のんびり続ける備忘録。   今年は節約しながら旅するのだ~


by imusam928
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ゴーギャンの後に、若冲とマティスに

竹橋で解散した後、雨上がりの帰り道途中でUターン。晴れたら歩いて東京駅へ、と考えてたのを思い出して実行に移す。
d0036951_1164959.jpgもう皇居ランをずいぶんとしていない。今までも夏は暑いのであまり昼間は走っていなかったので、青々と茂ったケヤキの木陰が蒸し暑いけど気持ちいい。
道路側の街路樹、エンジュの真っ白に咲いた花が散って、このあたり周辺の歩道を汚していたのが印象的。少し甘い香りもするけど、こんなに樹が白く見えるほど満開のころを知らないから、夏はやっぱり来てないんだなと思う。花のあと、豆になる、豆しか見てない。
d0036951_1172299.jpg平河門から東御苑へ。
この橋も横目でみてるねー、走ってるとき。
渡った先のところで元気良く「こんにちはー」と声をかけられてびっくり。受付ではなく警備の人だった。
受付では静かなおじさまに、入場札をもらう。
d0036951_118799.jpgつやつやの道路。
落ち葉ひとつありません!
掃除したてデスカ?キレイすぎて感動した。さすが皇居堀の中。

d0036951_1251126.jpgまず二の丸へ。
このうっそうとした雑木林は都心には貴重な環境。皇居の中って動植物がけっこういると聞くけど、こういうところにいそう。カブトムシなんかはいないでしょうかね。蚊が嫌なので見るだけ。

そういえば立て続けに3箇所蚊にさされた。
蚊に刺されたのは今年初めてだ。
二の丸庭園は池の周りの百日紅(サルスベリ)が満開で綺麗でした。夏の花なのを思い出した。

d0036951_1263462.jpgびっくりしたこと。
これは庭園の小道の途中でちょっとした滝を作って池に水を流している様子。
ここで、夏休みの課題研究に来たのか3人の小学生が突然立ち止まった。
ギョ!!
「滝だよ!水飲めるかな!!」
と一人が手ですくって口へ・・・飲んだ!?
こんなところの水・・・。お母さん見たら絶叫するよ。

「うーん、美味しくないかも。」だって。
当たり前だ!でもたくましいぞ、少年!

d0036951_1281876.jpg本丸への汐見坂より。のぼりがきつくて途中で休んで見渡すんですね。大昔は海も見えたであろう・・・。
今はビルばっかりですね。
d0036951_1351961.jpg大芝生は「大奥跡」なんだとか。
え、ここに大奥が・・・!?
考えると不思議な感じ。数百年前にねえ。
雨上がりの芝生がまぶしいけど、今までお花見シーズンとか人の多いときにしか来ていないので気にしなかったけどけっこう広い。芝生育成中かも?

d0036951_1354191.jpgと思ったら、普通に入るのはOKらしい。こっちは「本丸」。
ここでお花見できたらいいのにね、と会話した記憶。でも樹齢が高い木が多いので、大木で桜の種類もたくさんあって、宴会はできないけどここは花見の穴場です。
d0036951_1383350.jpg本丸を下って、大手門へ続く道。入り口でもらった、入場札を返して出る。

この大手門周辺は観光客が多くて人をよけて走ったもんだなー。

内側から外側のことを想う。
d0036951_292444.jpg外側。この雨あがったあとの蒸し暑い午後、汗だくのランナー達が続々とやってくる。夏ウエア。
東京タワーにカメラを向けている人が多いポイント。

大手門前といえば、パレスホテル。
でも、その存在がすっかり消えていて驚いた!!
出る手前の休憩所にて一息。
暑いせいか、客のほとんどが売店の最中アイスを食べてて不思議な光景だった。
売店は皇室グッズが売られてて、小箱やお箸、ボンボニエール・・・など。
d0036951_2121773.jpg私は絵葉書コーナーに吸い寄せられる・・・と若冲!となりの三の丸尚蔵館所蔵の作品のようですが、伊藤若冲の『動植綵絵』という30種が回転ラックに並んでいた。生き物と植物の組み合わせも変わったものが多くて、どれもほしいけど実物を見ているわけじゃなし、いきなり30枚の大人買いするのも味気ない(1枚50円だけど)、と次の楽しみをとっとくために数枚。夏ということで植物の向日葵・芙蓉・蓮・棕櫚(シュロ)を選んだ。

その尚蔵館では御成婚50年・御即位20年の記念で『両陛下の思い出と絆の品々Ⅰ』という展示。8/23までは第1期:御成婚~ゆかりの品々。第2期は御即位のゆかりの品々。(8/29-10/18)皇室ファンではありませんが、無料というのでせっかくですから入室。一部屋の展示なのですが・・・目の前にアンリ・マティスの『ポリネシア、海』!!↓
d0036951_2244610.jpg

周りは御成婚の食事や衣服などの展示で、一般人とは違う世界ということと、中国や朝鮮半島の文化が間違いなく入っているのを実感するようなものがほとんど。あとは各国からの贈り物で、このマティス作品は実はゴブラン織りのタペストリーとして壁にかかっていたもので、それでも相当大きくて原画どおりの鮮やかな色彩。50年たっているとしてもキレイな色。絵画をこんな風にするのもいいなあとうっとり。しかし当時、50年前にこんなものを作成して贈った国というのは、もちろんフランス。ステキすぎ。真横に係りの人が座っていたし、館内撮影禁止だったので残念ながら見るだけ。でもちょっと嬉しい発見。
そんなわけで、ゴーギャン見た後に若冲とマティスにであって、思わぬ美術班活動にプラスアルファ体験ができた1日だったのである。
のんびりゆっくり竹橋~東京の2時間散歩。暑かった。3箇所、蚊に刺される。

おまけは皇居内遭遇の猫。黒は警戒体制で草むらへ退散。縞ちゃんは呼んだら寄ってきて触らせてくれた。
d0036951_2164032.jpgd0036951_217251.jpg
[PR]
by imusam928 | 2009-08-07 01:02 | 風月:つれづれ