のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

行ってきます(一応完走なり)

d0036951_149778.jpg

四番です。





4区の様子:路上で応援していたときは、2区のランナーがいる状態で4区スタートしていたので(笑)、タイムの違いなどは全く気にしなかったものの、そのうちランナーがまばらになっていることに気がつく。3区の2さんから路上で着ぐるみを受け取っていよいよ自分も中継地点へ行く。
すでに、出走を待つランナーは数名!?係のテントも解体を始めているではないか。
そんななか、ゴールへ向かう4区ランナーに混じって中継地点に入ってくる3区ランナーをじっと待つ。・・・こともできず、コースから入る入り口と中継地点を行ったりきたりしていた。係のおじさんには「この公園の大自然を満喫してはしったらいいさ~」と変な激励をもらう。
2さん発見!思わず駆け寄って応援。いかん、と思って中継地点へ戻る。
タスキを受け取って、コースへの出口へ。すでに走り終えたみんなの応援。行ってくるよ~!
といってももうランナーが少なくて、コース出口もちょっと間違える(笑)。
前方にも2名くらい見えたけど静かな西日差すコース。紅葉のイチョウがとてもキレイ。ぎんなんが落ちているのも目に付いて、おじさんの言うように大自然のコースとしては満喫。
しかし、まったく調子が悪い。

4日前に夜皇居で走ったときには呼吸と姿勢に気をつけてすごく快適に走れたのに、まったくダメ。最初の1kmですでに辛かった。応援しすぎてエネルギー使い果たしているのか、走る前の精神統一ができずにいるのか、前夜にスポーツジムに行ったから・・・。と反省しきり。
残り少なかった4区、5人に抜かれてしまう。でも、乱れた呼吸とフォームはなかなか直せないまま、静かなコースを走る。
d0036951_1410222.jpgこれを着ていた自分、抜かれるときに伴走付のランナーには「ヮン!」とか言われ(たと思う)、女の人には「遠くから見てて、犬しょってるのかなあ~って思ってました」と言われた。本当はコース最初で脱ぐはずの格好のまま、完走。やはり暑い。
「だいたい仮装して走れる人たちは、もともとかなり走る人だよね~」(byサンデーランナーおじさん)というのが身にしみる。
しかし、着ている自分はわからないけど、けっこう目立つんですね。隊長、もってって大正解。

最後、あと1kmというあたりからはゾロゾロと列を成して駅に帰るランナーたちの横を走る。
みんなもう終わって他人事なのか、たまに優しいおじさんが「がんばれ!」「あと少しだ~!!」って言ってくれるけど、みんな冷たいなあ、って思いながら必死だった。
途中で中間達が応援してくれて、「タスキの重み」を感じながらゴールを目指す。目の前にいた青タスキの女の子も抜きたかった!けどダメでした・・・。
不覚なままFinish!(涙)
自分の手元の時計ではちょうど30分。5.3kmのタイムとしては苦しかった割にはがんばってたのかな・・・。みんなが来てくれてホッとする。ホントお疲れ様!
公式タイムは2:23:49。
ビリ、ではなかったみたい??
[PR]
by imusam928 | 2005-11-12 14:09 | スポーツ