のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

連覇を成し遂げること

今朝も(昨夜から)、柔道谷本選手の金連覇に賑わうテレビ。素人目にも、ポイント稼いで勝負をつけることとくらべたら、「一本!」と旗があがっての勝利はかっこいいし気持ちいい。
満面の笑みの裏側で、アテネからの4年間の苦しい状況が解説で付く。あっという間の4年間だけど、世界のトップに立った消失感、不調、怪我、と体調をキープする以上に精神面が強くないとオリンピック連覇は厳しいのだと考えさせられる。連日の予選を戦い続けるのも気持ちの持続力が求められるし、1日で勝敗を決めるときはとてつもない集中力が必要だと思う。それを4年越しに連覇する、想像できない強い人たちだ。
その反面、やはり体調コントロールは難しい。4年に一度、その瞬間にトップギアで戦う状態に盛っていくには少しの歯車が狂っただけでも駄目なことが多い。そういった説明が、アテネで女子マラソン金メダル連覇がかかった野口みづき選手の17日の欠場のニュースで加えられていた。彼女だけでなく、多くの選手が怪我とスレスレのところまで体調を絞り込んで本番へ望もうとするので、怪我に泣くということも少なくない。それだけはいくら強い意志があっても辛いが叶わないことだ。野口さんも他のレースでも欠場していたことはあるけど、この4年に1度のオリンピックは特別なものだったと思う。新聞記事だが、増田明美さんがこのことに関して「勇気ある決断」とコメントされていたことが、トップアスリートの厳しさを物語ると思った。最強の布陣とうたわれた女子マラソン、のこる2名でゼヒ頑張ってほしい!

これから帰省(一応)しますが、きっと・・・テレビみてばっかりなんだろうな・・・。
[PR]
by imusam928 | 2008-08-13 10:57 | スポーツ