のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひばり@シアターコクーン

d0036951_1391679.jpg蜷川幸雄演出、松たか子主演の「ひばり」を観てきた。
松さんはあいかわらず元気で、見ていて気持ちがよくなる。今回はジャンヌダルクという少女であり戦士だったというのが本当にぴったり。実年齢は確か三十路間近だったと思うけど、ショートにした髪型とメークの薄さがすがすがしくて少年のようにも思えるような無垢な表情も印象的。
 ジャンヌが牧場の娘だったころに神の啓示をうけて、男の身なりをして国王に謁見、軍隊を率いてフランス軍を勝利へ導いた。しかし最後は魔女扱いで火あぶりの刑にあうのだが、その裁判の最中に彼女自身がいきさつを振り返って演じている、という想定の芝居。
だから彼女を中心にした芝居なので、常に舞台にでづっぱり、しゃべりっぱなし時には健気に、ときには激しく荒々しくとくるくる変わるがパワーが消えないのだ。そこが見てて気持ちがよい!
 彼女以外、まわりは蜷川さんを支える大御所俳優ばかり。そして今回の舞台のつくりが観客からはもちろんだけど、出演者全員が舞台の三方向を取り囲む。(もう一方は観客)だから常に役者も舞台の松さんを見つめている。そんな中で堂々とした立ち振る舞い。大人たちを相手に自分の役目を貫いた少女ジャンヌにぴったりではないか。
 テレビや映画ではあまりきにならないけど、舞台の松たか子、また期待しよう!

余談:私の席の4つ左に、ヤンキースの松井秀樹!休憩のときに目の前が通路で歩いててびっくりした!!NYに応援に行きます!って言えばよかったなあ。携帯では写真撮るのも失礼だと思ってやめ。でかい!と言われていたけど、出演者のひとりの橋本さとしのほうがデカクてびっくりしたよ私は。
[PR]
by imusam928 | 2007-02-10 01:39 | 観劇