のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

クリスマスにバレエ鑑賞

踊る友人のバレエの発表会を観に行ってきた。
発表会というと、私の場合は子供の頃のエレクトーンの発表会がやはり毎年あって、がちがちに緊張していた記憶がよみがえる。そんな記憶のためか、チビッコたちから大人まで・・・と想像していたら本格的な大人の発表会であった。
d0036951_0529.jpgドキドキしながら友人Pさんの出番がやってきた。
男性ダンサーはげストだそうだが、王子(とよぶ)が2人の女性を手に登場。パ・ド・ドゥは2人だからパ・ド・トロワというのを改めて知る低レベルの自分である。
ふんわりとした長めのドレスはオパール色に輝いてとても綺麗。音楽が始まる。ドキドキする!
わぁ~!ともうぉぉ~ともつかない感嘆の声を上げてしまう。ステキだ~きれいだ~!
ふだんから踊るPさんの想像はしていたけど、ステージの上でくるくる回って跳んで、王子にリフトされている姿を見られてとても感激だった。
最初は3人で踊り、次に一人づつのソロのパートを踊る。ひとりでステージにいるってどんな気分だろう。そして3人また一緒に踊り、最後はPさんはリフト!かっこいい!
その後、次々と演目が進む。全幕は知らないけど「海賊」「ジゼル」「ドンキホーテ」「白鳥の湖」・・・と有名な作品のシーンが切り取られているので色々楽しめたのも贅沢だった。
ステージのバレリーナたちはトウで立ち、足をピンと伸ばし、クルクル回ったり・・・。比べるのは失礼なのだが、自分ではヨガのポーズですら決まらない。つま先立ちして片方の足を上げる、というバランスのポーズもできない腹筋の無さが情けない。
d0036951_054688.jpgちょっとでも身体を動かす人ならバレエの美しいポーズが簡単なものではないことが分かると思う。もちろん経験の違いはあるけれど、綺麗な衣装を着て、メイクをして、トウシューズをはいて・・・立派なバレリーナに感激!!バレエスタジオとスポーツクラブ内のバレエ教室のメンバーというけど、やりたいことをやり遂げてる笑顔、すごくパワーがもらえた。いいクリスマスでした。フィナーレでは全員が舞台に出て華やかさでいっぱい。

d0036951_075485.jpgd0036951_08873.jpgその後ロビーに出てきて観客はチュチュを来たバレリーナにもまれ、舞台裏の気分も楽しんだ。(イメージ)
もみくちゃの中さがしてやっとお会いできたが、Pさんったら残念なことに衣装は脱ぎ捨ててしまってた。でもまた今度も踊る姿をぜひ魅せてください。
[PR]
by imusam928 | 2005-12-25 23:33 | 観劇