のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

美瑛のASPERGESでアスパラガス

d0036951_1472045.jpg
美瑛の思い出。
正しくは「アスペルジェ」と読む。美瑛JAが運営する美瑛の特選品を扱う美瑛選果というアンテナショップの一部のレストラン。

d0036951_1475836.jpgd0036951_150579.jpg

 北での楽しみの一つは美味しいものを食べること。今回は一応ハーフマラソンが目的ですが、食べることもかなりポイントだ。
 大陸のど真ん中へいくので、海鮮よりも大地の恵みをいただきたい。仲間からの事前情報で教えてもらったココは、是非行きたい!と決めていた。だって、名前がアスパラガスでまさに今は美瑛はアスパラシーズン!!最初は完走祝いでランチしようという話だったけれど、フライト変更やら電車など詳細の時間を決めるにつれ、到着日にいくのがよしということになった。正しい決断だった、行けて良かった~。
 小雨の中、タクシーで乗りつける。外観からしてJAじゃない(JAに失礼)。3つのBOXでそれぞれ野菜や穀物(米豆)の販売、デザートや軽食のテイクアウト、そしてレストランとなっている。廊下のディスプレイにも極太のアスパラが活けられていて、入店前からワクワクさせる。

d0036951_1504276.jpg 白を基調とした店内と天井の高い壁いっぱいのガラス窓から取り込まれる光。雨でもよかったくらいだから、晴れていたらもっと気持ちよさそう。
 大きなマリメッコもこういう部屋の壁には映えます。素敵!
 そして、すでにランチタイムの店内はいいにおいが漂う・・・。 寝不足と早起きで、午後になってからあくび連発だった私だったが、目と鼻が冴える。そわそわしながら悩んで、5段階あるコースの3番目をオーダー。




d0036951_1402064.jpg・玉葱のトマト煮:
いきなり、コーンアイスのような形で登場。直径3cmほどの穴があいたトレイに挿して運ばれる。
「手づかみでとってください」と目の前に。
 受け取ると、お皿ないので一気食い。あ、その前にみんな写真が撮りたくて、片手でバタバタ(笑)。玉ねぎとバターたっぷりで美味しい・・・。トーストにのせてブルスケッタみたいにかじりたい。
d0036951_141624.jpg・帆立貝のムースと?種類の野菜:
きれいです。水彩パレットみたい。この盛り付け方法はどこかで見たことがあるけど。
「ソースと全体を混ぜてお召し上がりください」との事だけど、混ぜ合わせるのがもったいない感じです。個人的に好きなラディッシュとかのベビーな根菜が美味しかった。これも3倍位の量でモリモリ食べたい。

d0036951_152356.jpg・茹で上げアスパラガス:
ある意味メインのアスパラガス!どうやって食べるか?と思ったら、ダイレクトだった。余計なことはしなくていいってこと。茹でたてバターと塩だけ。
1本が大きめのグラスに投げ入れられた状態で運ばれる。「手でつまんでどうぞ」とのこと。熱々でした。指で摘まんでそのまま口にガブリと食べるのもいい感じ。手づかみで食べる、ってなぜだか美味しいでしょ。
 でも、一応お皿まで手でつまんで運び、一口サイズにカットして食べた。う・まーい!歯応えもしっかり合って、”新芽”独特のフレッシュな香り。それだけでも美味しいけど、添えられた赤ワインビネガーと手作りマヨネーズそれぞれをつけて味わう。このソースも酸味がきいてうまい!!
 なんでしょう、鮮度のせいもあるだろうけど、近所のスーパーで買うものと違うんだよな。絶対買って帰ろうねと盛り上がる。

d0036951_153144.jpg・美瑛豚のグリル:
メインは豚ですが、添えてある野菜が美味しかったかも(笑)。ここでも食べる前にちょっとプラス。運ばれたお皿に目を向けているうちに、テーブルに青いル・クルーゼ鍋が置かれる。
「それぞれお皿にとってください」と見せられた中には、半分にカットした玉葱がトロトロに煮込まれている。またコレが美味しい。バターのきいたマッシュポテトとトロトロ玉葱の組み合わせがまさに北の大地の味でした。
d0036951_1534144.jpg 食べる前に、自分の手でちょっと取り分ける。自分で何かやるって参加意識がいいよね。丁寧にサーブされるのも嬉しいけど、なんとなくカジュアルに食事を楽しめて気分がリラックスする。
 アスパラ摘むのもそうでしたが、ちょっとしたイベント性が思い出に残る。ここは、そんなサービスメニューを考える人がいるんだろうな、たぶん。

・プチトマトのシロップ漬け:
トマトは果物、という人がいたなあ、昔。本当にこれはフルーツデザートっぽい。薄甘いシロップと口ではじけたトマトの酸味が夏らしい。プチトマトの皮を湯剥きするの大変だよね~とは庶民の私。
d0036951_1542295.jpgd0036951_1544436.jpg
・ヨーグルトアイスに苺添え+苺メレンゲ  
器が凝ってる。どうなってるかとそこをみたら実は空洞だった。さっぱりしたヨーグルトアイスは酸っぱくなくて好きな味。苺が甘くて美味しい。
d0036951_1552184.jpgd0036951_1554493.jpg
d0036951_1562881.jpg・黒豆ブラウニーと人参のケーキ:
めずらしくコーヒー紅茶じゃなくてミント系のハーブティにした。そのときに、お菓子がちょっと出てくるのが憎い。お茶にはお砂糖入れない私ですが、お腹いっぱいでも甘いもの一口がほしいので嬉しい。
*二つともテイクアウトのコーナーに大きなサイズでありました。苺のメレンゲも拳大のサイズで。ティータイムのケーキもテイクアウトできるので、次の機会は要チェック。フライドポテトとかパニーニ(これ次の日のランチ!)もあるので、自転車を借りてサイクリングのときにいいねと話していました。
 手前の双葉は、レシートを押さえるペーパーウエイト。石ころに芽が出てる、って形がカワイイ。実は食事中も他のテーブルにコレがあるのがかわいくて気になった。

以上、満腹満足。野菜たっぷりで、ヘルシーマラソンの前日に、ヘルシーランチでした。
ココはディナーでもしっかり食べてみたいなあ。もちろんワインとあわせて。
 そういえば、旬のアスパラだけど宿の夕食には出なかった・・・、おかしい。でもこういう素敵な店があるなら宿の食事なし(素泊まりか朝ご飯のみ)にして、地元の美味しいもの食べるというのもいいかも!?
[PR]
by imusam928 | 2008-06-22 21:17 | 国内の旅