のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

北の大地を走る、より食べた!?

食べるほうも昨年に続き堪能。2日間と短いけど、旅+ランには欠かせない!

d0036951_23595913.jpg

走る前日のランチは、道民の「せ」さんアンテナにより丘の中のステキなお店を予約してもらった。
イタリアンレストランのオステリア・バローレはステキなんですが、移動手段は公共機関のみという私たちにとってはちとアクセス難でした(笑)。ほかのお客さんは皆さん当然ですが車で。でも、車では美味しいお料理とあわせてワインなども楽しめないというマイナス面もあり、難しいところですね・・・。私たちは当然1杯いただきましたけど♪




d0036951_23285225.jpg駅前から1日10本もない路面バスを利用。車道から300mは畑に囲まれた砂利道で、大荷物を引きずって到着。寒いし重いし疲れた(涙)。
知らないとまさかここにレストラン?というように、畑の間の小さな林の中に洋風の建物。
新築ピカピカの建物と、その前に今まだお手入れ中の広い庭が広がる。さらにその先には雪を抱く連峰が見えるロケーション。晴れたら景色最高!
d0036951_23593841.jpg
 
d0036951_23325095.jpgアットホームな店内は外の景色が見えるように窓側にテーブルが並んでいる。全体は思ったよりも小ぢんまり。満席でも20人位?
木目のきれいな木を使ったテーブルや窓枠、ひとつひとつ形の違うガラスのシェードのランプ、果てしないお手洗い(笑)、あちこちにこだわりが伺えるインテリアでした。
窓に向かって並ぶ席で、空と緑を堪能しながら食事するのもいいかも。
 d0036951_2332830.jpg予約したランチ(¥4,200)はお任せコースのため、どんなものが出ててくるかすべてお楽しみ。メニューの中からどうしよう何がいいかと悩み選ぶのも楽しいけど、すべてお任せというのはまた別のドキドキ感がいい。
さらにこの日は早朝から動いているのに少ししか食べられず、サイクリングで無駄にエネルギー消費した私は、正午を過ぎてずっと腹ペコ。空腹だと寒さも身体にこたえる。冷え冷えの身体に、店に入ったとたんの温かさとニンニクの香りは刺激的だったな。
それでなんとなく温まるかなと思い、赤ワインをオーダーする。なかなか私の好みのマイルドな飲み口だったけど、空腹と冷えにより銘柄を聞くという思考は働かず。
d0036951_23413847.jpg

ワインを飲みながら、まっているとまずは本日のスープ。
名前を忘れたけれど、とあるキャベツのポタージュ。キャベツってこんなに香りも味もしたっけ!?というくらい濃厚。とても美味しかった。すきっ腹にやさしい温かさ。早速アスパラの姿も見えて、テンション上がる。
ローズマリーのフォカッチャとともにペロリ。
d0036951_23415724.jpg

前菜はアスパラとホタテのグラタン。この日の私の一番でした!!
メインといってもおかしくないくらいに大きいホタテは、火を通しても直系5cm以上あるってことは生だと・・・!?そして、これを食べたくてまた来てしまったというくらい、昨年感激した旬の味のアスパラ。太いホワイトアスパラは、卵黄+バターのオランデーズソース&チーズでなんとも幸せな味と食感。正直アスパラは私は緑>白でした。だけど、これを食べて白はこのようにじっくり火を入れて濃厚なソースと合うということがわかりました。卵にバターにチーズ、高カロリーの三乗だけど、そういうことは美味しいものを食べながら考えちゃいけない!さらに生ウニも添えられて、一緒に口に入れるとたまりませんでした。ソースはパンでしっかりきれいに。
d0036951_23451465.jpg

パスタは、運ばれてきたときにみんな一瞬驚いた表情。色彩のインパクトとともに、食材のインパクト!!
私も最初は何かわからなかった。パスタという意識もなく、黒いのは・・・ワカメ!?とか思ったり。
なんと蝦蛄(シャコ)のソテーon theイカ墨の練りこまれたフィットチーネ。赤黄のミニトマトと桜海老、全体にカラスミが振りかけられている。あまり甲殻系の見た目や触感が好きではない私は、シャコの頭・顔付きは初めてかもしれない。香港のも付いてたかな?あれは平気だったか!
だけど、ゼニバコ(銭函)育ちという肩書きもインパクト大のシャコはニンニクが効いて香ばしく、半生の桜海老とカラスミの塩分とイカ墨パスタとトマトの味は不思議なコクがある。道産塩味のペスカトーレ(魚介のパスタ)というところ?
もしメニューにあっても自分では注文しないと思う一品。だけど新しい味の発見、こういうのが”おまかせ”のひとつの良さだと思う。
d0036951_23562386.jpg

d0036951_2356395.jpg

メインはお肉。旭川や美瑛も豚肉の美味しい産地だけれど、これは網走産の豚肉。3cmほどの分厚いお肉とカリッとした皮、その間の脂の甘いのが豚の旨味だなとしみじみ。
さらに温サラダのごとく盛られた何種類ものグリル野菜の美味しいこと!葉っぱ類も好きだけど、茎や根菜の歯応えがいいのが大好き。それに少しずつたくさんの種類が食べられるのがいい。真ん中の細長いのはアスパラと思ったけど、味が違う。甘くてホクホクでイメージは違うけど「ウド」だということになった。(ちゃんと聞いてませんが)カブも軽く焼いて食べるのも自分でもやってみよう。
d0036951_0274977.jpg
d0036951_028761.jpg

デザートでささやかな誕生日祝いをして、優雅なのんびりランチは終了。

夕食と走る当日の朝は、宿のバイキング。
半分以上はランナーの宿泊客の食欲は旺盛、夜はさっきまでお腹空かないなあ~と言っていたのにしっかり食べたし、朝は走るためにと言ってご飯ももりもりお代わり。長距離を走るためのエネルギーとして前日当日の食べ物は大切ですよ、ホント。

ずぶぬれでゴールした後のランチは、昨年の初日ランチしたお洒落な農協・美瑛選果へ。
d0036951_0401195.jpgd0036951_0403684.jpg
ランチタイムは終わっていたのでカフェコーナーでホワイト野菜カレーを注文。見た目はクラムチャウダー?食べるとカレー!の初体験でしたが、たっぷり野菜とターメリックでまっ黄色のご飯とで想像以上にボリュームあり満足。
d0036951_0411117.jpg最後にはえりも小豆のソフトクリーム♪初日に食べ損ねたソフトクリームだったので、食べられて嬉しかった。小豆もナイストッピング。もうお腹いっぱい。
ハーフマラソンしてなかったら、完璧にカロリーオーバーの二日間!
[PR]
by imusam928 | 2009-06-15 22:47 | 食道楽