のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

愛と幻想のシルフィード@芸術劇場

d0036951_23533022.jpgマシューボーンの愛と幻想のシルフィードを観て来た。大ヒットした「スワンレイク」で脚光を浴びる前の作品を甦らせたものらしい。
なので、古典バレエを現代風に演出した点は同じだと考えていた。(バレエ「ラ・シルフィード」)
でも全然ちがった~!最近のなかでいちばんがっかりだった・・・。
d0036951_002019.jpgスワンレイクのスワンのようなイメージでシルフィも斬新だろうとは思っていたけど、まるでゾンビのような衣装やメイクで動きも妖精というよりは妖怪!?(ファンの皆さんゴメンなさい)この写真は白に見えるが実際はもっとグレーがかって暗い色。羽がついているのも安直な感じがしてしまった。まあ、主役がスコットランドのキルトスカートなのはよかったけど。舞台装置や大道具小道具、衣装やメイクも気になる自分としてはものたりない。
そうその主役が大々的に宣伝されていたウィル・ケンプではなかった~!(涙)
実は複数キャストが設定されているのを知らず、ほんの1週間前くらいに知った。ショックだった。案の定違って本当にがっかり。ダンサーの美形度、作品全体の芸術度はスワンレイク比べちゃだめなのかも。
ストーリー自体は「ラ・シルフィード」にそっているけど、最後はシルフィが血まみれで倒れる演出にかなりブルーになった。おそらくただパフォーマンスとして観ていれば笑いを取れたりするシーンもあったし、演出や設定もまとまってよかったのかもしれないが、先にスワンレイクを観てしまったので、ごめんなさい、だった。久しぶりに高額の勉強したなあ。
[PR]
by imusam928 | 2005-06-29 23:18 | 観劇