のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初挑戦のNYCM・・・朝のスタンバイ

 早速ですが当日の朝から。スタート時刻は10時10分なのに、移動やらなんやらで4時起床!?たしか、昨年のホノルルは朝5時スタートの2時起床だったから、NYCMでこんなに早いのかと朝の弱い私は懸念した。この時間差がどう感じるのか心配だった。とにかく前夜10時前には就寝目標にした。

 余談だけど、11月3日の夜中というか4日の2時にサマータイムが終了する、という貴重な日に当たっている今回のレース。夜中に1時間時計の針を元に戻すのだけどそのときには眠っていなくてはいけない。衛星時計とかビルの集中管理しているところは自動切り替えらしいけど、手動で変える時計は翌日スタッフが大変らしい。私たちはおかげで1時間多く睡眠時間が取れるというオマケになる計算だ。

 もともとはマンハッタンから専用バスでスタート地点まで行くのだが、現地交通事情により今年は地下鉄~フェリー~バスという乗り継ぎを推奨する本部からのコメントが出されていた。なので、昨年の経験者の二人が不安げだったが、私は比べることがないので二人に従う。
 前夜も早めにパスタパーティーから帰って支度して眠りについたけど、12時ごろには一度目が覚めた。そのあとは、ぐっすり眠れた気がしない。4時に隣室からモーニングコールが来たときには顔を洗って一人そわそわしてた。
 すぐ朝ごはん。出発前に差し入れてもらったお赤飯をレンジで温め、具材増量の納豆汁、緑茶に卵代わりのカステラ(!)。という走る前にはコレよ、と選んでくれたものをありがたくいただく。私は何も持たず、当日働いただけでした。本当にご馳走様でした。
 残りのお赤飯を各自ミニおにぎりにして持参した。スタート前までに時間があるからまだ、食べるから。しかし早い時間にしっかり食べられたことにほっと一息、いえ、安心してる暇もない。出発予定時刻が迫る。あわてて食器なんかほったらかしで身支度を整えて、5時過ぎにホテルを出発した。(ごま塩ぶちまけたり、お茶こぼしたり・・・のまま。)
d0036951_22472852.jpg イエローラインの地下鉄でフェリー乗り場へ向かう。早朝のホームには人気は無いけど、同じランナースタイルの人達を見つけた。待つこと10数分。これに乗ってもいいのかどうか。
 NYでは地下鉄情報も日々変わるので、なれない外国人は目的地まで行くのかを確認して乗り込む。彼らの様子をみて、私たちも乗る。車内には同じビニルバッグを持ったランナーが静かに座る。20分もすると到着、フェリー乗り場は目の前だ。数年前は工事中だったけど立派なターミナルが完成してた。
 大混雑を予想したのに、5:30始発で30分おきのフェリー、すんなりと6:00出発の便に乗ることができた。ここにいるみんな、これから一緒にマラソン走るんだと思うと変な感じだ。いや、ほんの人と握りの人達なんだよね・・・。
d0036951_22514432.jpg 出発してすぐ東の空が明るくなる。朝焼けがなんともきれいだった。晴れる期待が大きくなった。
途中で自由の女神も見えたし、スタートになる大きな橋Verrazanoも見える。夜の点燈が消えて朝を迎える。風静かで波も無く、フェリーは静かに進む。なんだろう、この旅立ちの気持ちよさにウキウキしている感じ。

 約30分でStaten Islandに到着して、待ち構えるバスに乗り込むランナーたち。待たされることなく十分なバスが待機してスムーズな輸送に感激だ。車内でご来光。車内にはペルー、南アフリカの国旗をマークした人がいた。バスも15分ほどストップ。もう到着しているのだ。
 本来なら1時間バスに揺られてやってくることを思ったら、小旅行気分を味わえる今年のルートは私は歓迎だ。肌寒く薄暗い7時前だけど、スタート地点のFort Wadsworthは、すでに大勢の人であふれていた。

 ランナーはゼッケンとともに3色(オレンジ、グリーン、ブルー)に振り分けられ、スタート地点が分かれ、8マイルまでは走るコースも違うのだ。私たちはオレンジスタート。だけどオレンジは女子が多くトイレも混雑するが、グリーンはゆったりしていたという経験者の意見により、グリーンのエリアでスタートまで待機した。
d0036951_22581293.jpg 太陽はあがったけどまだ7時過ぎの外気は寒い。3~4℃位だろう。見上げるVerrazano-Narrows Bridgeには続々とツアーバスがやってくるのが見えた。NYCMも世界中からツアーでやってくるランナーがかなりの数を占めているのが想像できる。

 早朝に集まることを想定し、本部側も飲み物や朝食を無料で配布。温かいコーヒーや紅茶、ベーグルやPower Barをボランティアが豪快に振舞う。太っ腹だ。期待したドーナツは無かったけど、持ってきたオニギリや甘いものをつまむ。周りでは毛布やダウンに包まったりして仮眠する人も多数。膨らませるベッドマットレスに横たわる人もいた。グリーンは男性が多いので静かだけど、草の生えた場所じゃなくてアスファルトにしゃがんでいる様子を見ると、こっちがお腹が冷えそうだったが、外国人は平気なのか??私たちはありったけの装備で寒さをしのいでいた。

 軽く食べたり、ゼッケンをつけたり、名前カード書いたり・・・なにしているわけでもないままあっという間に時間が過ぎている。9時を過ぎると「もうすぐスタート時刻です」というアナウンス。英語やスペイン語などの数ヶ国語に混じって、日本語でのアナウンスも入るのがドキッとするけどありがたい。参加人数としてはまだまだだろうけど、東京マラソンというネットワークが大きく影響しているんだろうな。1時間前、そろそろということでゼッケンどおりのエリアに戻って荷物を預けてスタートの準備。空いているグリーンでトイレに入れて、私にとっては重大な、トイレ問題が後々まで残らずによかった(笑)。だんだんと回りの人も身支度するなど、そわそわしてきた。口に出している余裕は無いけど緊張が一気に高まっていったころだ。エリアの配置がわかっている経験者の二人の後について、オレンジエリアに向かう。
d0036951_2258407.jpg オレンジエリアは女子大のようだった。まとまっていると、こんなに女性もフルマラソン!?と思う人数だ。今までスムーズな動きできたのに、荷物を預けるトラックの周辺もなぜここだけ!?というほど大混雑していた。3人それぞれ指定のトラックに荷物を託し、また最後にトイレに並ぶ。
 NYCMはスタート地点で待つ間に寒さしのぎに身に着けているものを、そのまま置き去りにする。その服や毛布などはきちんと回収され清潔な状態にして施設等に寄付されるそうだ。ということで、私もフリースの上着とパンツ、マフラーを装着してスタート地点へ。しかし、見事な太陽は9時にはしっかりと熱をはなって走る前から暖かくなってきた。だからスタート地点に行く前に脱いで、まとめて置いてきた。みんなゴミと衣服とを広場に置き去りに列に集まってくる。難民大移動した後のよう。これを片付けて、使えるものをより分けるという作業だけでも、ボランティアスタッフには大仕事、ごくろうさまだ。
[PR]
by imusam928 | 2007-11-11 23:28 | 2007 NYCM