のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

国宝「燕子花図屏風」2011@根津美術館&南青山散歩

行ったのは4月の中旬、震災から1ヶ月。
天気予報は外れてよく晴れた日曜日の美術班活動デーでした。
久しぶりにのんびりお出かけしました、の一日。

待ち合わせて南青山でランチ。
そのあと青山霊園を通り抜け、残りわずかの桜吹雪に名残を惜しみ、山あり谷ありの地形を味わい、地元住民と近代高層集合住宅との戦いを目の当たりにし、古きと新しきのせめぎあいをあちこちで感じながら、ブラタモリ状態でゆるゆるとあるく。初めて歩く街は面白い。
d0036951_23185782.jpg
d0036951_23273798.jpg
d0036951_2328491.jpg

そうしたら予想よりも、歩く時間は短く感じてあっという間に目的地の根津美術館へ到着。2009年にリニューアルして、とてもいいと聞いていたのに、やっと来ました
外観は撮影していないけど、突然モダンな黒い建物が交差点に登場、なんか美術館ぽくないかも。
d0036951_23284279.jpg

d0036951_044929.jpg

エントランスへ抜ける回廊も素敵。竹の壁と生垣の竹、玉砂利。猛烈に和が匂う。
竹の縦ストライプのインパクト、ここはまさに隈研吾氏の匂いです。
d0036951_054389.jpg

館内はシンプル、庭側は前面ガラスで自然光がたっぷり入る設計、とても好きです。
d0036951_0111671.jpg

メインの尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」、初めて鑑賞でした。
突然の震災で、予定された企画展は来春に延期になって残念だけれど、そのせいか来場数も少なくて静かで、私としてはじっくりと作品鑑賞ができてとてもよかった。
近くで筆の繊細さや発色の美しさをじっくり見たり、部屋の奥にたって2つの屏風全体のリズミカルなレイアウトを楽しんだり、ソファに座って静かに対面したりと、好きなように好きなだけ、見ていられるわけです。贅沢でした。
国宝のとなりにあった、秋草図屏風も私の好きな画風の作品。
贅沢に金地に着彩しているけれど、秋の植物はなんとなくかたちや色が控えめだし、素朴で落ち着いた雰囲気になる。萩や鶏頭など日本独特な形が好きなので、それらが描かれているからかも・・・。

絵画以外にも仏像彫刻や宝飾品など館贓品の展示もありました。
どれも静かな空間でマイペースですごせたのは嬉しい。
”紀元前○世紀”という果てしない遠い時代の青銅器が完全形で目の前にあることに地球の歴史を考えさせられたり、江戸時代たったの200年ほど前の日本職人の手仕事による木彫りや漆器の精密で繊細さに圧倒されたりと、興味深い内容。こういうものを見るといつも、日本やアジアの業が少しでも自分のDNAに入っていてほしいと願う。

さて、同じ鑑賞でもここの庭も楽しみにしていたもの。この日はお天気で本当によかった。
美術館の庭園というよりは、・・・小さな森!でした。
平面の庭をイメージしてきていたので、建物から庭へ続く道はどんどん深く谷へ下りていく感じで、あっという間に深い森の中へ・・・。
ハイヒールは止めたほうがいいと言いたくなるほどアップダウンがあります、驚きます。
小鳥のさえずりに囲まれてしまうと、振り返っても美術館の建物も見えない。
途中に古い東屋や御茶屋風の建物、流れる小さな池泉には小さな橋。
雨が降らないと水が流れないので池が綺麗でないと係りの方は話してくださったけれど、風が消える瞬間は水面が鏡のように森を写して、都会の一角にいるとは思えません。実際、地図で見てみるとすべての道を歩いてはいなかったみたい。なんて広い!
d0036951_013833.jpg
d0036951_0132688.jpg
d0036951_0135279.jpg

樹齢の古い大きな機があると迫力を感じるとともに、なんだか安心する私。
この大きな銀杏の木は、これからの新緑とあわせて秋の銀杏が拾えることも楽しみのひとつにチェック!(いっぱい昨年の残りが落ちていたので)
あと1週間早く来ていたら、ちょうど桜も見ごろだったはず。お弁当広げたら叱られるかな(笑)。
展示1に吉野龍田図という、満開の桜と茜色の紅葉の対になった屏風が展示されていたけれど、この庭園もちょうどその相対する景色を堪能できる場所なんだと思う。
d0036951_0203150.jpg

d0036951_021723.jpgちょうどやわらかな新芽のイロハモミジがまぶしかった。あまり見たことが無いけれどモミジの”花”を発見。たくさんのモミジは水辺も近いし秋の紅葉が期待できる。穴場?

また、池にはカキツバタがあるとのこと。
係りの方によると今年は少し遅くて、5月の連休明けごろに花が咲くのではと。え、それって・・・?
絵画の花と同じものが、庭で本当に咲いている様子も鑑賞できる!なんて・・・素敵。タイミングあったら、すごい企画展ですよね、と盛り上がる。花のタイミングは気まぐれだけど、5月の新緑の森林浴に来るのもいいかもしれない。
★5/2現在でカキツバタ五分咲だそうです!!行ける人ラッキー!(要確認)
 →根津美術館/庭園

d0036951_031967.jpgこの企画の話をしたのは今年の年明けだったっけ。
ああ、今年も猛スピードで月日が流れてるのを実感するなあ。(このブログも書きかけてあっという間に数週間・・・)
でも次のターゲットはもう決まった。というか、今回の活動予定だった一部が時間切れでスルーになったので、日を改めて再活動ということに。
ヒントはコレ・・・!?
[PR]
by imusam928 | 2011-05-02 19:13 | アート・芸術