のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「RENT]@ル・シネマ1

d0036951_0383031.jpgこの前の土曜日、珍しく映画を見た。
「RENT」は舞台も観てたけど、オリジナルキャストを集めて期待の映画化!というので、気になった。私はロックミュージカルも嫌いじゃないし、舞台も観てるのでフムフムと思ったけど、初めて見る人はどうなんだろう?自分も約20年前のNYの状況なんてわからないけど、いつごろの話でとか人間関係とかロックな曲にのったスピードでどんどん進んでいくストーリーについていけるのかな。(私のとなりの人はえっ、もう!?というタイミングでグズグズと涙だったくらい入り込んでたけど)
貧しくも夢をかなえようと悩み進む若者のライフスタイル、と思いきやAIDSやドラッグの日常という日本人とかけ離れた現実。今の自分には分かろうと思っても正しく理解できない重たく苦しい問題が背景にある。だから、あなたのことを守りたい、支えになってというセリフの本当の部分は伝わってないんだと思う。でも英語の舞台では(英語力の問題で)理解できなかった細かい会話のやりとりなんかから、自分の心をひらいて思いを伝えること、相手のことを思い受け入れること、の幸せなことがよくわかった。舞台版は気にしてなかったけどモーリーンとジョアンヌの恋愛関係のかけひきですらキュンとしてしまう。それに"No day but today"と繰り返されるところで、今の自分にもいい聞かせられてる気がして、1日を大切すごしていかなくちゃと思う。
数日たった今でも名曲Seasons of Loveが頭の中からはなれない。CD買ってくるんだった!




d0036951_0403484.jpg本当はシアターコクーンでやっている野田秀樹:作、蜷川幸雄:演出『白夜のワルキューレ』の当日券抽選に午前中並んでた。100枚弱の席+立ち見券だったのにおそらく400人くらいいたのかな~結果は私ははずれ。ジャニーズ効果ってすごいんだなあと実感。松潤じゃなくても観たかったんですけど、残念。
渋谷まで来たし、「ダヴィンチ・コード」は満員だろうし、と思ったらすぐそこでやってたのが「RENT」。午後は混んでた。ラッキーでした。最近ミュージカルの映画化が続いてる中で先日の「Producers」に続いてみるのは自分でも珍しい?珍しいといえば、満席の映画館。小さいと言うせいもあるけど、みっちり客が入ってるのを久しぶりに見たな(笑)
[PR]
by imusam928 | 2006-05-23 23:45 | 映画