のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

小樽近郊の日帰り温泉×2

計画性が無い旅だったけど、旅といえば温泉。数日前の集中情報収集で、小樽周辺の温泉施設を検索・出力しておいた。
登山やアウトドアで遊んだあとは、地元の温泉を見つけて汗を流すのが楽しみだ。旅先でもその感覚で温泉を探す。都心でも温泉というのも増えてきた。

今回も、2つ制覇(笑)。でもどちらもカテゴリー的には「銭湯」かな。
d0036951_2485335.jpg1つ目は、「滝の湯温泉」
小樽市色内1丁目
0134-22-0106 月休 13-24時 日曜630-10朝風呂(¥420、)





d0036951_2494485.jpg小樽の寿司屋通りに寿司屋と並ぶ町の銭湯。夜にブラブラ歩いていて、あ~銭湯だ、と思ったら名前が”温泉”。よし、と決めてホテルにタオルを取りにいった。
暖簾をくぐるといわゆる町の銭湯だった。客層は9割がシルバー世代、そこは憩いの場だ。あとの1割は観光客かなと思われる親子やバイト風の女性。
洗い場にはケロリン桶、バー操作の蛇口。しまった!石鹸もシャンプー&リンスも無い。石鹸20円、シャンプー30円で買った。
お湯はとても熱い。急に冷えたその夜、温まっていい。また、湯船は深く、立つと私のへそ位までの水位。一応座れるけど、知らないとその深さはびっくりする。昔は真水を沸かした風呂が1Fで地下が温泉だったそうだが老朽化で1Fで温泉の湯船になってるらしい。確かに古い建物だ。

d0036951_253115.jpgこれがあるだけで昭和の気分になれるドライヤー。こういう空間は貴重なんだろうなあ。ちょっと特異な時間だったけど、有名観光地小樽での思い出になる。
次に小樽を訪れるのはいつだろう。そのときまで残っているだろうか。


d0036951_2532543.jpg2つ目は「余市温泉 宇宙の湯」
余市町入舟町322
0135-22-4126 第3水休 930-22時 (¥420) http://www.n43net.com/yoichigawa/
2Fに休憩室、食事処、整体マッサージあり

d0036951_25412.jpgまず名前のインパクト。この日は積丹半島にある温泉を目指していたけど、マラソンの会場から程近いこの温泉もチェックしていた。駅から真っ直ぐの路沿い、遠くからでもわかる、という紹介の意味は確かにいけばわかった。
屋根の上に何か・・・?
す、スペースシャトルが!!すごい(笑)

d0036951_254275.jpg名前にも宇宙の湯。なんでウチュウ??と思ったけど、朝に駅前で判明した。宇宙飛行士の毛利さんの出身地が余市なのであった。そのため、町中にもスペースシャトルのイラスト等がみつけられる。
ここも施設が整っているけど銭湯タイプ。ケロリン桶、石鹸・S&Rなし。だけど、ハーブ風呂やジャグジー、露天風呂まであり充実している。(宇宙関連はなかった。)
ランナーでごった返し?と思ってたら、それほどでもなくて露天でくつろいでしまった。地元の人が多い。
[PR]
by imusam928 | 2008-10-03 00:55 | 国内の旅