のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

雨と津波と東京マラソン

先週はずっと春のような汗ばむ気候だったのに、この日に限ってなんで?というように、朝から冷たい雨。
4回目になる東京マラソン、スタートを待つ都庁周辺は日陰でさらに寒いだろうなあと、自分が走らなくても恨めしい天気だった。スタートの紙ふぶきが画像では雪に見えてしまう。
d0036951_1550365.jpg確かにマラソンは暑いよりは寒いほうがいいけれど、初マラソンという人も多いだろう人気かつ出走数の多い大会だけに、今までにない過酷なレースだと思う。スタート時で都心は10度以下、ゴールは海のそばだけに6度?雨さえなければ・・・。
私もハーフマラソンでスタート前からゴールまでずっと雨だったこともあるけれど、今日みたいに気温が低いのとフルという距離での悪天候は経験がないので想像を絶する。その中で完走した皆さん、お疲れ様、ナイスラン!そして沿道の応援、ボランティアの皆さん、ご苦労様。
午前中の中継で見るエリートランナーは、トップ集団7~8人が40km地点まで固まって、やっとスパートをかけたのが最初で最後というくらい息をつけない攻防戦だった。それでも第4回にして日本人初優勝。2位3位も日本人だったのがとても嬉しい。男子マラソンもロンドンへ向けての準備が進んでいる感じがした。
その反面で女子は苦戦。14時過ぎに雨が上がって太陽を見せたのが嫌味に感じるくらい、冷たい都心を走るのはトップアスリートでも厳しいということがよくわかった。
体調や得手不得手などもふくめ、トップコンディションをあわせるのは本当に難しい。

今回初めて最初からずっとテレビ観戦をしていたけれど、恒例のタレントやアナウンサー走者もそれぞれがんばって練習してるんだなあと痛く感じる。悪天候の中で記録を更新するだけでもすばらしい。そういう仕事だから仕方ないけれど、走行中も中継でマイクを向けられてコメントしたり、あるときは立ち止まって1分近くインタビューを受けている人もいて、気の毒。そしてゴールしてもすぐさま放送席へ連行され、水を飲むのも汗と雨を拭くのもそこそこに矢継ぎ早に質問されること。自分だったらどんなにキツイかと想像してしまう私(笑)。
d0036951_15505836.jpgそれにしても今日はスタート直後に発令された津波警報が1日中消えなかったのが異様な雰囲気だった。南米チリで起きた大地震の影響で1日かけて津波が日本へのやってくるというのだ。
まずはテレビで初めてアラームのようなブザー音で、画像が切り替わったのに驚いた。
どのチャンネルをみても、警報を知らせる画像がはめ込まれた。
日本の太平洋沿岸に午後には最大3mの津波が来るという。3mといったら2階部分まで来るじゃないか!?関東も1~2mとある。東京湾は内部湾なので、東京マラソンゴールのお台場有明も影響は小さいと判断して競技は続行するという報道もでた。もっと大きかったら中止になっていたかもしれないと考えると、けっこう大パニックになると想像する。
その後も、ずっとテレビ画面の半分~4分の1サイズに警報を示す日本列島と、縦横のテロップが出続けた。
どのチャンネルを見ても同様だった。
バラエティーでもドラマでも、日本地図が重なったままだ。
NHKはずっと津波ニュースを続けている。
d0036951_15545440.jpg午後には具体的な到着時刻が流れる。各地沿岸地域では避難警報が出ている。
関東でも三浦半島で何世帯がどこどこへ避難というニュースが流れる。

東京マラソンは市民ランナーが続々とゴールを迎えている。

太平洋沿岸への津波到着時刻が近づく。
そのうち第1波の報道が流れた。50cm程度、だがまだ第2第3が危険らしい。
関東エリアも海岸部には近づくなと警告。
d0036951_15535033.jpg14時をまわるとようやく雨も上がり、太陽が姿を見せた。ある程度練習をしてきたランナーはゴールしているのが皮肉な感じ。しかし体力を消耗している前進真っ最中のランナーには恵みの太陽になっているとよいと祈る気持ちだ。関門で止められる人数も例年よりも多いらしい。そりゃそうだろう。

ニュースでチリ地震の映像が流れる。
苦しみゆがむ表情で制限時間内にゴールを目指すマラソンランナーたち。
沿岸部の鉄道は運行中止を知らせるテロップ。
バンクーバーでの新たなメダル。
石原都知事も心配していたけどマラソン事故が起きずに終わってよかった。
チリの様子も気になるけれど、日本の津波による被害がないといいのだけど。
自然、そして人間の力を思い知る出来事が一度に押し寄せた。報道センターはあわただしかったことだろう。鼻をかみすぎてボーっとする頭にはめまぐるしい1日だった。
[PR]
by imusam928 | 2010-02-28 16:43 | スポーツ