のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Mikuni's Cafe MARUNOUCHI@東京丸の内

不定期で集まる友人たちとの宴。今回はちょっと雰囲気を変えてレストランにした(いつもは飲み屋が多い)。店選択の幹事役は自分だったので以前行ってよかったのと行きやすいのでMikuni’s Cafeを選んでみた。
アラカルトもあるけど前菜・メインorパスタ・デザートのプリフィクスコースで¥3,800~(*)というリーズナブルなところが好き。それにびっくりするボリュームで満足感いっぱい。 (*メニューによってはコースに+いくら、の表示があるものは、その分追加される。中には2名様からというメニューもあり。)
今回は5人だったので全てシェアするかたちでメニューをセレクト。かなり色々試せて、とてもプリフィクスには感じられない充実振り。ギャルソンさんが世話好き?のせいで、食べることに専念しすぎて撮影逃したもの多数!かつ酔っ払ってきた自分に代わり仲間がかわるがわるデジカメをいじってくれた産物・・・(笑)
d0036951_0452484.jpgd0036951_045491.jpg


d0036951_0461413.jpg
d0036951_0463856.jpg

食前酒:イタリアのスパークリングワイン
アミューズ:鴨のリエット(L)
前菜:エスカルゴ(R)、世界一美味しいイベリコ豚の生ハムとルッコラ
のサラダ×2(写真なし)、”海のフルーツ”(魚介の冷製盛り合わせ):2名分~)と3種のソース
白ワイン:フランスブルゴーニュ
はっきりいって前菜でかなりのボリューム・・・イベリコ豚に感動!あのドングリしか食べていない豚、です。そしてとても2人分とは思えない山盛り”海のフルーツ”にのってた巻貝がうまかった。

d0036951_0411920.jpg
d0036951_0414855.jpg
d0036951_0431220.jpgd0036951_043299.jpg

メイン:「イワシのグリエ、ジンジャー風味、鶏レバーとリゾット添え、トマトマスタードソース」(L)「牛のほほ肉の赤ワイン煮」(R)、「鴨の?風なんとか」(鴨肉をうずら豆とベーコンで煮込んだもの。鰯をさばく手前の小鍋をテーブルでお皿に空けてくれるが写真なし)、骨抜かれた鰯。あとはパスタでカルボラーナ×2(写真なし)
赤ワイン:オーストラリア産
鰯は6月のメニューだそうだが、で、でかい!30cmくらいあるんじゃないか・・・。おしゃべりに夢中な我々のために骨をとって下さった(笑)サイドで濃厚なレバーがいい。
牛肉は箸で食べられるくらいのホロホロ感だけど、お酒に弱い人はどうか?ってくらい赤ワインが濃厚で美味しかった。赤ワインが合うあう!
鴨の何とかいう煮込みは、マメが好きな自分には豆が鴨とベーコンの味を吸ってて美味しく炊けてました。ハーブも効いてた。鴨より豆。
これだけシェアできると盛りだくさんで大騒ぎ。大勢だとパスタ+メインのような感覚でセレクトできるのでお徳な感じがする。

d0036951_038850.jpgd0036951_0383343.jpg

d0036951_039212.jpg
デザート:無花果の赤ワイン煮、チョコレートのムース、チョコビスキュイ(フォンダンショコラ?)、と2名様~のクレープシュゼット。

d0036951_0373183.jpg

最後のクライマックス!のようにクレープシュゼットはテーブル前で作ってくれる。
グラニュー糖をカラメルに煮つめてバターを入れ、フレッシュオレンジジュースを加えさらに煮詰めてブランデーでフランベ。変わり行く香りにみんなでまつことしばし・・・。その芳しいシロップにクレープを浸してオレンジピールを飾る。そしてバニラアイス!!美味しくないわけない!大人の味。

このメンツで5年くらい前には計算するとひとり1本!?てくらいワインも飲んでいたけど今回は2本。食べ過ぎて飲めない!?しかしほとんど3500円と4800円という良心的な値段なのだ。お奨めされるまま、銘柄覚えてませんが・・・。白も赤もGood!次が楽しみ。
最後のお茶は別料金。でも今回は満腹すぎてギブアップでお開き。スタッフも気さくで気が利いてる。こんなステキな店でたらふく食べて大満足の酔っ払いたちだった。食べ過ぎた~運動しなくちゃ~!
[PR]
by imusam928 | 2005-06-29 01:14 | 食道楽