のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010年・谷中七福神巡り

d0036951_142942.jpg今年のお正月三が日の最後は、七福神めぐりへ。
七福神フリーク?が集まり、行き先を検討した結果、今年は谷中七福神に決定。
お天気もよく、お散歩するのにはいい日でした。

11時過ぎにJR田端駅北口を出発。
駅で地図を配っていたのでもらってGO!

(←これ。一つ300円の朱印を集めなくても、各箇所にはスタンプが置いてあって、それを集めるだけでも十分に七福神巡りの気分は満喫!
はダブルで集めましたけど。→朱印色紙完成版は最後に掲載)
なお谷中七福神巡りは今年は1日~10日まででした。



不安げに歩くと、それらしきグループがいくつも目の前を歩いているので、悩むことなく着いていく。

d0036951_21574583.jpg10分ほどで、最初は福禄寿(東覚寺:御利益は”人望”)
改装直後なのか、建物や壁などの木目も新しく明るい雰囲気。お庭に阿弥陀様や空海像などたくさんの仏像がならび、中には金色に輝き放つものもあり、明るく賑やかな感じ。肝心な福禄寿様のお姿確認し忘れました。御利益ないかも・・・。
スタート地点なので私はここで色紙を購入(朱印付¥500)。でも、谷中の七福神はB4くらいの和紙にイラスト入りのものが主流のようで、皆さん丸めて持っていました。
d0036951_2205985.jpg赤紙仁王像は自分の身体の気になる部分と同じ箇所に赤札を張ると治るということらしく、お姿はわからないくらい真っ赤。ポンキッキのムック?!

d0036951_2243747.jpgお正月の静かな住宅地を進み、20分ほどで恵比寿様(青雲寺:御利益は”正直”)
墓地もある小さなお寺でした。
本堂脇には、滝沢馬琴が大量につかった筆をまつっているという筆塚もあり、歴史ある場所という雰囲気。

d0036951_2265664.jpg控えめに少しだけ開かれた扉のあいだから、色鮮やかな小さい恵比寿さんのお姿は見ることができたけど、正面からカメラを向けるのをはばかってしまったので無し。
そういうためにか、外に絵がたてられてるのでこれで記録せよということかな。

d0036951_2295755.jpg3つ目はほんのすぐすぐ先にある布袋様(修性院:御利益は”大量”)
事前情報でもユニークなお姿だと話題になっていた布袋さん。
門に向かうまでの境内を囲む外壁も、うっすらピンク色で手書きのタイルに布袋さんの絵(というか漫画)がいくつも飾られて、なんだか幼稚園みたいでお寺らしくない。

d0036951_2291059.jpgやはり墓地もあるお寺の入り口には、大きな枝垂桜があって、春先は目にも美しいでしょう。
さて、その布袋様は・・・。

d0036951_22171240.jpg靴を脱いで中に入ると、想像していた以上にお姿は大きくて、インパクト大!眼光みなぎる表情は迫力あるけど、どっぷりと座る様子はほのぼのとしているかも。
堂内にはちびっ子が描いた似顔絵などが貼られたりして人気の様子が伺える。ちょっと異色?

また歩く。だが、御参りした人の流れが一定じゃない。
どうも七福神めぐりをJRを使って移動されている方も多いとみた。まあ、ご年配の方たちは仕方ないかと思いますが、谷中散歩という楽しみという点ではやっぱり歩きたいものだ。もちろん我々は歩く。寄り道しつつ、も楽しいもの。
細く曲がりくねった道は古い昭和の気配。テレビドラマで見るような長屋風の古いアパートが立ち並ぶ様子とか、団地育ちの私には新鮮。ちょっとスケッチしたくなる。
谷中周辺は古い墓地・霊園がたくさんあって一時、著名人のお墓参りブームになったとか。文豪ゆかりの地も多く、文学に詳しい人は気になるポイントがたくさんあるのでしょう。私たちは谷中周辺を歩くのが初めてなので、まずは地図どおりにゴールを目指して歩く、あるく。
d0036951_22231320.jpg寄り道ポイント1:
JRに沿って細い道をテクテクと進む。3階建ての屋上にラクダの影を発見・・・。ギョッとして何だろねと話しながら通り過ぎた。
d0036951_2227398.jpg気になって、振り返って見上げたら、隣にガンダムもどきの機動戦士も並んでいた。
ここは何のお店??次に来るときに判明するか!?
d0036951_2235564.jpg寄り道ポイント2:
地図どおり歩いて、七福神はまだ7つのうち3つなのに脱線。
「谷中ぎんざ」に足止め!(笑)
竹かごやさんや飴や、お惣菜やなど、いい感じのお店が短い商店街に並ぶ。
かりんとう~!好き~!!(みんなが買ったかも)
七福神手ぬぐい売ってる!
1個30円のコロッケ?!安い!
と、ぶらりぶらりとひやかしながら、ちょっと小腹も空いてきたのよね~と・・・。
d0036951_22362825.jpg買い食いその1:おいもやさん興伸の”大学いも”(3個100g¥189)
なぜかこの谷中ぎんざを歩いていたら、無性に大学芋がたべたくなってた私。
そうしたらこのお店を発見!吸い込まれるように即買い。すぐ食べるといったら爪楊枝つけてくれた。蜜いっぱいかけてくれて、お芋はカリッとして中はしっとり♪満足。みんなもアップルポテトだなんだと小さな店構えに集っていたら、いい客寄せになってちょっと行列になってました。
サイトをみたらけっこう支店もあるのね。大学芋、また食べたい・・・。
d0036951_22443542.jpg買い食いその2:ZAKURO Cafeのドライイチジクのナン(¥100)
ナンといってもスティック状でカリカリの焼き具合、歩きながら食べるのにちょうどいい。ぜんぜん甘くないけど、イチジクの歯ごたえがおいしい。ココナッツが本当は食べたかった。
日暮里界隈では有名らしいトルコ・ペルシャ料理のZAKUROの姉妹店らしい。店頭で食材やらグッズをSaleしていたのに引き寄せられたんだけど(ドライフルーツが100円/一袋とか、ベリーダンス用のキラキラシャラシャラ飾りのついたベルトスカーフが600円とか)、ここはいつかゆっくり食事&ベリーダンスを見に行きたい。
40分ほどコースアウトしたあと、コースイン。
d0036951_22494044.jpg元祖七福神蕎麦の松寿庵をとおりすぎ、10分ほどで4つ目の寿老人(長安寺:御利益は”長寿”)に着く。
墓地を見守るよう脇に小さなお寺。
お昼をすぎて、さすがに人出も増えてきた様子で、脱いだ靴は下駄箱に入らずあふれてた。上野からの逆ルートとの交差するせいもあるかも。
お参りするのも朱印をもらうのも行列になる。
d0036951_22522540.jpg寿老人様は薄暗いところから、変な行列をみまもってくださってるかな。

名前だけは聞いたことがある谷中霊園は一見公園のようにオープンだけど、墓石や古木などから歴史の重さを感じさせる。ソメイヨシノが咲くころは花見でにぎわうというのもわかる。
谷中の下町の雰囲気を残した町並み、時代の流れを感じるところ。古いものは残せるものは残したい。ちょっと道をそれたらまだまだ寄り道したいようなお店も見つけることができるかもというワクワク感がある。実はかの名店、とかあったり。谷中周辺は温かくなってまたゆっくり散歩したい。
d0036951_22585490.jpg霊園を通りぬけて、次は毘沙門天(天王寺:御利益は”威光”)
下町の様子から天を仰げば駅前の高層マンションを背景に見えるのは少し違和感だが、このお寺も広くて近代的だった。門を入るといきなり大きな大仏様がお出迎え。これはツアコンYさんも前情報になかったと驚く。
境内は手入れも行き届いている。落ち葉一つなくてとてもキレイ。
d0036951_2314154.jpgd0036951_2333287.jpg
いくつもある建物のうち一つに毘沙門天さんが奉られている。
ここではお参りの行列も30人くらいとさらに増えてきた。お参りするのに鈴ではなく小さな銅鑼をたたく。部屋に上がらせていただいてお姿を拝む。
私は毘沙門天さんが一番好きかな。これという理由はないけど、りりしいから?
朱印は近代的な建物でホールのような大きな部屋で並ぶことなくお願いする。そうそう、ここではトイレも借りられて助かった。14時前だが、午前とはちがって雲がでてきたためか、気温も下がってだんだん寒さを感じてきたころだったので。七福神巡りのコースとしていいところ。
15分ほど歩いて今度は6つ目の大黒天(護国院:御利益は”富財”) d0036951_23101973.jpg 門がまえからして大きく、本堂の前に車が何台か駐車していた。その奥には舞台もあった。
本堂では私たちの到着した14時から護摩焚きの時間だったようで、大勢の人たちが神妙に座っている。そこへ、我々のような七福神メグラーが次々と出入りして、大黒様を捜してキョロキョロし、人を掻き分けて朱印をお願いする。神妙に祈願している人たちは落ち着かなかったのではないかと気になった。地元の人は毎年のことだから慣れてるかな?
d0036951_23114685.jpg大黒さまは護摩の炎のむこうにお姿をみつけたが、カメラには収まらず。
時節柄”富財”に真剣にお参りする人の姿、な感じもある。

すっかり青空は消え、だいぶ冷えてきたころ。
昼抜きで空腹だもの、体温も上がらない。そういえば、もうコースタイムオーバーしてるのだった。

d0036951_23195398.jpg最後7つめ弁財天(不忍池弁天堂::御利益は”愛敬”) までは歩いて20分、上野高校、上野動物園を通り抜け、不忍池の真ん中がゴール!ですが・・・すごい行列だった。
来やすい場所だし、一番有名だし、仕方ないか。
上野という場所だから人も多いし、七福神巡りじゃなくてここだけのお参りに来る人もいるだろう。
といっても、私は何度か歩いているけれど、ちゃんと御参りするのは初めて。
カラスとカモメ(ウミネコ?)の飛び交う蓮池の真ん中は、すっかり冷えてきたが、並んで最後の朱印をもらって色紙は完成。
d0036951_2323699.jpgすべて手書きによるパワーをたっぷり感じます。
最初変な指示に従ってしまい、お参り前に朱印をもらってしまったけど、改めて行列に参加して、ちゃんと7つお参りも完了。
事前に調べたコースタイムは2~3時間だったのに1時間オーバー(笑)したけど、それなりに楽しんだ寄り道なので有意義なコースタイムでOK!4時間のウォーキングで心も身体も適度にほぐれ、新年のいい動き出しの1日になったと思う。毎年恒例の人も、初めぐりの人も、それぞれ充実したようでよかった。
7つの御利益がみなさんにありますように!!
[PR]
by imusam928 | 2010-01-10 23:43 | 風月:つれづれ