のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チャレンジランinナショナルスタジアム

大会慣れするってのも必要だね、なんて話してた後で何もエントリーしていなかったので地元の大会をチェックした。でも近いのに電車やバスを乗り継いでいくのがすごく不便で、同じ日に便利な場所で開催されるこの大会にエントリーした。増田明美さんのプロデュースという、ファミリー向けのほのぼのした大会だろう、と思って気楽にいた私。

しかしさすがに国立競技場を使用するだけあって、本格的な人が多い。・・・というのはウエアに着替えてウォーミングアップする姿からよくわかる。トラック競技は朝から実施されているのだったが私がエントリーした外苑10kmは、一番最後の種目。午後3時のスタートなのでのんびりと選手があつまってきてウォーミングアップ。せっかくだからとトラックの激走を目の当たりにし、間違ったかも?ちゃんと記録が残る大会だけあって、本気モードの人もかなりいるようである・・・(汗)考えてみたら一人でこういう状態にいるのは初めてだ。
そう思ったらなぜか急にあたりの観察モードに切り替わり、どんな人がいるのか興味津々。とにかくレースは自分を見失わずにいけるかどうかということだから、まわりもよくみること。
d0036951_22235570.jpg




アディダスコーナーを物色したりしてたので、あっというまに時間がすぎる。
バナナを急いでほおばり、荷物を預けて柔軟する。おととい走った疲労が残ってるのか、少しだるい。試走コーナーに人がいるけどスタミナ温存で走らない。
集合放送がかかり、選手口(1F)からぞろぞろとトラックへ。そういえば前はここがゴールだったけどスタートするのは初めてだ!思いのほか人数もいるなあ。だけど男女混合スタートできる程度?と、観察して緊張ほぐしてたらまず5kmスタートの号砲で、その2分後に10kmもスタート!

申し込んだとき全然気にしなかったけど、10km種は外苑を5周回する。
失敗した~ツマンナイ~って思ったけど、そうでもなかった。
今日のような気持ちいい秋晴れで人出は多い。
想像してなかったけど、そんな道行く人が応援してくれる。
まだ紅葉には早いけど、樹木の多い外苑は気持ちいい。(銀杏警報はあり!)

そして1周回ごとに競技場トラックを走るので、ちょっと気持ちが引き締まる。競技場の門をくぐってトラックへの入り口が”気分”である。見た目はどうであれランナー気分!
d0036951_22235654.jpg周回って何周かわからなくなりそう?と懸念したけど、1kmごとの看板みてたらすぐだった。
(係のオジサン、もっとたくさん周回するときは手首に輪ゴムを数だけつけてて、1周ごとにひとつずつ捨ててクンだよっ、でも5回は数えられるでしょ。だって。)
また、周回のよさもある。
本格レーサーと間近にすれ違えることだ。
この前のハーフを思い出すとトップランナーは私の速度のおよそ倍で走る。去年のトップは40分で走ったらしい。だから5kmより前で抜かれるという計算をしてたけど、まさにそのとおりだった。トップ集団はみんなカモシカのようだ。遅い我々をかわしながらあっという間に見えなくなる。ゼッケン番号の若い人が”速い”ようで、そういう人たちは周回遅れの我々と比べると姿勢が全然違う!!・・・でも、思っていた以上に汗だくで息も荒い。苦しそうなオジサンと同じくらい苦しそうだけど速かったりする。そんなことが観察できるのも周回ならではだと思った。

2周目までは身体重い~と感じてすごく汗もかいて嫌な感じだったけど、5km過ぎたあたりから軽くなってきて、少しペースアップ。といっても全体に1kmをなんとか6分切ってる程度ではある・・・。それでも自分ではいまひとつの調子ながらも10kmだからできるペースなのだ。周回遅れになって人が少なくなると一般客が横切ることが増える。自分の前でそれをされないように前へ前へと人についていく。結果としてなんとか1時間切ってたので、よくがんばりました、かな。
気分よく帰れたのは、まだまだ半袖で気持ちよく汗をかく、スポーツ日和のお天気に恵まれたからかな・・・。

d0036951_22235584.jpg余談メモ
・ゴール数メートル前に増田明美&宗茂!?コース手前で生声援してくれていた。もうちょっと早く気がつけばそっちに寄っていってハイタッチしてもらえたかも。明美さんは小さかった。
・参加賞はこの不思議なキャンバス袋。荷物預けるときにいいのか?汚れそうだ。
・給水は周回ごとに入るトラックで「水」。ゴールの後も、「水」とかかれたコップに「水」。
・ペナント消化試合のヤクルトvs巨人に並ぶ大勢の客の応援が「すげー」が多かった(笑)。
・神宮球場と練習場の道を横切る人だかりのなかに巨人の林くん!(注:投手、市船出身。巨人では一番いい男だからもっと使えばいいのに、と去年から言ってる)でも、今日の試合には投げていなかった。ヤクルト勝利♪
[PR]
by imusam928 | 2006-10-15 22:23 | スポーツ