のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

EKIDENはタスキの重み。

EKIDENカーニバル、荒川河川敷での東東京大会。
d0036951_21382098.jpg 1ヶ月前に決定した2つの職場チームの初参戦は、終わってみれば大満足・大感激で興奮の1日となりました。ホッと一安心。いや、私はこんなに彼らが盛り上がると思わなかったので、想定外の結果かな。
 数日前の強風もウソのようになくて、気温はほどほど、曇り空でまずますのラン日和だったことも、満足度を高める大きな要因かもしれない。天候は大事だ。
 
 実は1週間前になって一人が練習で腰を痛めて棄権申告してきた。補欠変更ギリギリで一人を確保してエントリー更新したということもあり、日ごろの運動不足+練習不足で、自分のことを棚にあげて、にわかチームを心配していた私。なんでロングにしちゃったんだろうと。だけど、じっくり応援したり待ち時間の高揚感、苦しいあとの達成感、チームの連帯感はショートよりも大きいかもしれない。もちろん距離が長い分、疲労度も違うけど、私にとって異動先の同僚なので、この1日は大きな1日に感じた。

 職場では打ち合わせもままならず、当日の朝を迎える。地下鉄赤羽岩淵駅のホームからランナーがぞろぞろ、地上に出たら会場までの道で渋滞するくらいの人手だった。立川での西東京大会のときは忘れたけど、今回ロングの部のエントリーは1400チームを超えたらしい。そりゃ賑わってるわけですョ!
 8時半に会場に着くと、スタンドにはすでにものすごい人・人・人。ランナーが入れ替わり立ち代りする駅伝だからというのもあるけど、ギャラリーの数は、3月の荒川市民マラソンよりも多いように感じたくらい。
着替えて場所取りの後輩のところへ合流して、到着するみんなのことを心配したりしている間に、開会式・1区の集合時間。スタンドの前がスタートなので、ランナーから見上げると応援の人があふれるようだった。ろくに準備運動もしないままスタート時間になってしまう。せまい河川敷コースを人にぶつかりながらタスキを握って走る。

d0036951_21384843.jpg 自分のことだけをいうと、今までになく不調。GWに痛めた腰をかばって練習不足がたたった。そして、河川敷の平坦なコースがつまらなくて、そして苦しくて、1周回目は本当に息も上がってしまい、もうひとつのチームのランナーをすぐ見失うほどだった。(実はこの1区の彼は走れることを伏せていて、しっかり40分台で走った、20代)。ちょっと体が温まった2周回目も、腰を気にして全然リズムは作り出せず、頭も重く感じたほど。でも期待と緊張でまっている次の先輩(女)にタスキを繋げなくちゃ・・・!と、平らなアスファルトを進む。いつもだったらもうちょっとラストスパートも頑張れたのに、今日はダメダメだったな~。と、必死の10km。月末に向けて不安だ。やはり医者にも行くか。
 
 2区(5km)の先輩は昨夜眠れなかったらしい。私より10位年上なのだけど、今回の発起人でもある。最近はほとんどやってないけど学生時代から体育会系、私にはない感覚をもっているのでこういう雰囲気には血が騒ぐタイプ。5kmは2回しか走っていないけど、しっかり30分台でつないできた。
 3区(3km)は土壇場で変更したゲスト。急すぎて誰も走りたがらない職場の面子のなかで、しかたない・・・としぶしぶ受けた人の”妻”。実はたまにジョギングしていたりして、夫が走るのキライなのを知ってか、「3kmなら私が。」とありがたい返事で、その発言どおりきっちり走って驚かされた。それは社内結婚なので彼女のことをみんな知ってるから。
 そしてアンカー4区(5km)。選手が残り少ない中継地点でブルーな表情だったけど、元野球少年は本番にも強かった。40代3人の父だけど、1ヶ月の単独練習をやっただけのことはある。5km弱を23分でゴールした。本人曰く、16人抜いたと。恐れ入った。

 結果は2時間7分、1400ちょいのチームのうち1300台だった。もう1つ20代中心の男子4人チームは1時間58分で1100台。どっちも初めてにしては立派じゃないか!?何よりもみんなが「楽しかった」「走ってよかった」と、言うのがなんだかとても嬉しかった。またやりたいとまで。信じられない。
 
 ある人が言ってみんなが同意してたのが、タスキを受けたときの重みが自分を走らせた、ということ。それは、私も初めての駅伝のアンカーでズシリと効いたのを思い出す。そして、テレビでみたタスキリレーをやってみて、緊張感と仲間を意識したこと、走りきった達成感がものすごいこと、次はもっと練習してタイムをあげたいこと、をゴール後の青空打ち上げで2時間、焼肉屋に移ってさらに2時間、熱いトークが続いた。その間、飲むわ食うわ飲むわ・・・!走ったからいいって言うけど、飲みすぎだよ、みんな。こういうのがいつもないので、私には新鮮な打ち上げである。

d0036951_21502235.jpg おまけ。
スタンドで隣に陣取っていた人たちがショートのある部で優勝!!おお、こんなのが貰えるのね~。初めて見た。それを見て我がにわか陸上部はテンションあがってた。そりゃ、無理だって(笑)。本当に次があるのかな。
[PR]
by imusam928 | 2007-05-13 21:18 | スポーツ