のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

行きも帰りも旭山Zoo!

先週の美瑛マラソンへは、今ニュースで話題のスカイ○ークの羽田-旭川就航線を利用。
羽田発6:50で旭川には8:30に降り立ち、そこからバスで30分弱、9:30開園前の旭山動物園前に到着した。すでに100m位の行列。
800円の入園料と、年間パスポート1000円、という微妙な選択肢に悩んだものの、当日券で入園。荷物をロッカーに預けてブラブラと丘を登る。
寝ぼけたあたまに小雨のひんやりした空気と、「動物園」というのんびりした感じが心地よい。この動物園は思っているよりも生き物が近くに見られると思う。
人気ポイント3箇所、ペンギン館→あざらし館→ほっきょくぐま館で一気にテンションがあがる。
d0036951_22648.jpg
なんとなく人間の動きににている。

でも、水に入ると泳ぐのがびっくりするほど速い。
空を飛ぶ鳥のよう、とはよくいったものだ。鳥だけど。
水中トンネルは食事の前の方が空腹で動きが機敏だそうです。(私が行ったときはご飯後で泳ぐ数も少なくて・・・(笑)。

d0036951_232151.jpgd0036951_244772.jpg 
d0036951_224772.jpgd0036951_22349.jpgこんなにヨチヨチおったらおったら、なんだけど泳ぐと早い↑ジェンツーペンギン。
うちでも飼えそうな気がしちゃう。

d0036951_252416.jpgd0036951_254179.jpg
こりゃ、潜水艦?魚雷??って、あっとうされるほどでっかい!1匹今年生まれたちびっこ「たまちゃん」がいて、そいつだけウキウキと泳ぐのがかわいい。(撮れない)
あとはみんな突撃!!迫力! 

d0036951_26329.jpg人気者のシロクマ”イワン”はとても大きいけど、写真だと柴犬みたいになる。
d0036951_262389.jpgメスはちょっと小さい。暑いのか水につかった姿はバテ気味。
d0036951_264413.jpgなんと3頭もいたシロクマ。彼女は一番年長ですがウトウト気味なところがプリティ!でも、ちびっこに「ワンワン!ワンワン!」と呼ばれていた。かなりでかいワンワンだぞ。
 ひとしきり興奮して、また名物の「もぐもぐタイム」という餌の時間に係員が説明してくれるコーナーにまたペンギン館にもどる(笑)。ちびっ子専用のお立ち台には乗れないけど、10倍の年齢の私たち大人用の見学台があったりするのでステージ前に立つ。
 全体的にみて、大人のほうが多い?全国的人気のせいで地元家族連れというより、ツアー観光客なんだろうか。そういう自分もですが。
 だけど・・・「(動物が目を傷めるから)フラッシュたかないでください!」と何度も注意されてもフラッシュが光る、反省せよ大人!!
 12時半のバスまで3時間、全部は回れなかったけど、このほかにも猛獣館も近くにライオンやトラがいるし、サル山の小猿に癒されたりしてなかなか見ごたえがある。
 2度目だけど、いつか雪の積った冬の日の動物園にまた来てみたい。
 
 そして、帰り道もZoo?!
それはスカイ○ークが予約した帰路便を欠航したため、旭川から札幌経由千歳空港から帰ることにした私たち。そこで鉄道路線で移動するのだが、「こんなんがありますよん♪」と教えてもらったのが「旭山動物園号」。




d0036951_2422837.jpg外観はペイントでライオン号とかオオカミ号とかイメージイラストが。 
d0036951_2424735.jpgあまり時間がなかったけど、出発時刻までホームで写真撮ったりして、テンションが上がります。

d0036951_2432393.jpgそして中もペイント!!床も壁も天井も!!!こまかなとこもイラストがある。
(トイレの中は普通でした)
d0036951_2434180.jpgシートカバーも動物たち。

d0036951_2444238.jpgペンギン号が一番お洒落だったけど、気に入ったのはオオカミ号の内装。アートだわ~♪


d0036951_245238.jpgd0036951_2451940.jpg

d0036951_245464.jpg各号には人気の生き物のヌイグルミシートが1ボックスずつある。
たとえば、オオカミ号にはヘラジカとオオカミ(に見えない!?)のペア×2、ペンギン号にはペンギンとアザラシのペア×2・・・という感じ。

d0036951_246473.jpg一番後ろの車両はモグモグルームという名前で子供用のプレイルームになっている。
1車両すべてが遊び場なのだ。やるなあ、JR北海道。

d0036951_2462095.jpgこの日は座席もまだまだ余裕だったし、全車両歩き回って写真とってはしゃいでいるのは一部の親子と私たちくらいでしたけど。
1日旭山動物園で遊んで余韻に浸って帰るにはぴったりではないかなあ。

いいと思うよ、コレ。
そうそう、芸も細かくて、ちゃんと車内放送もちびっこむけになってる。
「忘れ物しないでねっ!」って呼びかけていました。

ただし羽田からダイレクトに旭川空港に行ってしまうと乗れませんが。そういう意味ではスカイ○ーク、欠航になったおかげで楽しめました・・・。
[PR]
by imusam928 | 2008-06-17 01:03 | 鳥:生きもの