のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

24時間グリーンチャリティリレーマラソン@夢の島競技場

d0036951_7142461.jpg

ランニングをするようになって、フルマラソンの上に100キロ以上を走る競技があったり、24時間の大会があることは知っていた。42.195キロじゃあ物足りなくなるんだなあ、と不思議に思っていたものだ。

今回、EKIDENに誘ってくれた人にまた声をかけられて、初体験。
土曜日13時にスタートして、24時間を競技場の中と外で約1.2キロをグルグルぐるぐると周回して競う。
と言っても私は24時間戦ったわけではなく、「応援に来てね」という軽い声に呼ばれて、土曜の夜にでかけていった。それも現地へ行って自覚が甘かったことに反省する。応援=助っ人でもあり、24時間戦うメンバーを夜中に少しやすませてあげられれば、という応援の人達と一緒に行ってしまったため、しっかりリレーシフトに組み込まれた。逃げラレナイ・・・。

たった1.2キロ、周りの精鋭たちは、4分ちょっとで走る。
ジムの若いコーチも同行していて、彼らのスピード感に興奮した。
今までもハヤイ知り合いを応援したことはあったけど、中継地点で彼らの走りっぷりは手の届くところだったので、臨場感どころか疾走する”風”が起きるのね。

私は、1キロだろうが、5キロだろうが急にはやくなるものではない。
以前、42.195キロを2キロずつリレーする大会に出たときに、2000mを走るスピードは私の2キロを走る速さを絶する「リレー大会」だったのを、行ってみてから思い出した。そう、毎回がダッシュ!でした、私には。
だからといって、緊張感は歩けど悲惨な雰囲気は全然なくて、振り返れば楽しかった。
ちょうど夜中の11時近くから深夜2時ぐらいまで、普段では考えられない時間帯に、いい大人たちが大はしゃぎして走っている。健康的な夜遊び・・・??眠くてハイテンションになっていたのか。

正直、電車で帰ると考えていたので、朝帰りした日曜はくたくただった。
お昼ごろ、やっとゴールを迎えているだろうという時間が迫ると、24時間って長い。
ちょうどBSでRENTをやっていて、Seasons of Loveを聞きながら、24時間だったら1440分、86400秒。その間ずっと走っている。

結果としては、なんと目標の250kmを超えて333km!
『がんばれ東北!』ということで東日本の地図を使って、記録をうめていったボードは、目標の福島県を突き抜けて、宮城県まで到達した。コレを聞くと、人間の足だけを使って、24時間あれば被災地へも何か届けることができるんだ、という事実を実感した。人間ってすごい。

すごいといえば、競技の種類として、4時間とか12時間という時間の違いもあれば、チームではなくて一人でチャレンジすることもできる。そう、ひとりで24時間を走り続ける。私がいた夜の時間帯ではちょうど12時間ほどが過ぎたころで、1人チャレンジャーのランナーは本当に黙々と、自分で決めたペースを淡々と守り、脚を進めていた。私のスピードでも追い抜けるほどの人もいて、その背中にはなんともいえないオーラを発してたっけ。1人でも24時間でなんと200キロ以上。本当に人間ってすごい。
(あとから、知っている方が2名、この部に出場されて上位にランクインしていて、驚いた。)

今年わたしは大阪マラソンに外れたのでフルマラソン挑戦はしないけど、今までとは違った気分で、少しずつ走ることは続けようかなと思う。これからは暑くて外ランはくじけそうだけど、そこはまあ今までどおりのマイペースでってことで。
[PR]
by imusam928 | 2011-06-15 07:19 | スポーツ