のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー

2008年 08月 02日 ( 1 )

新しい靴のならしラン

d0036951_23511182.jpg 05年のナイキ、06年のアディダス、07年のナイキに続く4足目。その靴をおろして初めて走ってみた日。(新しい靴は明るい昼間がいいというので夜ランは避けた)
 この靴は、ランナー仲間では利用者の多い、ATHLETE CLUBへ行って選んでもらい、インソールもつくってもらいました。

 ガツガツ走ることもしないからですが、運よく故障もなかったので、この店にはわざわざ行くこともなかった。でも、昨年11月のNYシティマラソンで躓いて爪を傷めて、そのあとかばってしまって膝の痛みも体験。今は(練習してないから・・・)どこが痛いとかはあまりないけど、再び練習再開するにあたり、ちょうど今までの靴が底が相当磨り減っていて買い替えかと言う雰囲気だったので、せっかくだからお世話になってみようと決めた。何かあったあとの対策ではなく予防と言うことです。
 店ではすぐ、カウンセリングを受け、足型を計測し(足裏とコンピュータによる立体)、フィッティング。ここは色々聞いていたのでなるほど、という感じで進む。足首の角度も、ランナーには最低ほしいといわれるらしい15度でセーフ!?驚いたのは、適切なサイズが今の靴より1.5cmも大きいものになってしまったこと。慢性的に足指を縮めたような形になってしまっているそうでした。それでもランシューズに限らず、そのサイズ(+0.5のことはあっても)で長年生活してきたので、人生初のビッグサイズ靴になるわけ。4足を履き比べ、どれも今までに比べたらゆとりがあるので難しかったけど、踵のフィット感が気に入ったものを選択。初ASICSシューズです。
まったく無意識だけど、約10日後に完成したものを受け取り家で改めて見ていたら、商品名は「GT-2130 New York」とまさに次のフルマラソンのNYに向けての1足でした!

さて、その走り心地とは・・・?!
履いたときももちろんだけど、走っていても大いに今までと違うゆとりを感じる。1.5cm違うんだから当然といえば当然なんだけど。実際にそういうわけではないけど、なんとなく大きい靴が脱げそうな感じがしてしまう。自分ではありえない、と思った昨年の大阪国際で福士選手の靴が脱げたのはコレくらいのサイズなのかな~と、えらそうなことを考えたが、レベルが違いすぎ。
現時点で痛みのある故障を抱えているわけでもないので、これは!!という驚異的な違いもあるわけではない。でも、重いとか違和感があるとか、そういうマイナス面は何もないので、まずはよしとする。「何かあったら調整しますのですぐ持ってきてください」とは言われたが、1回走ったくらいではまだ何も無い。今日は靴に気をとられて時計も持たずに走り出してしまい、ちょっと体調もいまいちで予定距離も走れなかったので、なんとなく不完全燃焼。体調整えて、来週、もうちょっと走ります。
[PR]
by imusam928 | 2008-08-02 23:51