじゃったこととか、飲み会で動けなくなったりすることはあったけど、倒れたりすることも無いという程度。
だが、3年前から走るようになって、フルマラソンにむけて直前追い込みの走りこみするあたりで本当に蒼白になることがある。「過激な運動による鉄の喪失」ということが当てはまるのか、普段の生活では自覚がないけど急に身体の鉄分値が下がっていくらしい。*数年前にひどい数値が出たときにもらった貧血のことが説明されてる冊子から(あわてて真剣に読んでいる)
そういえばこのところ、10キロあたりで変な脱力感に襲われて足が重たくて進まなくなる感じがあった。先週末に20キロ走ったときも、なんとか走りきったけど、身体が冷え込むというかだるくなるというか走った疲労とは違う苦しさ。地下鉄でもまぶたが開けられない。仲間との肉ディナーも食べられないかも、って会場へむかうまで不安だったのを思い出した。(無事に食べて、食べることによって元気になった)

今回の結果は、赤血球白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット全部下限以下。
名前忘れたけど駅伝かなんかである選手の解説のとき「この人は体質的にいいんですよ、血液のヘモグロビン値が高いんです」といってたときに私はヘモグロビンが低いんだよ、と思ったことがある。でもそんなこともランナーに影響するの?と思っていたが冊子に書いてあった。ヘモグロビン値が高いと酸素運搬量が多く、低いと少ない。なるほど。マラソンは超有酸素運動だからダメじゃん。

去年は心電図(心拍)で『洞性徐脈』とかかれてあせったけど、今年も49で同じ診断。おそらく心臓は走ってることで元気なようなので、酸素が余計に足りなくなって苦しくなるのは当たり前ってことだ。なるほどなるほど。
斜め読みだけど、以前もらった冊子とっといてよかった。読んで、いろいろ納得できた。
おっと、ふんふん言ってる場合じゃなかった。鉄分摂取せねば!!
明日からひじきにレバーにシジミの味噌汁!!どれも面倒だな~(笑)
[PR]
by imusam928 | 2008-10-23 01:40 | 風月:つれづれ

バナナがなぁ~い!!

「バナナが食べたいの~!」
「売り切れなのよ、○○ちゃん」
「バナナ~!(涙)」

スーパーで見た一幕。5歳くらいの子は、バナナが好物らしいのだけど店内には「申しわけありませんが、ご好評につき売り切れとなりました」というコメント。
やさしい母は携帯電話で祖母に連絡。
「○○ちゃん!ばあちゃんちにあるって!よかったね~!」
「バナナ・・・。」
子供はそこで手にできないことが相当ショックだとみえた。その母の電話のやり取りで「・・・ホラ、バナナダイエットのせいでさ・・・」なぬ!?なんだそれ?このバナナ売り切れの事態は、またしてもマスコミの新たなダイエット広告のせいだったのか。(知らない私が遅れてる?)

なんだろうと調べたら、正しくは『朝バナナダイエット』。朝ご飯にバナナを好きなだけ食べる。バナナだけ。ただそれだけで、昼夜は普通でいいそうだ。なぜかというのはバナナの含む「酵素」が脂肪を分解するらしい。それだけで何キロも・・・!?信じられん。
何か1品目だけで食事を済ませるのなんていやだし、バナナは普通に食べたい。走るときの捕食にもバナナは欠かせないのに売り切れなんて。いい加減にしてほしい!どうしよう、バナナ1本100円とかになったら!?
[PR]
by imusam928 | 2008-10-04 21:50 | 風月:つれづれ

ほんとに夏バテなのか?

このお盆休みも蒸し暑くてすっかり食欲減退。水分取りすぎもよくないけど、ついつい水物を飲んでしまう。朝もまず水。そのあともフルーツとかヨーグルトとかしか口にしたくない・・・。
しかし、休みの日なのでそのあと洗濯したりして動いてるからか、オリンピックを見ながら興奮してくるのか、目が覚めてきて食欲がわく。昨日今日となぜかパワーモーニング(笑)。それでも明日からの生活のエネルギー補充には足らないか。実は米も切れてて冷蔵庫空っぽ。高地からいただいたナスとゴーヤが大助かり。さて、なんとなくグッタリして夏バテなのかなとうなだれている場合じゃあない。食べることも生きる基本!女子マラソン・競泳を見届けたところで食材調達に行こうっと!
d0036951_12244387.jpgd0036951_1225234.jpg
[PR]
by imusam928 | 2008-08-17 11:10 | 風月:つれづれ

花火と満月(ほぼ)

d0036951_12385100.jpg8月16日は多摩川の花火大会へ。
天気予報ではこの日の午後から関東各地でも局地的な大雨注意だったので心配していた。午後私が家を出る頃に、雷鳴がしたと思ったら大雨に襲われてガックシ。しかし現地は「暗い雲はあるけど大丈夫だよ」ということで向かい、遅れて到着したけど無事花火を楽しむことができた。
二子玉川駅からバスで数駅先のエリアから鑑賞すると、橋の向こうに同時開催の川崎市の花火もみえる位置だった。散々飲み食いしたあと、飲み物をかたてに空を見上げながら歓声をあげる。

d0036951_12384073.jpgd0036951_12393772.jpg技あり人気なのか、五輪対応なのか、自転車とか野球のボールを空に画くタイプに驚いた。でもやっぱり大玉がドーンとお腹に響いて大空に華が咲くのは迫力。しかし、我々の評価では、圧倒的に遠くに見える川崎サイドの花火の方が威勢もよくてゴージャス。
誰かが「あれ何?」と空を指す。
ちょうど右上に見えるオレンジの光。・・・・月だ!!
雲か煙か、何度も見えたり隠れたりするけど、「きれい~!」と花火に負けないくらい喝采を浴びる月。暦で見たら17日が満月なので、ほぼ満月だったわけ。気のせいかクライマックスの”しだれ柳”もいつもより感動が小さかったのは月明かりで輝きがよわまったのかも。
しかしこんな位置に見えるのもめずらしい?
d0036951_1242131.jpg
 d0036951_12424468.jpg
[PR]
by imusam928 | 2008-08-17 10:26 | 風月:つれづれ
昨日の朝、突然の電話で「もしもし、私、わかる?」と怪しい電話。
「だ、誰?!」とドキドキしたら、分るわけがない。電話の声なんて分らないくらい時間がたった中学の同級生からだった。
「突然ごめん。ほんとに突然の話だけど、ミヤコ、死んじゃったの。」

ミヤコちゃんとは私が小学6年で転校してきてから中学までいっしょだった。
高校進学はバラバラだし、私は自宅が引っ越したこともあって、合うこともなくなった。成人祝いや、そのあと数年たった同窓会で会ったのが最後かな。もう15年以上会ってないと思う。
細くなった繋がりを頼りに同級生達が連絡をまわしてくれているようで、記憶の中のニックネームが飛び交いながら、集まる数人を確認した。

小さくなってしまった彼女は、うっすら笑って眠っていた。背が高くてバレー部で、髪の毛短かったよね。サバサバとした言動がかっこよかった。
卵巣癌。
同い年の突然の死に驚くと同時に、女性特有の病気だったということが私たちにもショックだった。みんな忙しい年代ということもあり、集まった同級生の中でも、ミヤコちゃんと最後に会ったのは7~8年前だった。たぶんそのあと病気がわかって闘病してたということらしい。時の流れはあっというまだね。全然知らなくて、ゴメン。それでも、お母さんが、「悔いのない時間を過ごせてよかったのよ。」というのが心に残っている。

帰り道に残れた6人で思い出を語る。最初に待ち合わせ場所で、喪服を着てるから分るよ、と言ったもののみんなびっくりするほど全然かわらない。みんなお母さんだなんて嘘だよ、というくらいキレイで、しっかりしてる。25年前の中学時代の話が次から次に飛び出てくる。他愛のない話題でよく笑っていたよね。今の時代に比べたら、私たち楽しい中学時代だったね。
笑いながら、大人になった発言が母としての強さを滲み出す。ハタチで出産したNはハタチの娘の母親だ。子供の部活動を応援しながら働くYも、小学生を抱えて美容院を切り盛りするEもとても力強いなあ。自分ひとりの生活で日々息を切らしている私ってなんて情けないんだろう。母は強しとはこういうことなのか。
○クン、△ちゃん・・・と、懐かしい旧友の近況をききながら、笑えないこともある。本当にいろんなことがあるよ。子供のこと、親の問題・・・そして自分のこと。みんな見た目は分らないけどそれぞれにいろいろあるのもわかってくる。死というのを受け止められる年代になってきたのも感じる。「たまにはさ、こうやってみんなで大笑いしたいよね。しなくちゃね。そうしたら、ってミヤコが言ってんだよ。」間違いなく帰宅は午前様になってるはずだが、誰も席を立たず、笑い続けてた新鮮な一夜。「ミヤコは悔いがなかった」というのが私たちに湿っぽさをださせなかったせいもある。
私もそんな風に言えるようにならなくちゃ。彼女が空に昇ってしまっただろう時刻に想う。バイバイ、ミヤコちゃん。
[PR]
by imusam928 | 2008-07-21 16:03 | 風月:つれづれ

皇居周辺秋便り

夜では気がつかないけど、だいぶ皇居の周辺の木々も紅葉してきている。

d0036951_1273329.jpg

モ・・・モンブラン!?こんなところに雪山??
木枯らし1号に雲がかためられたのか?
内堀どおりから正面に見える青空に、真っ白な積乱雲!?どうなってるんだろ。


お堀周辺の雰囲気も植物や樹木から四季を感じさせてくれる。

d0036951_1373092.jpg


d0036951_127927.jpg
東京駅へむかうアプローチのイチョウは日当たりの違いはあるが、もう見ごろが終わりに近い。竹橋駅出口の巨大銀杏は銀杏が踏み砕かれていた。今年の新銀杏は食べそびれ?




[PR]
by imusam928 | 2006-11-15 00:18 | 風月:つれづれ

満月の皇居ラン

d0036951_1224933.jpg銭湯で着替えて、コースに向かう途中。
目の前にで~っかい満月が!!
ビックリした・・・。まだ19時前だからすごく低い位置で大きい。
以前も満月だったときがあるけど、もっと高い位置にあるときに発見したので、小さかった。今夜はちょっとご対面でパワーをもらいながら走ったかな。
(写真は今夜のではないですが、8時過ぎるとこれくらい)
[PR]
by imusam928 | 2006-03-15 23:58 | 風月:つれづれ

ワカサギ

d0036951_10334737.jpg

今日は暖かくて気持ちいい!

補足・・・
[PR]
by imusam928 | 2006-02-19 10:33 | 風月:つれづれ
行って見たいと思ってたカフェ、というかチョコレートショップ、明治製菓の本社にある「100%Chocolate Cafe」に行ってみた。
たまたま土曜の午後に茅場町辺りに用事があり、夕方友人と京橋まであるいてワクワクしていったら・・・すごい行列だった!!そうだよね、このシーズンは駄目だよね・・・。
がっかり。ひとりだったら寒空がまんして並ぶんだけど、友人はまったく興味なし、しかもかなりの空腹ではよ店探そう!というオーラ。今回はがまんして場所の確認のみ。
100%カカオのチョコとか、産地別のカカオをつかったホットチョコとか飲んで見たかったんだけどな。2月14日以降にまた行こうっと。
[PR]
by imusam928 | 2006-02-12 23:57 | 風月:つれづれ

2006初雪

ここまで降るとは。土曜なのに朝早くから出かける用事があり、足元は大変だけど何か嬉しくて写真を撮りながら駅へ向かう。近所とは思えないなあ。これが2006年の東京でみた初めての雪。しかし歩き方以前に雪道用の靴が無いと危険!?
d0036951_2339350.jpgd0036951_23392316.jpg
[PR]
by imusam928 | 2006-01-21 20:34 | 風月:つれづれ