のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:音楽( 15 )

d0036951_0364158.jpg水曜の夜、珍しく雨にも降られず蒸し暑い。そんな夜には~って歌いだしてる、気分はすっかり80年代へ。
なんと80年デビューしたシャネルズ→ラッツ&スター+ゴスペラーズ=ゴスペラッツ、という不思議な期間限定ユニットのコンサートへ行ってきた。そんなユニットを知ってる人たちはどれくらいいるのか。(少なくとも私の職場のまわりは知らなかった・・・)。私もさそわれて行った口ではあるが、サブにSOUL POWER TOKYO SUMMIT 2006などという大掛かりなタイトルまでついていた。ゴスペラッツを目玉に、他に4アーティストが登場で、のべ3時間半におよぶお祭だった。
シャネルズを見てたのは小学生~中学生くらい?ベースボーカルの「ボンボンボンボンぼーぼぼぼぼぼぼ・・・」ってまねたり、イベントがあると顔黒く塗ってサングラスすれば簡単物まねだったなー。歌番組とかCMなんかでのキャッチーなヒット曲は、なぜかしっかり歌詞が頭に入っていて、ちゃんと歌えちゃうんだよなー!?なぜ?「ランナウェイ」フルコーラスいけるヮ。
d0036951_0403839.jpgゴスペラッツはいちおうちゃんとアルバムも出していて、カバーからボケから入ってて、短いけどあななつかし、という感じだった。ステージではアルバムに入ってなくても当時のヒットソングメドレーをやってくれて、ファンにはたまらないだろう。
ゴスペラーズも1時間くらいしっかりステージがあって、ぜんぜん曲を知らない私はファンウォッチング。見える範囲にいた激しい(目障り?)アピールの女性たちから、そんなイメージのアーチストにみえないのが面白かった。けっこうアイドル!?
余談だけど、自分はわりとどんなアーチストやジャンルでも気に入れば聞くけど、最近は”声(歌声”の好き嫌いなのかな、と思う。なにかがダメ、でメロディとか口ずさむけどイヤ。たとえばこのボーカルグループのメインの人、がそうだったようだ。生で聞くとはっきりした。ファンの皆さんには失礼。でも人の好みだから。
幸い(笑)ゴスペラッツに加わったメンバーの村上・酒井は大丈夫。鈴木”マーチン”雅之は言うこと無しの声とウィットにとんだそして熱いメッセージ。そしてボーボボボの佐藤さんの生声をここで聞けるとは!!私たちよりちょっと年代が上の多くのファンの皆さんも感無量だろう。おおお~ぅぅ!!!とオヤジの雄叫びがひびいたものである。(とうぜんファンの年齢層は高し。)
知らなかったけど、ゴスペラーズってその佐藤さんがラッツ解散後に発掘したボーカルグループなんだそうだ。そんな関係で、昨年あるイベントで顔黒塗りしてシャネルズやラッツ&スターの曲をカバーしたのがうけて、今年再結成したらしい。ゴスペラーズのメンバーにとっては憧れとかでは片付けられない存在のラッツ&スター。その人たちに混じって一緒にグループとしてステージに立てることの感激を語る姿がよかった。そしてそんな彼らに、解散して20年たった今、こんな形で再び歌うことができて感謝してる、と返す鈴木雅之。ほんと、客席でみててもほほえましい、うらやましい関係だよ。またいつかこういうことが絶対できる、また見れる、と思うと嬉しい。続いていくというのもいいことだよね。

今年は秋に米米クラブが再結成。ビリー・ジョエルにマドンナ来日!!と、いやでも80年代にもどっていくわたしのプレイリスト。80’s健在!!
[PR]
by imusam928 | 2006-07-31 00:02 | 音楽
d0036951_174446.jpg

土曜日、今週は2回目の代々木体育館。
オープニングが終わって、2曲目のイントロ・・・のときに
「夏の終わりの土曜日、僕を選んでくれてありがとう」
と曲にあわせて歌うと観客は大歓声!!そうだよ、この土曜日は花火大会やらいろんな夏イベントが目白押し。しかしここに集った客も久保田で夏の始まり、というところ。
d0036951_23544230.jpgなんと今年でデビュー20周年の記念ツアーだった。20年前・・・あらためて言われるとずっしりと月日の重みを感じる。そういえば観客の年齢層も高し(笑)。けっこうお父さんとお母さん、という雰囲気も目立つ。まあ自分の年齢を思えば当然か。
自分自身は熱狂的なファンというほどでもないけど、10代の私にとって、あのころ日本人アーチストで彼のようなタイプはいなかったから、自作の曲やソウルフルな歌い方が強烈でよく聞いていた。当時で言うと”ファンキー”とか”グルーヴ”とかって言うことばも彼から覚えた気がする。ラジオっ子だったからなんとなく聞いてはいたけど、ソウルとかファンクとか自分の好きな曲のジャンルというの知ったのも彼の影響かも。
90年代にNYでの活動をはじめ、すっかりバンドもインターナショナルで、『ソウルトレイン』に夢がかなって出演したときの歌を披露したときは、すっかりToshi KUBOTAだった。
そういえば、いまやってる映画『日本沈没』の挿入歌を韓国人歌手のソンミと熱唱したときはまた違う日本を飛び出した久保田の存在がよくわかった。このソンミはまたなまで聞くと迫力満点の歌唱力!どうなっていくかたのしみなアーチスト!
それでもファンサービスはしっかりと。20年間の懐かしい曲をたくさん盛り込んでくれている。
「Missing」「クライ・オン・ユア・スマイル」などバラードの名曲はこなれた大人のアレンジだったけど、10年以上前の新鮮な感動も蘇る。もちろんノリのいい「タイムシャワーに討たれて」とか「ラ・ラ・ラ・ラブソング」など、彼の独特の世界にあっというまにひきこまれていくのだ。われらはうかれまくりのカラオケ大会でもある。
ある音楽サイトにあった久保田へのコメントをみて、今回のステージの観客のリアクションでまさにそうだと思い知らされた。20年前、いまの日本の音楽界が想像できようか・・・。
”彼の楽曲は一貫して、本場のR&Bを日本人好みのマイルド・テイストに料理している。それによって、ブラック・ミュージックを一般リスナー層にまで浸透させた功績は誰もが認めるところだろう。 ”
アンコールでのお決まりダンスタイム(*)も、20年前から続けてる。邪道な振りつけかもしれないけど、音楽にあわせて身体を動かすことの楽しさ、そこからナチュラルに音にあわせて体が動いてしまうようになっちゃった人も多いだろうな。自ら大ファンと語る99の岡村が客席からステージに呼ばれ、まさにテンションはじけて幕を閉じた夜だった・・・。
ライブの前にランニングはしてはいけない、と教訓も得た。
(*会場を3つに分けてオリジナル振り付けで観客がいっせいに踊るダンス合戦。自分以外の2エリアの大観衆がいっせいに踊る様子は圧巻。はずかしい、とこれに躊躇しているとライブの感激は半減かも(笑))
[PR]
by imusam928 | 2006-07-30 22:07 | 音楽
d0036951_056021.jpg

同世代の同僚に声をかけられていってきた。そんなに熱狂的ではないけど、過去にも何度かコンサートへ出かけたことがある程度だけど、さすが、だった。あっちからもこっちからも知ってる曲ばっかりが出てくるし、練りこまれた演出効果とともにあっというまの3時間、フルラウンド!久しぶりに3時間タップリ歌を聞いた”コンサート”だった。

More
[PR]
by imusam928 | 2005-12-01 18:34 | 音楽
おととい夜、ジムから帰って自然の流れでコンポのリモコンスイッチ・オン。
あれ?いよいよリモコン電池切れた?と思ったら、本体ディスプレイ真っ黒!!
触ると熱い。ショート!?
もう何をやってもびくともしなかった・・・。起きてよ・・・、って。ガーン・・・。

毎朝、目覚ましの一つとしてFMラジオがオン(ジョンカビラに喝を入れてもらう)
仕事から帰宅した後も、テレビというよりFMかCDを聴いていることが圧倒的に多い。
テレビはドラマもバラエティも嫌いじゃあないけど全然見なくても平気。
職場でもずっとPCモニターを見ているせいか、テレビ画面を見るのが疲れる。
FMはもっぱらJ-WAVEを聞き流。ほどよい好みの音楽がかかるのがすき。
オンエア曲で気になってCDを手に入れたアーティストばっかりかもしれない。
CDは3枚チェンジャーしかないけど、そうやって見つけたアーチストとか懐かしいアルバムとかを必ず3枚、今の3枚を入れて聴いていた。

なのに!!
もう朝からリズムが来るって仕方がない。
オンエアのタイムテーブルで動いていたし、テレビってこんなに朝からうるさいのね~!って改めてうんざりしたり。
でももっと悲しいのが夜も音楽が聴けないことが、こんなに悲しいなんて。
No Music, No Life.
そんな気分。
ちょうどQueenのベストも聴きまくっていたところだったのにぃー!!(もちろんNG)
d0036951_11294.jpg
D○N○N社製。メーカーはさ~出張修理も週末は隔週なんだってさ~!!
がっかりだ。休みはとれないし、サービス拡大して欲しい。
あと2週間後までNo Music!?ありえないわ。
明日、テンポラリ対応のCDラジカセ買いに行こうっと。

※体調悪いけど、ラジカセ買いにいざ!と最後に念のためもう一度チェックしたら、電源ON!なおった!なんだろう、接触が悪かった?電気コードの中がいかれてる?とにかく修理中止しなきゃ。
[PR]
by imusam928 | 2005-07-24 00:37 | 音楽
・イングリット・フミ子・ヘミング&ドヴォルザーク・シンフォニー・オーケストラによる
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」作品73

・ドヴォルザーク・シンフォニー・オーケストラによる
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」作品95

d0036951_08425.jpg
クラッシックを聴きに行ったのはいつぶりだろう?
何を思ったか母がチケットを手に入れてきた。

フジ子さんは前半のみだったが、アンコールのときに「このあとはオーケストラの演奏もあるので休憩して帰らないでくださいネ」なんて笑いをとっていた。
アンコールはピアノソロでショパンのワルツと彼女を一躍有名にしたリストのラ・カンパネラ。
「皇帝」でもソロパートが圧倒的な存在感を出していたけれど、アンコールのソロはそれは圧巻!2曲ともCDでは聴いていたのだが、生で聴くと全然違う・・・。オーケストラのメンバーもじっと聞き入っている様子の舞台で、客席だけでなく彼女の表現力に引き込まれているのがわかる。個人的感想は「皇帝」よりアンコールの10数分がよかった。CDの影響もあるけどソロリサイタルを今度は期待したい。

「新世界より」第1楽章~第4楽章まで、聴き応えがあった。フミ子さんがセンターから消えたため、各楽器の演奏家をチェックしたりして、むかーしクラリネットやったなあとか、いつかは弦楽器にチャレンジしたい・・・とか思いをめぐらす。オーケストラまではいかなくても数人でのアンサンブルとかやったら楽しいだろうなあ~とずいぶん長いこと演奏するというのから遠ざかっているけどいつかまた何かを始めたい。
そんな私の思いをよそに観客席で高校生くらいの男子4人組みをみて母は「えらいわねえ~」と漏らしていたが、足取りもおぼつかない年配の方がとても多いのに私は感激したので「いくつになっても好きなことつづけたいね」と言い返した。私のエレクトーンは弾いていたけどポップな曲が多かったからこういう世界は無縁だったからしかたない。
まあうちではクラッシックのくの字も出ないのに自らチケット取ってきた母もフミ子さんの演奏に何かを感じているようではあった。芸術はストレートに感じるのがいい。
[PR]
by imusam928 | 2005-07-06 23:45 | 音楽