のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:風月:つれづれ( 43 )

パンデミックの予感!?

ここ数日で、一気に豚インフルエンザの話題が大きくなった。
メキシコから発症して志望者がでたという記事のあとは、次々と世界中の国々へ感染が発覚。あっという間に10カ国以上になった。

昨年から国内でもインフルエンザの脅威について、個人的にはちょっと過剰じゃないかと思うくらいの取り扱いで、花粉症シーズンはたぶんプラスのマスク通勤者が増えていた気がした。昨今は災害などの危機管理対策としてBCP(事業継続経営)を検討するようになり、社内でもさまざまなルールが作られたりしている。実際には地震などで自社の業務や流通がストップしているときには、取引先も動いてないよな~なんて思ったりして実感が無い。
インフルエンザも大量の掲示情報があるものの、とりあえず予防注射打ったから、と軽視がち。妹の会社では数千円するマスクを買わされたときいて驚いていた。

しかし、今回のようなことが実際に起きると、そういえばあのとき・・・となる弱いところ。
当時の資料でインパクトがあったことばが「パンデミック」。
伝染病などが世界的に大流行することを表す用語で、歴史にもコレラとかチフスとかが世界中で何万人も死者をだしたというようなもの。”感染爆発”と言う言葉もあったと思うが、大流行という浮かれたイメージとは程遠い深刻なものだった。もちろんその資料を読んだときは、まさか今の時代にそんなことが・・・?なんて思っていた。だが、最近のニュースでも「肺結核」は昔の病気じゃなかったり、今回のように新種のインフルエンザが思わぬところで発症したりというのが現実のようだ。
パンデミックという新しいことばは、パニックを思わせる。過剰表現される情報により日本人は勝手にパニック度をエスカレートさせる恐れもあるが、これだけ短期間に死者を出して、世界に感染してしまった新種インフルエンザは日本じゃなくてもパニックになる気もする。
大型連休は自分は幸い(?)国内滞在だけど、海外に行かなくても外出すれば外国帰りの人達とは無意識に接触するわけで、他人事じゃない。赤の他人と密接になる通勤ラッシュは最悪か!?
えっと、豚肉はきちんと火を通して食べるからまったく問題なし、と。
とにかく情報をきちんと冷静に読み、判断する、ということをこれからしっかりやらないと。
[PR]
by imusam928 | 2009-04-29 12:03 | 風月:つれづれ
週末ゆったりたっぷりランチを堪能した、つづき。
(さんざんお腹いっぱいのはず?)

今日はサングラスが必要なくらいの日差しで暑かった。
ランチのお店をでるころに、そうだこんなに暑いのは、アイス日和~!ということで、六本木までお散歩。目指すはCold Stone Creamery!!
d0036951_018059.jpgオープンしたての行列でうんざりイメージだったけど、今日は程よい待ち時間で悩みに悩んでるのもまた楽し。
セットメニューはどれも美味しそうで、目移りする。お腹と頭は繋がっていないらしい。それでもさすがに他の人が食べているような20cmくらいのコーンカップでたっぷりアイスは無理だなあ。ああ、コレもあれも食べてみたい。イチゴ(また?)+チーズケーキ?ナッツ+バナナ?バナナアイス?

んんん・・・悩む。
[PR]
by imusam928 | 2009-04-11 23:29 | 風月:つれづれ
昨夜の今頃、香港空港でひとりぽっち。かなりブルーだったのに、WBC日本優勝・2連覇達成!とテレビのダイジェスト見ながらすっかりニッポン!!のハイな気分。結果はわかっててもドキドキしてます。

香港ではNHK衛星でちらっとニュースは流れるけど、新聞にも載ってません。テレビでも放映権の問題なのかやらないし。生では優勝の瞬間は見られなかったけど、本当に優勝するとはびっくりだけど、やっぱりなんだかんだいって嬉しい。暗い日本にちょっと明るい話題が流れるのもいい感じ。

昨日は13時前にチェックインカウンターで欠航を知らされてから12時間、何するわけもなくどうすることもできずに時間を流してた。こういうのも久しぶりの痛い体験。
携帯も使えない、有料のインターネットも自由には使えない、時間以外はカウンターの担当も姿を消し、かけろといわれた電話番号はずっとビジー、しまいにゃ営業時間です・・・の音声に変る。どうすりゃいいのだ、と思考が止まってました。外は突然雨が降ったり強風だったり。強風=欠航もありえるとか、「25(水)の深夜便なら確保デキマス」という最悪のあと1日フリーになったときのすごし方とかいろいろ妄想した。

でも乗りたい2時便のチェックインが始まったら、再度チャレンジしようと思ってカウンター前のベンチでじっと待つこと数時間。どうも私のキャンセル待ちは入っていなくて、負けないで昼にA○Aのオジサンと話していたメモを見せて強く出て、再度キャンセル待ちしたいと深夜1時過ぎに再集合した。
静かな空港はとても綺麗な美術館のよう。ここで夜明かしはどんな感じ?
d0036951_23111262.jpg もうそのまま空港で一夜を明かす(翌朝便を待つ)とか、午後便だったら、そのあとの深夜便だったらとか、悪い想像するのはやめて、要冷蔵品買わなくてよかった!とか、許留山のマンゴージュースが空港で飲めてよかったとか、プラスにスイッチする。こういうのは社会にもまれて鍛えられ覚えたのかもしれない。
じゃなかったら、「満席なの!」という言葉に負けずキャンセル待ちして奇跡的に席とれてない!
まさに粘り勝ち、ハッタリだろうが、サバ読み大ぼらだろうが、勝ちは勝ち。のんびり待つ人に渡せない!

2時のフライトは日本時間3時、7時前に羽田にいて眠れてないけど、勝った!気分なので、帰宅→出勤も問題なし。(1時間遅刻させてもらう)
そして、このWBCもまさかの2連覇達成。そんなに力入れてみていない私でも、韓国戦で同点延長の末のイチロー勝ち越しでもぎとった勝利には興奮する。こういうのが勝ちを取りに行くという使い方なのか?はらはらドキドキいい試合じゃないですか!北京の暗いムードはどこへやら、のサムライジャパン。
私自身も3月はずっとマイナス気分で苦しかったけど、勝った!という気分の効果は大きいと思う。
テレビでも「日本サイコー!」「やった~!!」と抱き合ってる映像がなんかいいよね。涙じゃなく笑う優勝のチカラ?野球が今の日本をちょっとでも元気にしてくれてるよ、笑う力の伝染!
でも3月もあと1週間。無事乗り切れますように。あー、ビールかけしてみたいな(笑)!!
[PR]
by imusam928 | 2009-03-24 23:10 | 風月:つれづれ
d0036951_2335950.jpg週末花粉の吸い込みすぎかと思ったけど、だるい症状から若干発熱・食欲減退。風邪症状・・・。アヴ~
次の週末は出かけるから冷蔵庫の中身も片付けたいと思い、見える野菜をザクザクと刻み、冷凍してあるシャウエッセンを足して、コンソメキューブとエルブドプロバンスを少しと胡椒で残り物スープ。適当でも間違いなく美味しくできる、この鍋のおかげで!安かったからと株半分で買ったセロリがたっぷり入っているので嫌いな人には臭いかもしれないけど私は好き。そして数日後には中華三昧なのでコンソメ味でOK.
たっぷり作って、食欲なくても流し込めるので何とか栄養確保。

3日以上家を空けるときは、すこしは部屋の中も片付けておきたいし、気になることがいくつかあるけど荷造りもたいてい前夜に半徹夜でやることになるのであわただしい。
・冷蔵庫の生もの処分
・水まわり(フロ・トイレ・洗面台・キッチン)
・お洗濯ものゼロ

さらにもう少し長期になると、
・新聞を止めとく
・みたいTV番組の予約

そして、この季節はとくに気がかりなのは、生きものたち。ペットの動物はいないんだけど、ベランダと部屋の中の植物たちの生存問題だ。
真夏はベランダの植物は少ないし、部屋の中も一部観葉植物が残る程度だし、秋~冬はあまり水も必要としない時期だったりするので、実家の母か妹に「1回来て」とお願いしているわけだ。しかしこの春という季節は植物が最も成長著しいわけで、たっぷりの日差しを浴びて育つためにはたっぷりの水分を欲するのだ。
ずぼらな主人(私)は、たまに寝坊して朝の水遣りを一回休みにしてしまったりするが、20度近い気温になると1日で鉢の水分はなくなるようで、翌朝グッタリ瀕死なことがある・・・。今はまさに、ベランダガーデナーの師匠である母からも「ちゃんと毎日水やんないとダメよ!」と言われている時期だ。
こんな適当でも、生き物の力強さを感じる瞬間が嬉しくてついつい毎年何かを育てている。とくに冬から春のこの季節が一番。ちゃんと感じて日々成長してるのが感動的なのだ。
d0036951_234443.jpgd0036951_235373.jpg
d0036951_241236.jpgd0036951_235556.jpg
全然ダメかと思ってたパンジーはコレでもかというほど咲きほこるし、先週末にはムスカリが色づいた。フリージアもつぼみが大きくなった。エンドウは1つ咲いたと思ったらいくつも白い花をつけた。この花がマメになるのが楽しみ!と、今にも春爛漫なスタンバイができている。数日間主不在です、スマンなあ~。
こうやって、大好きな旅に出るときは消灯や戸締りとともに、各鉢に対してギリギリの愛情をそそいでいる。
大変だけど、今さら緑や花のない生活は考えられないから仕方ない。

それにしても、今回の準備状況にアラーム!時間がない!
でもまあ向こうに行けば何でもあるから何とかなるヨネ・・・。気温と天候くらい確認しなくちゃ。
[PR]
by imusam928 | 2009-03-18 00:06 | 風月:つれづれ

まさに春到来(涙)

d0036951_13592053.jpg金曜日に春一番、その夜もぬるい風が吹いた。
土曜日はそれこそTシャツでもOKなおどろくほどの初夏の日差し。各地で20度を超える気温。思わず衣替えしたくなる気分だった。ベランダの一角はカラフルな彩り。
日曜日は青梅マラソンで森の中で半日過ごしたわけで・・・。そこで体感した春は「花粉」。

自分はそれほど重度の花粉症ではないので、ここ数年は漢方の薬を飲んでいれば通常生活は問題なかった。家の中も外の風を入れたいので花粉の季節も窓を開けるし布団も干す。通勤にマスクで予防。それくらい。
それが数年ぶりのアレルギー症状が大爆発!!!

それが不思議なんだけど、走っている最中はまったく何ともなかったのに、ゴールして歩き出して息整えているとたんにくしゃみ連発!疲労のからだに響く(涙)。そのあとはもう鼻水は止まらないし、着替えてる最中も鼻かみ続け、くしゃみしすぎで頭痛くなった。
こりゃどういうことなんだ。

以前にも、トレッキング中だったりと杉たっぷりの山の中歩いているときは平気なのに、帰宅したとたん鼻タレだったこともあるけど。一説によれば、山の中は花粉が大量放出されてもちゃんと大地が吸収しているから人に影響はすくないが、市街地へくるとアスファルト・近代建築物ばかりで花粉が行き場がなくて空中飛散しっぱなしだから人が大量吸引するとか。また、山の中は花粉だけだけど、街中では人工的粉塵とまざることによってアレルギー反応する人がいるとか。
どっちでも私は当てはまっているようです。もう、帰宅してからが大変なのなんのって・・・!!

くしゃみで目の前チカチカするし、鼻はまったく私の意志を無視してツーだし、のどもヒリヒリとしてうがいしてもしてもすっきりしない。鼻かみすぎで体内水分がすくなくなるんじゃないか?いや、走った後だからただでさえ水分少ないはずだ、と鼻をかんだら水を飲むの繰り返し(笑)。

予報ではまた冬の気候にもどるそうだけど、花粉症のおかげですっかり気分は春。私の場合は毎年ソメイヨシノが満開になる頃まで続く。マラソンの大会に出るのも青梅で一区切りだし、週末にスキーに行ったら私の冬シーズンも終わり、春到来、3月の桃の節句で暦的にもちょうどいいのかもしれない。
[PR]
by imusam928 | 2009-02-16 19:51 | 風月:つれづれ

手製の干し柿

d0036951_2254953.jpg

手作りの干し柿をいただいた。干し柿ってこんな味わい深いものだったの、と再認識。
この前は、職場で産直の干し芋を茨城から取り寄せて、皆でウマイ~とうなったっけ。
自然の素材で昔ながらの味、身体にいいおやつ見直すべきかも!
[PR]
by imusam928 | 2009-02-14 21:54 | 風月:つれづれ

格差に触れた日

d0036951_13956.jpg
異業種じゃなくて同業の交流会というか勉強会のような集いがあり、夜に意見交換会という名の新年会があった。場所がびっくり。六本木ヒルズレジデンスの最上階のラウンジ。どの会社のどんな関係で借りられたのかわかりませんが、普段はみんな普通のサラリーマン・OLなので、緊張しまくり。キラッキラの欅坂ダイオードの渦でテンションおかしくなりました。
d0036951_1445374.jpg42.43階のメゾネット型のこの部屋をスカイラウンジとして使用しているそう。
そんなシックなインテリアに約40人のサラリーマンがぎこちなくお酒を片手に・・・くつろぐ。いつもの居酒屋なら大騒ぎするところもなんとなく緊張するし、いろんなデザインのソファに座ってみたくなる気分。ぎこちないけど。
夜景は綺麗だけどちょうど東京タワーは見えませんでした。
どんだけたくさんのセレブがこの塔で生活しているんだろうね・・・買い物どこでしてるんだろ・・・オレあのウオークインクローゼットってところで寝られる・・・とか庶民は居心地いいのか悪いのか(笑)みんなもう2度とこられないだろうと数時間を堪能。

d0036951_1483718.jpgd0036951_1494676.jpg
なんだか非現実の不思議な時間。六本木という街自体が私には非日常です。
d0036951_214826.jpg年末年始には寝るところもなくて炊き出しに集まる、なんてニュースが流れているのに、お隣はヴィトンなのよってこういう夜景を見ながらドアマンに迎えられる毎日をすごすような人もいるんだよね。
酔っ払いはフロントを出たとたん、緊張がほぐれたただのおのぼりさんでした。
ヴィトンはこんな可愛い外装になってた。
[PR]
by imusam928 | 2009-01-15 00:56 | 風月:つれづれ

5年、つづけられるか。

なんだか2008年があっというまに終わった。
ちゃんと手帳で振り返ればいろいろとあったんですが、猛スピードで過ぎてしまった。けっこう精神的にもへこたれたりしたから、頭の中をクリアしてるんだろうか。
こうやってブログで日々のことを書き連ねてはいるけど、日記というよりはイベント議事録とか記録?不特定多数の人が閲覧できる前提だからどこか作文してるところもある。パソコンも家に帰って電源入れない(いれたくない)こともしょっちゅうだから、書かないと書きたいことがどんどん溜まってるし!(そういう状況がストレスになることもあり、最近は気にしなくなった(笑))。
そんなことを考えていた年末。その日のことはその日のうちに、書こう、と思い立った。たくさん書かなくていいから、何があったとか、どう考えたとか。じゃあウイークリー手帳でいい?いまさら日記帳!?・・・と考えてて、見つけたのが「5年日記」。
d0036951_1242932.jpgいきなり5年!?
そう思ったけど、買ってしまった!立派なハードカヴァー!新年スタート!!
元旦から初めて5日。3日坊主超え。
寝る前に数分でささっと1日の感想だけ書く。でも、今は気にして毎晩手にしてるけど、そのうち酔っ払ってすぐ寝ちゃったり、忘れて何日もまとめて振り返ていそう?
いいのだ。これも、ストレスにならない程度でやってみる。
そのかわり自分に正直な言葉を書くように。
そして次の年、1年前の自分が何を考えていたのかをみて、笑おう。
[PR]
by imusam928 | 2009-01-07 00:28 | 風月:つれづれ
d0036951_1592565.jpg第85回の記念大会だそうだが、久しぶりに往路全区観戦してしまった。
12月31日に往路ゴールポイントだけ、触れてきました・・・。ってことで、テレビですが見る気はマンマンだったんだけど、走っているのを見てるだけなのに、ホント不思議。半日がすぐだった。それくらい見ごたえあって面白かった。

世界選手権・オリンピックで名を上げた早大竹澤の学生最後の走りに注目、という程度だったんだけど、各区で順位がグルグル入れ替わり目が離せない。ハーフマラソンを1時間数分で走る彼らの画面を通した姿から風の音が伝わり、名前も知らない各選手の突然のドラマがドキドキワクワクさせるのだ。注目通りの快走に感嘆し、期待されながらもアクシデントで実力の出せない苦しい表情が辛い。それでも、暗いなにかとニュースが続いている中で、若さいっぱいの真っ向勝負、ただひたすら走るだけのひたむきな姿に、自分自身の新年の気持ちも新たにさせられる気がした。
接戦の1区は緊張感いっぱいだったが、”花の2区”では外国勢が目立ちすぎて、、関学大モグスがぶっちぎりのトップ、日大ダニエルのごぼう抜き記録更新はすごいけどちょっぴりだけ残念な気持ちにもなった。エースは2区のイメージだったが、注目の竹澤や佐藤は3区にいて各校の戦術も年々変るのだろう。しかしその通り、3区は竹澤が故障明けの心配もよそに、4分近い差を数十秒まで追い詰めて4区へ繋いだ。この人はとても姿勢がよくて強い日差しを受けてもサングラスもしないでクールな表情で疾走する姿が印象的だった。それでも中継直前で1位を追い詰めたとき汗を流し顔をしかめていてスパートの激しさが伝わった。

4区で日本代表竹澤からの重い襷を受け取った早大1年生は臆することなく1位に順位を上げ、区間新記録。初めての箱根駅伝で実力を出し切り記録を残せる精神力の強さは、卒業していく4年生にも心強いだろうなあ。そう思いながら見ていたが、もっとすごい1年生が5区に登場。一躍注目の的になった東洋大の柏原、ちゃんと新聞でも"スーパールーキー”とあったけど私はもちろん全然知らない。解説席にいた5区の記録保持者の元順大の今井が”山の神”と言われたときはテレビで見ていたが、ここで逆転できるパワーに圧倒されたのが記憶に新しいのだが、それを目指したいと言っていた1年生があっさりと追い越してしまった!(今井さんの気持ちはどんなものなんでしょう?)
山の神を山の神童が制した、と実況されていたがまさにそんな感じ。
d0036951_155441.jpg(元箱根の大鳥居)
ちょうど、年越しを箱根で過ごしたので、5区のコースは山越えの様子は見ていて鳥肌が立つ。箱根湯本からの上り坂は車でもわかるほどの斜度があり、歩いて登るのもきついと思う。ヘアピカーブを一気に上ると元箱根のゴールまでにはいくつかの下りでスピードを出しつつもかなりのパワーを必要とするはず。
最初からスパートした柏原クンは、素人の私には大丈夫?と思われるほどで、途中もずっと苦しそうな表情ではらはらした。しかしこれが彼のスタイルらしい・・・!!
d0036951_1564654.jpg(ゴール直前の直線)
画面ではわき腹を押さえ険しい顔をしていても、確かにピッチは落ちない。追い抜いた早大4年の三輪に下りで追いつかれても、あっさり突き放すではないか。レースの駆け引きとかスタミナコントロールとか無用??そんなこといちいち考えない(考えているかもしれないけど感じさせない)突撃スタイルのまま突っ走る。小田原で9位の襷をなんとトップにして往路初優勝!!!感動というより、唖然デシタ。なんて馬力なんだ。若さだけではないはず。
驚く肝っ玉というかこの柏原クンのコメントにまたびっくり。「初夢で(区間新の)1時間17分を出したのを見たのでいけると思ったけど、本当にできて嬉しい」ですって、大物だわ。これからが楽しみです。外国勢に負けないぶっちぎりの走りをまた見せてほしい!!
さて、ワタシも走り初めしなくちゃな~(笑)
[PR]
by imusam928 | 2009-01-02 14:43 | 風月:つれづれ

これじゃ何かわからん

d0036951_17274075.jpgd0036951_19571220.jpg

↑ミッドタウンにある、ツリーを中から見上げるとこうなる。
[PR]
by imusam928 | 2008-12-06 17:27 | 風月:つれづれ