のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

恭賀新年08(1.2:九龍側観光)

d0036951_3274423.jpg元旦から動き回って疲れ果てたはずだけど、2日の朝は飲茶に行く!と決めてあったため、しっかり早起きする。
結局この日も、朝からたらふく食べる→歩き回る→面白い街の中ではしゃぐ→疲れて不機嫌→食べて少し復活という同じパターンだった。





d0036951_3281840.jpgd0036951_3283354.jpg
d0036951_3284826.jpgd0036951_3291176.jpg
ホテル最寄の金鐘駅の上にある『名都酒家』にて。
8:30過ぎに入店したときはまだ人も少なくて、注文用紙に数を書いて渡して持ってきてくれた。駅周辺は今日は普通に出勤する人たちでいっぱいだった。しかし9時をまわったあたりだろうか、壁が取られて部屋はひろくなり、さらに奥の壁からワゴンがゾロゾロと出てきた。そこからはオバちゃんが取った分をカードに判子オスやり方に変わってしまった。最初は寝ぼけていた私たちも、俄然食欲がわき、次々に新しい蒸篭を開けては物色しまくる。あっというまにカードには判子がいっぱいだ。デザートはワゴンだけじゃなくて冷蔵ケースも設置された。朝から一人120HK$!今日も歩いてカロリー消費するべしとなる。
地下鉄で九龍側へ渡る。
ジョーダン駅で降りて、上海街Shanghai Stを軸に、うろうろしながら香港の生活ぶりを見ながらしゃべりまくり散歩する。仏具店や調理器具屋、電気工事屋があればパン屋や小さい市場があって飽きない。道が誇りっぽいのが難点だ。
d0036951_3344640.jpgランガムプレイスでトイレ休憩する。旧正月前はブタが飛んでいた吹き抜けロビーにはまだ次の干支の登場はなかった。クリスマスの名残のまま?
d0036951_3391919.jpg滞在中に何度もこの手のお手軽さに助けられた『許留山』。母には不評で、もっぱらミネラルウオーター派。

d0036951_341196.jpgネイザンロードを西側へ渡って、通菜街の金魚街へ。私は見るのは好きだけど、水生物を買うのは苦手。
d0036951_3413149.jpgしかし家では金魚や海老や亀を飼っていたことがあったな。小動物好きなので小さな通りでもなかなか抜け出せなくなった。ペットショップも賑わっていて、チワワなど小型犬は世界的人気らしかった。

d0036951_3461865.jpgd0036951_3463974.jpg
d0036951_3471146.jpgd0036951_3473349.jpg
花園街は女人街にならぶストリートマーケットがずっと続く通りで、怪しいで店を冷やかしながら太子道西Prince Edowarf Rd.WEST を過ぎると落ち着いた感じになる。すぐ右手の大きな1ブロックがフラワー・マーケット、いわゆる花市場というか花問屋の集合。でも街の花屋にも近い?旧正月前にみたような派手な金柑鈴なりの鉢や、ダリア満開の鉢は見当たらずだったけど、「芽が出るのがめでたい」という水仙の球根が山盛りで売られていたのが目立った。箱ごと買うのか?と思うような量で、球根はジャガイモより大。それを上手にほぐして気に入った花器にびっちり入れて水栽培のようにして、正月に芽が出て花が咲く様子を楽しむようだ。栽培キットみたいなものも売っていた。

d0036951_3543578.jpgその花屋さん街の先にあるのが雀鳥花園Bard Garden!!
小さいころからずっと小鳥(セキセイインコ)を買い続けている我が家はみんな小鳥好き。だからここに連れてきたかった。本当に小さなエリアだけどここは鳥好きには面白いところ。昔はもっとディープな雰囲気だったけど今は清潔な公園という感じ。
d0036951_354463.jpg美しい竹細工の鳥籠に入れられた小鳥達。見た目よりも、美しい鳴声の鳥が高価のようです。
この鳥篭、過去に1つ買って帰ったことがある。今回ももう1つほしいと思ったけど・・・我慢した。
小鳥の種類はいろいろ。
本当にうっとりするようなさえずりが突然聞こえるけど、あまりかわいくないヤツだったりするから不思議。
d0036951_3545757.jpg大事な小鳥はちゃんとカバー付き。寒さよけ、日よけ、埃よけ・・・と色んな用途?
d0036951_3552257.jpgd0036951_3554074.jpgこれは、フレッシュなご飯ですね、ピー子ちゃんたちの・・・?どうやってあげるんだろうか。

d0036951_3563637.jpg木陰でお休み中の皆さん。静か。
(カバー閉じ)
d0036951_3565090.jpg日向に並べて日向ぼっこ中。
(カバー開け)
小鳥も太陽は大事。器用に別の籠に移して水浴びさせたりもしている。

d0036951_357725.jpgこれはさしずめ長屋住まい。
早くいい人に買われて、素敵な竹籠に入れてもらえるといいネ、と思います。

香港に住んだら絶対に飼うよ、私。そして、朝からオヤジたちの鳥ののど自慢大会に参加してみたい。


花園街を再び冷やかして、お土産など物色。
面白いけど、「きれいなトイレ」にはランガムプレイスが助かる旺角なのだった。

d0036951_4115325.jpg相当また歩き疲れてみんな不機嫌になっていく。朝食べ過ぎて、昼ご飯のタイミングがずれたせいか。
足をひきずりながら地下鉄で移動して、海の近くでアフタヌーンティーする。
ご飯代わりのスイーツを3人で2人分を平らげた。一応これも観光です。でも、ちゃんとしたホテルは紅茶が美味しかった!サービスもよかった!西日をあびながら、昼寝したい気分だったな。

d0036951_415737.jpgすっかり日がおちました・・・。復活したのでプロムナードにでてみた。
d0036951_4152831.jpg中国人観光客の団体が目立った。
夕方だからか、ジョギングしている人も数名見かける。
d0036951_4154428.jpgこの人がだれなのか、母がわかったのに驚いた。
妹はレスリーの手形を見つけて喜んでいた。


d0036951_41635.jpgホテルのタダ電話を使ってがんばって予約電話をかけていた。3件目でやっとOKだった『北京楼(Star House店)』で妹の希望の北京ダックを食す。ほとんど2人で食べたけど、完食は無理だけど、高級イメージの北京ダックをお腹いっぱい食べる、というだけかな?私の好きな『鹿鳴春』にいけず残念だけど、イベント的にはよしとする。場所柄ここは外国人+ローカルという客が多かった。大きな店は、何でもとろみのある調理方法がちょっと気になるが仕方ないのか。さっとニンニク炒めでいいのにとぼやきもでてくる。さすがに母も日本食が恋しくなったようで、不機嫌具合はあまり解消されず、ホテルに戻る。
 部屋に毎日届くウエルカムフルーツのオレンジで機嫌がなおって、帰国準備完了。
 イヤー疲れた。まだ、明日朝早く出発の任務があるけど、私はどおっと肩の荷がおりて爆睡した・・・。つづく。
[PR]
by imusam928 | 2008-04-30 00:57 | 2007-8 HongKong