のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場@PARCO劇場

d0036951_2395611.jpgぱぱぱ・ぱぱぱ・パルコ劇場に月曜日からとばして観に行って来た!というか月曜から興奮してしまった~!!!(パパパ・パパパもネタばれ?)
三谷幸喜の作・演出による新作歌舞伎、『決闘!高田馬場』は、期待してた以上に熱い舞台だった。三谷が歌舞伎!?いったいどんなものなのか、想像するのも難しかったけど。
しかしまだ2日に初日を迎えたばかりなのに、最後は盛り上がってスタンディングオベーション!詳しいことは・・・ネタばれになるか。注意。





歌舞伎風のお芝居?そんなに三谷氏は歌舞伎に詳しそうにも思えなかったので、そんな感じをイメージしていたけど、まさに三谷幸喜の作・演出の芝居だったし、歌舞伎だった。
オープニングには幕もないし舞台にも何もないけど、ステージ奥から楽器の音がする。それは竹本さんたちで、ぴ~ひょろ聞える・・・でも始まったらまったく義太夫とは違うミュージック。それだけでワクワクした。
花道もあるわけじゃあないけど、期待通り客席通路を役者が駆け抜ける!顔は隈取されている歌舞伎役者だ。まさに歌舞伎の素材を三谷氏が料理したという感じのオープニング。

もともと歌舞伎にも上方和事のように、コメディたっちでわかりやすい芝居もあるので、そんなイメージだろうか。歌舞伎なんて難しい・・・という不安は全くない。(友人談)
しかし、しっかり歌舞伎らしさも楽しませてくれる。当然女優はいないので女形がいるし、義太夫の語りで場を進めたり、ちゃんと屋号の威勢良い掛け声がかかる。(これは仕込み?客?はわからない)そして、客席を喜ばせるのは早替りだ。はじめ、あれっ?どこで変わったのと思った程度だったけど、そのうち誰が何役やっているかがわかってくると、変わった、また変わった、え!?いつの間に!?どうして!!という驚きと感動だ。三谷さん、面白がってるとしか思えない(笑)
そんな風にして、不安なんて吹き飛ばしてぐいぐい芝居へ引き込まれていくのである。
三谷演出特有の登場人物の丁寧な役作りと、歌舞伎の喜怒哀楽表現のいい意味でのくどさがマッチして、物語も一気に盛り上がる。

d0036951_0331852.jpg物語は主役の安兵衛が決闘場(高田馬場)に決死の想いで走って駆けつけるというものなので、舞台狭しというのはこのことか?という豪快な「走りっぷり」が見せ場だ。
歌舞伎自体も荒事などといわれるように豪快で力強いものもある。だがこの劇場のサイズだと舞台の役者もすごく近くに見えるので、そこが歌舞伎座や演舞場で観る芝居とは違う迫力にも通じるのだと気が付く。汗だくのところまで見えてしまうのだから熱気いっぱいだ。小劇場などだと目の前に役者がいたりするのだが、熱気が”オーラ”に見えることがある。全身から湯気がでているんだろうけど、それが舞台の上で一瞬見えると、まさに”オーラ”なんだよね・・・。それを久しぶりに見た・・・!
隈取の顔で見得を切るところは本家の歌舞伎でも盛り上がるけど、役者が揃って見得を切ればもうパルコ劇場が戸時代の芝居小屋になったかのような大拍手!みんな自然に大笑いする!感嘆の声もでる!なんだろ。舞台の上と観客が一緒に興奮していく感じ。こんなの久しぶりに味わったなあ。おひねりとばしたい感じ。
染五郎は実は劇団新感線に出演したときにも見直したのだけど、今回もやってくれた。それに勘太郎くんはしっかり食いついてきてるのが嬉しい。お父さん(勘三郎)もこれを見れば悔しがるよ、きっと。二枚目も三枚目も極めてほしい。でも自分としては今まで見たことのない亀治郎さんがツボだった~!!初めの頃の淡々とした出番から、中盤、クライマックスへと彼の演じる三役が入れ替わりで舞台の温度を上げていったと思う。新たな一面を知って、次に舞台で亀治郎さんをみつけるのが楽しみになった。しかし、登場人物キャラとしてはお梅さんにかなうものはない。濃いキャラばかりだけど断トツ。最後も美味しいところどりだし、こういうのは三谷マジック?

長いアンコールの後。1度しか歌舞伎をみたことないという友人も、「すごいね~!びっくりした~」と感激のようす。帰宅後に母上には平日の当日券を並んででも観に行けとすすめたそうである。絶対にアドリブとか笑いのネタが後半になると変わってくるだろうし、もう一度みたいなあ。
WOWWOWで3/25に中継するそうだけど・・・絶対ナマ観ないと、あのパワーは。
そして、本家の歌舞伎もまた観に行かなくてはな、と言う気持ちも湧き上がってきた。こんなにすごい彼らの本当の姿をまた見直したいのである。お客さんも歌舞伎座に行きたいという人が増えるかも。(ぜひイヤホンガイドを借りて)

さいごに。Fさん、Special Thanks!!!
[PR]
by imusam928 | 2006-03-08 23:48 | 観劇